福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 効率性を高めるために重要なこと

2020年2月24日効率性を高めるために重要なこと

【本日の活動】

・確定申告のご面談

・家族と職場で昼食

・確定申告業務を今日もひたすらに…

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら


■今日の午前中は確定申告のご説明で、
 お客様と面談。

 今日のお客様は、
 贈与税の申告が必要なお客様。

 昨年中に財産の贈与があり、

 通常であれば100万円を超える
 贈与税を納める必要があるのですが、

 少し戦略的に節税を考えた結果、
 納税額はゼロに。

 そういった良い選択ができたため、
 今回のお客様も
 大変満足されていたようでした。

■今回のお客様は、

 一般企業に勤務されている
 サラリーマンの方。

 そうなると
 平日はどうしても時間が取れないため、

 必然的にこういった
 土日祝日の時間が面談の時間と
 なってしまうこともあります。

 ただ、

 土日祝日のご面談というものは、
 私は基本的に入れません。

 今日はこういったお話から、
 話を続けていくことにいたします。


■以前も何度か書かせていただいたこと
 ではあるのですが、

 お客様との約束は守るのに
 (これは当たり前ではありますが…)、

 【自分との約束を守らない】

 ことが、往々にしてあります。

 もちろん、

 他の方との約束を破ってしまう

 ということはどう考えても
 ありえないことなのですが、

 こと自分のことになると、

 簡単にその約束を破ってしまうのです。

 ただ、

 こういった自分との約束を破る

 という行為は、

 極めて(悪い意味で)
 波及効果の高い結果を
 及ぼしてしまいます。

 先に私が、

 【土日祝日は面談を入れない】

 といったことも、

 そういった理由から。

 このことは、

 よほどのことがない限り、
 死守しているのです。


■なぜかと言えば、それは、

 【単位時間あたりの生産性】

 を著しく損なってしまうから

 ということに他なりません。

 どういうことかと言えば、

 途切れ途切れに予定があるという状況は、

 その時間が途切れるたびに、
 集中力を奪われてしまうということに
 つながるのです。

 このことは、

 私自身が独立してこれまでの間、
 本当に痛感していること。

 せっかく集中力が乗ってきたのに、

 違う予定があるがため、
 その集中力を切らさざるを得ない状態。

 こういった状況は心身ともに
 ストレスを感じてしまうもの。

 さらには、

 予定していた期日通りに
 自らが設定した仕事を終え切れない

 ということもありますね。


■そうであるとしたならば、

 なるべくこの

 【単位時間あたりの生産性】

 を高めていくために、

 できる限りのことをしていく
 必要があるでしょう。

 そのうちの一つが、

 【予定はまとめて入れていく】

 ということ。



 私のことで言うならば、

 デスクワークをする日は、
 徹底的にデスクワークをする日。

 一方で、

 面談をする日は、
 徹底的に面談をする日。

 さらには、

 スタッフに会計の指導をする日は、
 徹底的に会計の指導をする日。

 という棲み分けを
 しっかりとしておくということですね。

 (ただ、現実問題でデスクワークと
 スタッフへの会計指導の時間は、
 どうしても一緒にせざるを得ず、
 そういった面で効率性は
 下がっているのが現状…)


■デスクワークについても
 全身全霊を持って取り組んでいくのですが、

 面談ともなると、
 さらにその力を注ぎ具合は大きくなり、

 【気を入れて】

 仕事をするため、

 一つの面談が終わるたびに
 ぐったりとなってしまいます。


 その中で、

 面談を終えてデスクワークに
 戻ろうとしても、

 どうしても集中力が続かず、

 デスクワーク自体が
 進まないものなのです。

 こういった時は、

 【その直後にもう一つ面談を入れる】

 面談の疲れとというものは、
 不思議と面談をすることによって
 解消されます。

 (疲れの『質的な』問題なのでしょうね…
 本当に不思議な現象ですが。)

 同じような理由で、

 同じデスクワークであっても

 一つの顧問先の仕事が終わり、
 もう一つの顧問先へと
 仕事を切り替えていくのは、

 そんなに集中力のダウンには
 つながらないのです。


■というわけで、

 なるべく同等同質的な仕事を
 同じ日にできるだけ時間を詰めて
 設定していく

 ということ。

 このことが私にとっての

 【単位時間あたりの生産性】

 を著しく高めていく行動

 であると言えます。

 しっかりと、自分との約束を守り、

 【単位時間あたりの生産性】

 を高めるべく、

 日々思索を巡らせていきたい
 ものですね。

 
■今日は、今から家族が昼ごはんを食べに
 事務所に来てくれます。

 日々の繁忙の中、

 こういったちょっとした癒しの時間
 というものは、

 本当に幸せなものです。

 (まさに今来ました(笑))

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ