福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 自動車税の納付を現金払いにするかクレジット払いにするかという選択

2018年5月11日自動車税の納付を現金払いにするかクレジット払いにするかという選択

「クレジット払いの方が有利だね!」


早いもので、我が家にセレナが来てから約1年。
中古で買った車であったため、車検がこの時期にあります。
そして、もう一つ大きな出費が自動車税…

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.自動車税の支払い


自動車税は軽自動車であれば市区町村、普通自動車であれば都道府県に対して納付していく税金です。
軽自動車だと7,200円程度なのですが、普通車になるとどうしても高くなってしまうもの。

我が家のセレナさんは、39,500円の自動車税の通知が来ています。

2.自動車税の支払い方法


通常の支払い方法は、お金をおろして金融機関やコンビニなどで払うというのが一般的でしょう。

ただ、クレジットカードの納付も認められるようになっています。
Yahoo!を通じて納付していくのですが、この際にクレジット手数料として324円が取られるようです。

3.どっちで支払う?


数字だけ見ると324円の手数料が取られるため、クレジット払いの方が不利なように思います。

勝負の分かれ目となるのは、クレジットカードのポイントでしょう。

私も使っているカードは1%の還元率なので、自動車税39,500円に対して、395円のポイントが付く。
となると、324円の手数料を上回るポイントが付くためクレジット払いの方が有利となるわけです。

ただ、ナナコクレジットを持っていれば、チャージポイントが200円当たりにつき1ポイントつきますので、
197円のポイントが。
そう考えると、

ナナコクレジットへのチャージをして支払い、というのがベスト
ですね。

クレジットのポイントで判断するのも大切ですが、実際にお金をおろして、どこかで納付するという手間を考えると、
そちらの方がどうしても時間がかかってしまいがち。

経営者たるもの、時間をお金で買うと言う感覚を持っていないと、
自分の高い時給を無駄に使ってしまうことになりかねません。

瞬時に判断して、自分の時間が奪われず、なおかつ波及効果の高い行動をとっていきたいものです。

 

 


…少し前から、私のお尻に違和感が。
どうも、いぼができてしまっている様子…

少し前に痔の手術をしたのですが、もしかするとまたあの苦痛の再来となるかもしれません。

怖さを回避して、痛いのを我慢すれば業務に支障が出るかも…
とはいえ、やはり怖いのです…

業務に支障が出ることによる損害額と、
怖さを抑えて手術することにより手に入れることができる安堵感とその後の業務の効率化を考えると…

 

 

やはり…

 

したほうが…

 

良いのでしょうか…(滝汗)

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ