福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 微粒子企業に求められるのは【日々の微差の積み重ね】なり

2022年6月22日微粒子企業に求められるのは【日々の微差の積み重ね】なり

■最近は、


 朝と夜にいろいろな本を読み漁っています。

 本を読もうとするとどうしても
 税務やビジネスの分野の
 書籍を探してしまうのですが、

 少し趣向を変えて『ランキング』
 をチェックするようにしました。

 そんな中で

 【きみのことが だいすき】

 という絵本があり、
 どうやら売れていたようですので
 購入してみた次第です。

 きみのことがだいすき

 実際に読んでみると、いわば

 【毎日の心の処方箋】

 のようなイメージ。

 これは、
 日々傷つきながら闘っている(?)
 我々微粒子企業の
 経営者にとっても有用ではないか

 と感じたところです。


■その中の一つに、
 次のようなものがありました。


 (…書籍の内容ですので、
 少しぼかした感じで
 書かせていただきたいと思います。)

 私なりに要約すると、

 【行動をとる際は、
 少しずつでいいんだよ】

 ということ。

 【自分にとって
 「そのくらいであれば
 進むことができる」という程度の
 少しのステップでいいんだよ】

 ということでした。

    ■経営において、  その経営の改善をしようとすると、  どうしても  「ドカンと一発!」  といった心境になってしまう   というものではないでしょうか。  かく言う私自身も、開業当初は、  広告やその他の『飛び道具』  的なものを利用して、  「ドカンと一旗揚げよう!」  と思ったものです。  (若気の至り…  いえ、たった5年前です(笑))  もちろんそんなことは叶わず(汗)、     【結局は地道な努力が必要だった】  ということに気付かされることに…   ■何かを成し遂げようとする際、  10歩先のゴールがあったとして、  急に10歩先を目指すのではなく、  最初は0.01歩先でも十分ではないか  とも思うんですね。  逆に  【最初から10歩先を目指したばかりに、  大きく失敗をしてしまう】  ということもまた考えられます。  自販機などで  硬貨をいっぺんに投入して、  硬貨が反応せずに戻ってくるのと  同じようなイメージで、  一気に叩き込んだとしても、  その反動が起こってしまい、  【結果として上手くいかなかった】  ということも往々にして  あるのではないでしょうか。  そうではなく、しっかりと    【一つひとつの硬貨を的確に入れて  反応していることを確認して、  最終的に10枚の硬貨を入れ終える】  というような行動をとれば、  失敗は最小限に、  最短で成功の道に進むことができる  というもの。  (もちろん、失敗も大きな経験では  ありますが。) ■どうしても、  一攫千金を目指してドカン!と  動いてしまいがちなのですが、  そうではなく、  【重心を低くして、一つひとつ着実に  少しずつの積み上げをしていく】  ということ。  ウサギとカメの中の  カメのようなイメージ  とも言えるかもしれません。  そしてその一つひとつの積み重ねが  後に大きなものとなり、  【その結果、初めて売上に繋がる】  ということが、少なからずあるもの。   ■経営においての『飛び道具』的なものは      上述したように  【広告】  であると言えるでしょう。  しかしながら、  広告費を投じても、    【その使った広告費の多寡によって  勝負が決まってしまう】  ということが通常ですので、  【我々微粒子企業の資本力からすると、  それは厳しい手法ではないかな】  というところなんですね。  (あくまでも一般論です。)  したがって、この  『きみのことが だいすき』  の絵本にも描かれているように、  【一つひとつ重心を低く、  着実に自分にできる第一歩を進んでいく】  ということが重要ではないか  と思う次第です。 ■私自身、  これから大きな第一歩を踏み出そう  としているのですが、  この絵本を読む中で、  一度立ち止まり、やはり  【小さな積み上げをしていく方法で  結果として大きなことを成し遂げよう】  と考えさせられた次第でした。  何度も申し上げますが、どうしても  ドカン!と進んでしまいがちなもの  なのですが、  これは往々にして  【希望的観測】  であることが大半…  そのようなことから考えると、  微粒子企業家として、  しっかりと重心を低くして、    着実な行動を積み上げていくように  心掛けてみてはいかがでしょうか。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営を考えるにあたっては、  一攫千金的に『ドカン』と  動いてしまいがちであるが、  【往々にしてその成果は  得られないのが通常である】  ということを心得ておくべし。 ・資本力の厳しい  我々微粒子企業家にとっては、  【一つひとつの微差の積み重ねによる  行動の積み上げが後に功を奏す】  と言えるもの。 ・上述した微差の積み重ねをできる人は  案外少ないもの。    そのように考えると、  これを積み重ねたその先には、    【思いもよらぬブルーオーシャン】  が待っているかもしれない。   今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ