福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【経営者が「あえて休む!」】ことが必要な理由

2022年8月29日【経営者が「あえて休む!」】ことが必要な理由

■最近仕事をしていて感じるのが、


 「曜日の感覚がなくなってきたなぁ」
 ということ。

 サラリーマンの頃は、
 月曜日から金曜日まで仕事をし、
 土日や祝日はお休み。

 (とは言え、週末は税理士試験の勉強に
 勤しんでいましたが…)

 そういった意味では、
 平日と土日祝日の区分けが
 しっかりとできており、

 オンオフの切り替えができていたように
 感じているところ。

 
■これが経営者ともなると、


 油断すれば一日中仕事を
 することになりますので、 

 そういった理由から上述したような

 【曜日の感覚がなくなってしまう】

 ように感じているところ。

 ここでふと考えるのが、

 「これで本当に良いのか」

 ということなんですね。

 本当に良いのかどうかということは
 2つの視点で考えており、

 1つ目は、

 【ダラダラと終日仕事をしていて
 高い集中力と効率性が
 発揮できているのだろうか】

 ということ。

 どうしても仕事や学習が
 長時間に及ぶと、

 【その分集中力が低下して、
 結果として効率性がダウンしてしまう】

 ように感じます。


■特に夜の仕事となると、


 感覚として、生産性が朝の半分位に
 なっているのではないかと
 いう感じがするんですね。

 そういった面では、
 「サラリーマン時代のように…」
 というわけではありませんが、

 適切にオンオフをしっかりとして、
 集中力と効率性の高みを
 目指したいところ。


■そしてもう一つは、


 【人生、こんなに仕事ばかりで
 良いのだろうか】

 ということ。

 私にとって、 

 【仕事=楽しいこと】
 
 ではあるのですが、

 それに増して楽しいのが、やはり

 【家族との時間】

 なんですね。

 そのように考えると、
 私にとって第一に優先したい
 家族との時間をないがしろにして、

 そのような形で終日仕事をしている
 ということは、

 人生の選択肢としてあってはならない
 というような感覚。

  ■少し引いた視点で見てみると、  サラリーマンの頃は  平日と土日祝日という  時間的な区分けがあったように感じます。  特に休みの前日などは、  全く仕事がない日の前日  ということで、  多少なりとも  【テンションが上がっていた】  ように感じるんですね。  ただ、場合によっては、  仕事が終わっていない状況であれば、  土曜日の出勤もあり得ますので、  【土曜日に楽しむためには、  なんとしてでも仕事を金曜日に  終わらせてしまう!】  という必要があるわけです。  そうなると否が応でも  気合が入りますよね。  小学生の頃の遠足の前日  のような気分で、    ご褒美を前に頑張れる  といった感覚かもしれません(笑)。 ■果たして、  経営者として日々を送っている中で、    こういったご褒美の感覚  を忘れていることはないでしょうか。  私自身、  最近この平日と土日祝日の区分けを  自分の中で明確にするようにしており、  「土日祝日は仕事をしない!」  (仕事につながる第二領域の  本来の仕事はする)  と決めているところ。  とは言え、  突発的な案件もありますので、  そういった場合は仕事をすることに  なるわけですが、  そのように明確なルール決めを  することにより、  土日祝日のサラリーマン時代の喜びを  しっかりと感じることができ、  その結果平日にメリハリのある  仕事ができているというところです。 ■人間とは弱いもので、  やはり目の前の何かしらの  ご褒美がないと、  上述してきた高い生産性や集中力、  そして効率性を発揮することは  難しいように感じています。  これは経営者の方にとっては  よくある現実ではないでしょうか。  もしかすると、    「仕事が進まない!」    などということが  あるかもしれませんが、  もし上述してきたように、  仕事をする時間を厳守し、  週末の喜びを明確にすることにより、  限られた時間で大きな集中力  と効率性を発揮出来るように  なるかもしれません。 ■あくまでも    平日と土日祝日については、  一つの例に過ぎません。  これは人それぞれですので、  ぜひあなたにとってテンションの上がる  ルールを自分の中で設定し、  そのルールのもとに、  日々の経営を進めてみては  いかがでしょうか。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営者ともなると、  オンオフの切り替えが  難しくなるもの。 ・その切り替えができていない   ことにより、    本来大切にすべきものを  失ってはいないだろうか。 ・人は多少なりとも【目の前の喜び】  がないことには、  結果として、高い集中力や生産性  を見いだすことが難しいように感じる。 ・そのように考えると、  経営者であるからこそ、  しっかりと仕事をする時間などの  ルール決めをし、  そのルールに則る形で、  日々の経営を進めていく  ようにすると良いのかもしれない。   今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ