福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 愛すべきは、【商品・サービス < お客様】である

2019年9月3日愛すべきは、【商品・サービス < お客様】である

あなたは、買い物をした中で「これは失敗した!」という経験はありますか。

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.私の失敗談


私自身は、多くあります(汗)。

その中でも大きかったのが、開業する際に購入した会計ソフトのシステム

一般的には大手の会計ソフト会社であったため、その会社の担当者の方ともお話しして、安心して使うことができると考えていたわけですが、

結果として、私にとっては相性の良いと言える会計ソフトではなく、ソフト自体を入れ替えることに。

さらに、このソフトは5年のリース

今思えば大変恥ずかしく痛い話ではあるのですが、この総額がざっと130万円ほど

もちろん今も、分割して払い続けています(汗)

当然、その会計ソフト会社の方は、そのソフトが最善と思って勧めていただいたわけですが、

よくよく考えると私のこれからのビジネスの方向性にとっては、不必要でした

2.お客様にとって本当に必要なもの


今日は、そんな私の教訓から話を続けていきたいと思います。

経営者であるならば、当然のことながら自らの商品やサービスを愛していることでしょう 

そして、その商品やサービスは、結果としてお客様の元へ届けられることになりますね。

では、自分が愛している商品やサービスを必ずしもお客様が愛してくれると言い切れるでしょうか。

この問いについては、私自身の会計ソフトの経験から解が読み取れるかと思います。

 

つまり、お客様にとって、自分の愛している商品やサービスが合っていないということも往々にしてある、ということ。

とするならば、本当に考えないといけないのは、

お客様にとっての価値がその商品やサービスにあるかどうか

ということになりますね。

 

例えば、触るだけでドアが開く冷蔵庫。

これは、ワンタッチで力を入れることなく冷蔵庫の扉が開いてくれるため、かなり便利なもの。

しかしながら、小さなお子様を持つ我が家のような家庭にとっては、逆に子どもが誤って触ってしまって扉が開き、怪我をする可能性もあるわけです。

そうなると、便利な機能ではあるわけですが、実際に使われることはないはず。

もう一つ例をあげましょう。

車を購入する際、安全性について論じられることは多いですね。

車のディーラーさんも、この安全性を考えると強くて大きいものを勧めることがあるかもしれません。

ただ、この車を買おうとする人が運転の初心者で、大きな車が運転しにくいとなれば、安全だとしても、逆に事故を起こしやすくなる可能性もあるわけです。

そうなれば、あえて価格の安い小さめな車を選んで、万が一事故があった際のエアバックなど、そういった緊急のオプションをつけて販売すると言う選択肢も考えられますね。

ただ、現実問題として、販売する側は自分にとって愛している商品やサービスを販売しがち

もっと誤ったものでいくと、自分の利益ばかりが先行して相手に全く必要のないものを売り付ける行為に発展している

などというケースも少なからずあります。

これらの行動が故意であったとしてもなかったとしてもお客様にとって不利益になっていることは事実

つまり、究極を言えば、

愛すべき対象は自らの商品やサービスではなく、お客様である

と言えるでしょう。

お客様の立場に立って、自分がお客様だったらどう感じるか、という問いを常に立て続け、

お客様を愛し、お客様にとって本当に必要なものを考えて提案して差し上げる。

このことこそが、お客様にとって本当に価値のあるものであり、結果としてそのことがお客様が今後もあなたから商品やサービスを買ってくれる、

ということにつながり、さらにはその信頼関係から、そのお客様がまた他のお客様を紹介してくださる、という嬉しいことも起こり得ます。

お客様こそ愛すべき対象。

お客様にとって本当に必要なものは、価格ではなく価値です。

価格が高かったとしても価値のあるものと感じていただければ購入につながるわけですし、逆にお客様の価値を考えると、

価格の安いものの方が適しているということもあるわけです。

自らが経営者であっても、お客様の立場であっても、こういった視点で見ていくと、

売る商品やサービスを誤らずに済みますし、自らも買う商品やサービスの選択も誤らずに済みます。

 

くれぐれも私の二の舞にならないよう、お気をつけください(汗)

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ