福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【複数の収益源】を私が勧める理由

2022年7月28日【複数の収益源】を私が勧める理由

■この経済状況が不安定の中、


 場合によっては、

 【本業である売上が
 思いのほか伸びていない】

 ということが考えられるかもしれません。

 その売上が伸びていない要因として、
 
 【現在の経済状況に原因があるのか】

 それとも、

 【そもそもそこに経営を注力している
 こと自体が良くないことなのか】…

 まずはこの点を見極めることが重要である
 と言えるでしょう。

 
■とは言え、


 【売上が上がっていない】

 という事実はしっかりと
 見るべきでしょうし、

 場合によっては、

 【そこではない収益を得る
 ポイントを発掘すること】

 も必要かもしれません。

 もし『その他の収益ポイント』
 を考えないとしたら、

 【現状の売上を伸ばすには
 どうしたら良いか】

 という思索は必然的に
 せざるを得ないことになるはず。


■とは言いながら、


 やはりこの経済状況が
 不安定な状況下においては、

 【複数のキャッシュポイントを持っておく】

 ということは重要であるように
 私は感じる次第です。

 これは経営おいて

 【複数の事業を営むこと】

 かもしれませんし、

 サラリーマンの方については、

 【本業に加え
 副業を積極的にした方が良い】

 という視点もまた持っていても
 良いかもしれません。

 
■当然、


 会社のルールにより

 【副業禁止】

 などということも
 あるかもしれないのですが、

 サラリーマンであるあなたが
 第三者の視点に立った際に、
 
 【そもそもそのルールに
 縛られていること自体が危うい】

 ということも考えられは
 しないでしょうか。

 もしそのような状況において、

 【本業ある給与所得に
 全精力を突っ込み、給料を得る】

 という動きをしたところで、

 その勤務している会社は、
 従来のような『終身雇用』を
 保障してくれるでしょうか。

 上場企業などの大企業でさえ、
 従来は「安定している」と言われながら、

 ここ最近においては急激な、
 なおかつ、大規模なリストラ
 を発表するなど、

 そのようなことにおいても
 
 【状況が見えない】

 と言えるわけです。

 そのようなことから考えると、

 【現在勤務している会社が
 そういった保障をしてくれる】

 ということ自体が、
 かなりの希望的観測であるように
 思わざるを得ません。


■そのような背景から考えると、


 上述した

 【副業禁止に縛られている場合では
 ないのではないか】

 と言えるような気がするわけですね。
 (声を大にしては言えないですが…)

 当然会社が決めたルールですので
 副業をすること自体は
 常識的に考えれば『NG』でしょう。

 「だったら…」
 ということを考えると、
 場合によっては
 
 【副業がOKな仕事に転職する】

 のも有りかもしれませんし、

 (やはり声を大にしては言えませんが、)

 【内緒で副業をする】

 などということも、場合によっては
 『考えざるを得ないかも』しれません。

 …というお話。

 
■結局のところ、


 会社でさえ雇用を当初
 約束しているにもかかわらず、

 『リストラ』などという
 (労働者から見ると)
 いわば『暴挙』に出るものですから、

 その前倒しでこちらの方が
 『副業』という表向きに見れば

 【ルールを破る行為】

 をしたとしても、

 「それはそれで
 現在の社会状況においては
 致し方ないのではないかな」

 という気もしないでもないですよね。

 (言い方は気を付けなければ
 なりませんが…)


■要は、


 良識のある大人として
 その会社の決めたルールに
 従ったがために、

 その仕事をクビにでもなり、
 収入源を絶たれたとしたら、

 【それは自分の人生において
 元も子もない】

 ということにはならないでしょうか。

 「不安定、不安定…」
 と言われていますが、

 コロナや円安、戦争、
 そして異常気象などが続いている
 昨今においては、

 その見方がなおのこと
 強くなっているように
 感じる次第です。

 
■いろいろ述べてはきましたが、


 経営者においても
 サラリーマンにおいても、

 現在の不安定な経済状況を考えると、

 【複数のキャッシュポイントを
 分散投資をするが如くに持っておく】

 ということは極めて重要ではないか
 と思う次第。

   「もし今の仕事がなくなったら…」  という悲観的ではあるものの、  場合によっては  現実味のある仮説を立てた際、  今あなたがとるべき行動は  どのようなものでしょうか。  まずは  【死なないこと】    【倒れないこと】。  これを念頭に、  日々の動きを確かなものに  したいところです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・現在の不安定な社会情勢においては、    【複数のキャッシュポイントを  持っておくこと】  が重要であると言える。 ・場合によっては、    【複数のキャッシュポイントを  持とうとする行為そのものが、  社会的なルールに反すること】  もあるかもしれないが、  【その社会的ルールに  縛られたがために、  将来的に路頭に迷う可能性】  はないだろうか。 ・結局のところ、  【自分を守ってくれるのは  自分しかいない】  と言える。  そのようなことから考えると、    【積極的に悲観的な仮説を立てて、  その仮説の通りにならないように  するためにはどのように動けば良いか】  と考えることを、  そろそろ真剣にしなければ  ならないのではないだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ