福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 面談はオンライン通話が良いか、対面が良いか、という議論の前に…

2020年3月2日面談はオンライン通話が良いか、対面が良いか、という議論の前に…

【本日の活動】

・スタッフにチャットワークを通じて
 業務伝達など

・確定申告業務

・顧問先の月次処理


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■今日からいよいよテレワークを
 開始いたします。

 有給の対象でないスタッフに対して、
 現状考えられる範囲での業務を
 振っていくつもり。

 有給が明けたスタッフに対しても、
 順次そのようにしていきたいと
 思っているのですが、

 現状として対面でないとできない仕事
 も多いため、このあたりは考えものですね。

 ここ最近、

 コロナウィルスの影響もあり、

 面談自体をZOOM(オンライン通話)
 でお願いすることが、増えています。

 顧問のお客様や確定申告のお客様も、

 こういった点でかなり柔軟な方が多く、

 快くこのZOOMでのご面談を
 受け入れて下さることに、
 心より感謝です。

 
■ZOOMの面談が良いのか、

 それとも対面の面談が良いのか、

 という考えはいろいろかと思いますが、

 結論として言うならば、

 【お客様にとって心地良い方法】

 で実施すべきであるのかなと
 思っている次第。

 結局のところ、

 こちらが対面をしたくて
 無理に対面にてのご面談をさせていただく
 ことになったとしても、

 もしお客様が対面よりZOOMの方を
 実は望んでいるということであれば、

 それはお客様の立場に立った時に、
 決して良いこととは言えないでしょう。


■対面であれば、


 その場所を整える時間も必要ですし、

 ある程度小ぎれいな格好にしておくこと
 も必要ですし、

 移動のための時間の確保すること
 も必要でしょう。

 一方、

 ZOOM等のオンライン通話であれば、

 こういった面でさほど考える必要がなくなり、
 時間の効率化が図れるというわけです。

■今回のコロナウィルスを機に、

 圧倒的にこのZOOMでのご面談が
 増えているため、

 お客様としても
 こういったご面談形態に
 さほど抵抗はないのかなと
 思っているところ。

 さて、

 ZOOMか対面かということで
 お話を進めてきましたが、

 忘れてはならないことがあります。

 それは

 【お客様に対してしっかりとした
 価値を提供できているかどうか】

 ということ。

 結局のところ、

 対面であれZOOMであれ、

 【お客様の立場に立って】

 考えたときに、

 その行動自体がお客様にとっての
 幸せにつながるものでなければ
 何の意味もない

 と言えます。


■これは本当に注意すべきことで、

 独りよがりで

 【形式的に】

 契約通りの面談をこなしていく

 というケースは少なからずあるでしょうが、

 これはまさに本末転倒である
 と言えるでしょう。

 何のための契約かと言えば、

 【お客様があなたの商品や
 サービスを通じて、幸せになっていただく】

 ためである、ということ。

 そのことがベースにあっての  契約であると思うのです。 ■どういった契約の形態であれ、  販売であれ、  サービスの提供であれ、  このことに関して、  ベースの部分では同じである  ことでしょう。  とするならば、  まずはこういった視点を持ち、  その上で対面かZOOMかという  選択をすべきところ。  あなたが今とっている行動、  取ろうとしている行動は、真に  【お客様の立場に立って】  お客様の幸せに貢献するものでしょうか。  一つ行動を起こすたび、  また、起こそうとするたび、  このような基本に立ち返って  考えていくということは  極めて重要なこてです。  こういった社会が混乱している  この時期だからこそ、  今一度、こういった視点を持ち、  じっくりと考えていきたいところですね。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ