福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > コンサルティング(する方)から得られる学び

2019年10月16日コンサルティング(する方)から得られる学び

【本日の活動】

・午前中は顧問先の決算業務

・昼から夜まではコンサルの準備&コンサル

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 



■ 今日は税理士の顧問のお客様への
  コンサルティングの日。

  この日時だけは、あえて 
  【税務以外の経営に関するお話】
  をさせていただきます。

  現在の状況としては、
  数件税務顧問業務以外のコンサルティング
  をさせていただいて、
  別途料金をいただいているのですが、
  そのうちこれも
  体系化していきたいところ。

  今日も大変ありがたいことに、
  多くのパラダイムシフトを
  起こさせていただくことができたようで、

  コンサルティングをする側としても
  すごく嬉しいことですね。


■ やはり、
  (これは私にも言えることなのですが)
  どうしても自分の業界のいわゆる
  【常識】
  にとらわれてしまいがち。

  これが、第三者からの視点により、
  ある意味【強制的に】
  俯瞰することができ、
  もっと広い視野を持って
  経営を見渡すことにより、
  今の状況が打破できる可能性も。



■ 今日の話の中で出てきたのは、
  
  【LTV(Life Time Value)】
  
  のこと。

  【生涯生産価値】

  と訳されるものですね。

  つまり、一人のお客様が
  一生涯にどのくらい
  自分の商品やサービスを
  買ってくれるかということに
  もっと着目してみましょう、

  というお話をさせていただきました。


  一つの商品やサービスを売って終わり
  というのではなく、

  その後どのように
  購入してくれたお客様に対して
  アプローチしていくかということが
  極めて重要と言えます。

  以前の記事の繰り返しにはなりますが、
  
  新規のお客様を追うということは
  結構大変である一方、
 
  一度お客様になってくださった方
  に対して再販売をしていく

  ということは、
  比較的容易であるものです。


■ かなり実力のある方なので、
  うまく情報発信することにより、
  よりブランド力を高めることができ、
  
  さらに【高単価の勝負】に
  出ることができそうです。

  おそらく、私の予想でいくと、
  今回のコンサルティングの先にある
  経営の改善により、

  【数百から数千万円単位の売上】

  につながるのではないかと思っています。

  実際、お客様自身も
  同じように感じられていた様子。

  こういった前向きなお話というものは、
  お互いすごく楽しいものですね。


■ お話の中でもう一つ話題に上ったのが、
  
  【QOL (Quality Of Life)】
  
  とのこと。

  いわゆる【人生の質】。

  つまり、
  【一見お金が儲かりそうなビジネス形態】
  であっても、
  
  それが収入のみに焦点を当てた
  【本当に自分のやりたいこと】
  ではなく、

  その先に【人間関係が欠損する可能性】
  のあるような仕組みであるとしたならば、

  その収入とその人間関係の欠損という
  可能性を天秤にかけ、
  
  自らの人生の質的な面で考えると、
  それが本当に成功と言えるかどうか
  
  ということを考えることが
  すごく重要であるわけです。

  そしてこのことは、
  多くの場合自分では気がつかないもの。

  そのため【第三者の視点】こそが
  極めて重要なのです。


■ またこれも繰り返しになりますが、
  
  経営者の仕事は
  
  【思索をする】
  
  こと。

  今回のお客様が考えている
  ビジネス形態として、

  知らず知らずに自らが動かざるを
  得ないような形態になっていたもの
  がありました。

  これは、このお客様自身は
  【動いていかない仕組み】
  であるつもりであったそうなのですが、

  私が第三者的な姿勢で聞くと、
  経営者自らが動くことにより
  初めて売上が上がる形態だな…

  と感じたわけです。

  そうなってしまうと、
  必然的に経営者の本来の仕事である
  【思索をする】という時間が
  どんどん奪われてしまうことに。


■ このように、やはり
  自分の視点は自分の視点に過ぎず、
  自分の常識は他人にとっての非常識
  であるということが、
  今回のコンサルティングでいろいろと
  明らかになってきました。

  そのことに気づいていただいた
  瞬間のお客様の表情というのは、
  なんとも嬉しいもの。

  こういう反応をいただくことによって、
  私自身のQOLもかなり高まっていきます。

  さらにより多くのお客様へ
  価値を提供できるべく、

  私自身これからもっと
  精進していきたいものです。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ