福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 目標となる売上をたてるには

2019年9月1日目標となる売上をたてるには

9月に入りいよいよ今年も残すところあと4ヶ月。

個人事業主の方は同じく12月の決算まであと4ヶ月。

今日は、ビジネスを考える上での基本となる

【売上の内容】
  
について見ていくことにします。

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.売上の成り立ち


一般的に売上というものは、次の算式により表されます。


★ 顧客数×顧客単価×リピート数 ★


顧客数とは、

何人のお客様に対して

販売するのか。


顧客単価とは、

1人の人に対し、いくらで販売するのか。

 

リピート数とは、

1人の人が何度購入してくれるのか。

 

2.洋服屋さんの例

 

洋服屋さんを例にとって考えてみましょう。


現状では、1年間で200人の人が購入しており、


その単価は1着あたり7,000円。

そして購入頻度は年に3回であるとするならば、

 

200人× 7,000円× 3回= 420万円

 

となり、

一年間に420万円の売上がたっている

ということがわかりますね。


では、この状況を変えるべく、

2倍の840万円の売上にするにはどうしたら良いでしょう?

 

売上という単純な一つの括りで考えるとするならば、

単純に現状の2倍であるため、

【単価を2倍にしないといけない】

と考えがち。

 

しかしながら、

上記のように売上という要素を3つに分解して考えるとするならば、

 

それぞれ

【3つの要素を2倍に近づくよう】

設定すれば良いという話になります。

 

実際には、それぞれの要素を1.25倍ほどすると

2倍に近づいてくることに。


つまり、

顧客数… 200人× 1.25 = 250人

顧客単価… 7,000円× 1.25 = 8,750円

リピート数… 3回× 1.25 = 3.75回

となり、

 

250人× 8,750円× 3.75回= 約820万円

となり、

目標の840万に近づくことになりますね。



このように、単純に売上という一言で済ませるのではなく、

その要素を一つ一つ分解していって、目標となる売上高を決めていく

というのは極めて重要なこと。

 

重要なことではあるのですが、

そもそも未来の目標の売上高

を決めていますか?


目先の多忙さに意識を奪われがちではありますが、

今一度ベースに戻ってこういった思索をするということは本当に重要ですね。


福岡では雨が降り続いています。

業種によっては、雨だと客足が遠のいてしまう、ということもあるでしょう。

とするならば、顧客数に影響が出る可能性が高くなりそうですね。

そういった業種は、

【雨の日キャンペーン】

などを打って、お客様に足を運んでもらうということも有効かもしれません。

 

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ