福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【自動車ローン】は極力避けたい理由

2021年10月27日【自動車ローン】は極力避けたい理由

■先日のことですが、


 顧問のお客様とのご面談の中で、
 『従業員の雇用』についての
 ご相談がありました。
 
 従業員の雇用は、どちらかと言えば
 『社会保険労務士』の分野であり、
 税理士には直接関係しない部分
 ではありますが、

 経営に関するご相談も
 お受けすることもあるため、
 このようなご相談お受けすることも
 少なからずあるわけです。


■そんな中で、


 「雇用をするにあたっては、
 『毎月の固定費』が増えていくものであり、

 【資金繰り】

 が心配ですよね…」

 といったお話に。

 当然、そのように
 人を雇用する位ですので、
 経営についても上向きで、

 人はもちろんのこと、
 いろいろな経営資源を
 揃えていかなければならない
 というフェーズに入っている様子。


■そんな中で、


 「社用車の購入を検討されている」

 というお話も伺いました。

 性格的に人からお金を借りるのが
 嫌いなご様子で、
 
 その社用車も300万ほどのものを
 一括で購入することを検討している

 とのこと。

 しかしながら、雇用をし、
 毎月の固定費が増える上に、
 そういった300万円もの大きな資金が
 一括で出ていってしまう状況を考えると、

 なおのこと資金繰りの心配が
 大きくなるわけですね。


■そんな中で検討すべきは、


 車を買うにしても

 【分割で買う】

 ということ。

 そしてその『分割』と言えば、

 その車の販売店に相談をして、
 販売店を通じた

 【自動車ローンを組む】

 というのが一般的なのでしょうが、

 「それもちょっと待ってください」

 というところ。


■というのは、


 一般家庭であればそういった
 選択肢になるかと思うのですが、

 自動車ローンを組む前に、

 【『金融機関からの借入』
 により資金を調達して
 その車の購入に充てた方が、
 もしかすると金利は下がるかもしれない】

 ということを考えるべきなんですね。

 この自動車の購入については、
 
 【設備資金】

 と言って、

 通常の『運転資金』に比べ、低金利で
 資金の調達をすることができるため、
 一般的には、

 【自動車ローンの金利より低い利率で
 金融機関から資金を調達することが可能】

 となります。

 『自動車ローン』により、または、
 『金融機関からの融資』により
 車を買う際のこういった
 大枠の仕組み自体は変わらないのですが、

 このように

 【金利に差がついてくる】

 ということは知っておいた方が 
 良いですね(^^)。


■車の他にも、


 機械など、事業上で何かしらの
 『大きな設備投資』をする際には、

 こういった

 【金融機関の金利の方が低い】

 ということが一般的ですので、
 その販売先である会社のローンを
 組むことを検討すると同時に

 【金融機関での設備資金の調達
 も積極的に検討したい】

 というところ。

■このように、  特に大きな買い物では、  【資金をどう回していくか】  と考えることが極めて重要となります。  しっかりと、  【本当に現在考えている選択肢で良いのか】  ということを、実際の行動に移る前に  適切に考えたいものですね。 ■こういった経営拡大の局面においては、  お金を使う節税はむしろ逆効果  になることも。  金融機関の評価を得るためにも、  利益を出し、納税をし、  あえて税金を払って資金を残していく  選択も検討したいところですね。  …とは言え、やはり  税金は嫌なものですよね(苦笑)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・何かしらの設備投資をする際には、  『現金一括購入』は資金繰りに  悪影響を及ぼしてしまうことが  想定されるため、極力避けたいものである。 ・そこで検討したいのが  【金融機関からの『設備資金』】  としての資金の調達。  往々にして、そのメーカーのローンなどは、  この設備資金に加え金利が高いため、    【トータルで支払う金額が増えてしまう】  というもの。 ・とは言え、そういった  メーカーのローンには、    【場合によっては補償が付いている】  などということもあり得るため、  そういった面もトータルして、  【設備資金を調達するのか  ローン組むのか】  ということを考えたいところ。 ・いずれにせよ、  大きな買い物をする際には、    【その取ろうとしている選択が  本当に適切なものであるか】  ということをしっかりと  検討すべきであると言える。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ