福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > トイレの水漏れから感じた【賃貸の良さ】

2022年1月20日トイレの水漏れから感じた【賃貸の良さ】

今日は終日東京。

…日帰りでバタバタではありますが、
お客様に会えるのが
今からすごく楽しみです。

---------------------

■「トイレの床が
 水浸しになってしまって…」


 数日前のことなのですが、
 我が家のトイレの水が
 どこからか漏れていて、床が水浸しになる

 ということがありました。

 緊急事態なので、
 早速問い合わせをして、
 修理をしてもらうことに。

 結果として、トイレの上の部分の
 水が流れるところに物が置いてあり、

 その物が水の流れを遮っていたため、
 トイレの上の部分のタンクから
 水が溢れ出ていた

 という状況だったんですね…

 決してトイレの故障ではなく、
 私の完全なる管理ミスだった

 ということでした。
 (修理に来ていただいた方には
 ひたすら平謝り(汗))


■その際に、


 修理をお願いしたのは、
 賃借物件である我が家の管理会社の
 担当の方なんですね。

 通常であれば、

 【トイレの修理業者の方を選定し、
 連絡を取り、修理に来てもらう】

 というところなのでしょうが、

 『賃貸』の場合は、原則として、

 【通常の使用による修理などについては、
 その貸主側が費用を負担してくれる】

 ということが一般的です。
 (もちろんケースバイケースではあります。)

 賃貸であるにもかかわらず、
 通常通り業者さんに依頼をして
 修理をしてもらい修繕費を支払っている

 ということがあるかもしれないのですが、

 【それは相当もったいないことである】

 ということなんですね。


■また、


 我が家ではそのトイレの他、
 ドアの開きが悪くなったり、
 壁の補強している部分が壊れたり…

 そのようなことがあった際にも、
 その管理会社の方に連絡を取り
 無料で対応していただけました。

 これが『購入』している状態だと、
 こういったちょっとした故障などでも、

 【業者さんを選定し、
 場合によっては相見積もりなどを取り、
 修理の依頼をする】

 ということに。

 こういったことがあった際には、

 「本当に賃貸で良かったな」

 と思うところなんですね。


■前置きが長くなってしまいましたが、


 『賃貸』には賃貸なりの良さが…
 『購入』には購入なりの良さがあって、

 それぞれ「どちらが良い」
 ということは言い難いものですが、

 【それぞれのメリットやデメリットは
 知っておくべきである】

 と言えます。

 上述したのは『家』
 に関してのことだったのですが、

 事業においても、場合によっては

 【車や機械を使用する】

 といったことも
 考えられるのではないでしょうか。

 そういった場合に、
 修理の頻度や資金繰り、

 また税金や保険料などの負担
 などを相互勘案し、

 賃貸にするか購入にするかを
 決める必要がある

 と言えます。


■特に、


 大きな物件であればあるほど、
 『購入』となると、

 【自分のものにしたがために、
 その処分などに困る】

 ということも考えられます。

 家に関して言えば、
 仮に引っ越しをしようとしても、

 購入したものだったとしたら、
 それを売却して手放した上で
 引越しを検討することになるでしょう。

 そうなった場合に、

 【その売却時点の家の時価が
 どのようになっているか】

 ということも
 考えなければなりませんし、
 場合によっては、

 【売却により税金などの
 追加の費用の支払い】

 も出るかもしれません。

 ただ、購入となると
 
 【その後の賃料の負担がなくなったり】

 だとか、また場合によっては、

 【購入してそれを第三者に賃貸して
 収入を得る】

 という方法も考えられますので、
 やはり『購入が良いのか賃貸が良いのか』
 ということは、

 【いろいろな面から総合勘案して
 決定すべきである】

 と言えます。


■私に関して言えば、


 賃貸の場合で良かったなと思うのが、
 上述した『修理』に関することなんですね。

 もし購入をしてそれが老朽化をし、
 大規模な修理を依頼しないと
 いけなくなった場合、

 まず『業者さんの選定』
 に苦労するでしょうし、

 『その業者さんの提示される価格が
 本当に適正な価格なのかどうか』

 ということも悩み、
 そういったいわば

 【余計な部分で心労が出る】

 ということが
 大変心配なところなんですね。

 そして、そういった気苦労は、  『その後の引っ越し』や  『固定資産税の支払い』などの  【将来のリスク】  とも言える部分を  総合勘案して考えると、  【心労の方が上回る】  という状況ですので、  「私の場合は賃貸の方が向いているな」  という感覚です。 ■『購入か賃貸か』という論点は、  プライベートでも経営においても  いろいろな局面で判断を下す必要が  あることではないかと思います。  特に経営の判断においては、  それに購入することにより、  融資を検討する必要があるかも  しれませんし、  【その後の事業展開や資金繰りの面にも  この購入か賃貸かの決定により  大きな影響を及ぼすものである】  と言えますので、  【より慎重で的確な判断が必要である】  というところ。  いずれにせよ、  経営の置かれている状況によって、  的確な判断材料を持って、  合理的な経営判断をしていきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『購入か賃貸か』という論点は、  いろいろなところで見聞きするもの  であるが、  【それぞれ一長一短がある】  というもの。 ・『購入』の場合は、    【固定資産税などの税金と  その賃貸をする場合の賃料】  を考えた際に、  長期的な視点で見ると購入の方が  有利になるケースも考えられる。  『賃貸』の場合だと、  上述した面でのデメリットはあるものの、    【修理などに関しては  賃借している貸主側が負担してくれる】  など、双方において  メリットやデメリットが考えられる。 ・いずれにせよ、  今後の事業展開を考えた上で、  その【将来性】や【資金繰り】  を視野において、  【購入か賃貸か】  を的確な判断材料をもって  検討したいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ