福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 「君の名は。」から見て取れる微粒子企業の生き方

2022年8月15日「君の名は。」から見て取れる微粒子企業の生き方

■先日のことですが、

 
 家族で「君の名は。」の
 DVDを観ました。

 <映画『君の名は。』公式サイト>
 http://www.kiminona.com/

 以前は映画館まで一人で足を運び、
 映画自体は観ていたのですが、

 今回は家族でまったりと鑑賞。

 映画や読書は不思議なもので、
 その時の自分のステージによって、

 その見方や捉え方も変わるんですよね。

 今回も、以前は感じ得なかった感情を
 持ったように感じます。


■映画の中で、


 『組紐』というものが出てきます。

 いろいろな縁の中で 
 人は生かされており、
 
 すべてのものはつながっている 
 …というのは私の解釈ではあるのですが、

 そのような印象が強く
 心に残っています。

 先日開催させていただいた
 女性社長限定のTEAM MURATAXでも、

 同じようなことを感じた次第。

 <2022.8.9【TEAM MURATAX女性社長の会】
 を開催しました!>
 https://muratax.com/2022/08/09/5502/

 福岡での開催だったものの、
 思わぬところで、

 全国規模で人と人との縁が
 つながっており、

 初対面だと思いきや、
 実は初対面ではなかった
 ということが複数ありました。

 少人数の中でのこういったことですので、
 本当に世間は狭いな…

 と思うところ。


■逆に言えば、


 人と人とのつながりはどんどん
 派生していくもので、

 ある一つの言動が
 その後広く大きく
 広がっていくということもまた
 予想されます。

 人の良縁がこのように
 広がっていくのは、
 本当に嬉しいことですよね。


■その一方で、


 何かしらの悪態に関しても、
 同じように伝播していくことが
 考えられます。

 「だからと言って」
 悪い行いをしてはならない
 というのはまた論点が違うのですが、

 【すべてのことはつながっている】

 という認識は持っておいた方が
 良さそうです。

 上述した悪態というのは、

 【人を不幸にするような言動】

 を表した次第なのですが、

 その一方で、経営においては、
 自らの立ち位置を
 しっかりと表明しておかなければ
 なりません。

  ■たとえ、    それが特定の相手にとって  都合の悪かったこと   であったとしても、  結果そのことにより、  本来大切にすべき人たちの  幸せが守られるとするならば、  ある程度そういったことも  必要であるわけです。  何もかも、聖人君子のように  振る舞っているようでは、  逆に、上述した幸せでいてほしい人が  不幸せになってしまう  ということも考えられます。 ■剣と盾を持ち、  盾で自らの身はもちろんのこと、  周りの大切にしたい人…  (経営的に言えばお客様が  代表的なものかと思いますが、)  そのような人を守りながら、  剣を盾の補足的なものとして  使っていくということ。  これが大切ではないかと思う次第。  剣は、一般的に  攻撃をするものとして  使われるのですが、  これを防御の補足的なもの  として考えると良いのではないかと  思うんですね。   ■やはり、何事においても、    剣を振りかざして周りを攻撃していく  ということは、  あまり得策ではないという気がします。  そもそも、そんな人には  誰も近づきたくないですよね(汗)。  あくまでも、  盾で身を守りながらの剣であり、  そのことは前提として  私は持っておきたいな  と思っているところです。 ■上述した『君の名は。』に出てくる    組紐のように、  やはり  【すべてのことつながっている】  という大前提に立ち、  自らの立ち振る舞いを  今一度見返すとともに、  感情でその場を斬ってしまう  のではなく、  あくまでもその都度、  自分自身を俯瞰して、  自分や周りの人の幸せなど…といった  【自分にとってのあるべきベース】  に立って、  物事を冷静に判断したいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『君の名は。』に出てくる  組紐のように、  【すべてのことはつながっている】  という認識を持っておいた方が  良いように感じる。 ・悪態をつくのは、  もちろんご法度であるが、  自分や周りの人の幸せを守るため、  信念を貫いていくことは必要  であると言える。 ・そんな中、  『剣と盾を適切に』  持っておきたいもの。  盾は自分や周りの人を守るための  防御策として使い、  一方剣は、その盾の効力を  補足するものとして、  あくまでも防御する補助的なもの  として利用したいもの。 ・すべてのことつながっているがために、  そういった剣と盾も、  その信念を貫き、  使っていくことにより、  周りの人の理解も得られ、  そのことが逆に信頼につながるように  考えられる。 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ