福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 個人事業で要注意!【締後の売上】のことなど

2023年1月17日個人事業で要注意!【締後の売上】のことなど

年末調整も大詰め!

1月は年末調整と償却資産の申告で、
なかなか大変な月です。

こんな時こそ、高い集中力が
大事ですね。


さて、本題です。

 
------------------


■1月に入り、


 12月分の売上の入金があったり、
 また、12月分の経費の支払が
 あったりするもの。

 そんな状況において、今日は 
 個人事業主の方についての
 確定申告について、

 【税務上の注意すべき点】

 をお話ししていきたいと思います。


■上述した


 『12月分』というのがポイントで、
 確定申告においては、

 【その年の1月から12月までの
 売上と経費を適正に申告する】

 ことが必要なんですね。

 そのように考えると、

 例え翌年1月に入金や支払が
 あった売上や経費に関しても、

 【もしそれが12月分であるとしたら、
 12月分の売上や経費として
 考えるということが必要】

 になるわけです。

 売上については『売掛金』、
 仕入については『買掛金』、

 そして仕入以外の経費については
 『未払費用』ということで、会計上
 計上していくことになるわけですね。 


■通常の場合、


 【現金が入った段階で売上
 というようにイメージしがち】

 なのですが、

 毎月の計上に関しては
 そのようにしていたとしても、
 
 12月の年末においては、
 こういった

 【売掛金を考える】

 ということが必要ということです。


■また、


 買掛金や未払費用についても
 同じですね。

 結局のところ、
 12月までに利用した経費を
 計上していくわけですので、

 売上を計上するのと同じように、

 【仕入などの12月分の経費も計上していく】

 ということになります。


■そして、

 
 売上について注意が必要なのが
 締後の売上。

 『締後の売上』とは、

 例えば、その売上が
 
 【15日締めの翌日15日払い】

 であるなどという場合、

 12月分の売上は、 
 売掛金を考えたとしても

 【12月15日分までしか
 上がっていない】

 ということに。

 しかしながら、上述したように
 確定申告においては

 12月分の売上を計上
 しなければなりませんので、

 当然

 【12月16日から31日までの
 売上も計上すべきである】

 ということなんですね。

  ■そうなると、  たとえ請求書上は12月15日締めまで  しかなかったとしても、  その次の請求書である  1月15日締めの請求書を確認し、  その中の  【12月16日から12月31日までの  売上をピックアップし、それを  売掛金として計上することが必要】  となるわけです。  こういった点は   案外見落としがちですので、  要注意ですね。  そして税務調査でも、この  【締後の売上】  については突っ込まれますので  そういった面でも要注意です。   ■というわけで本日は、  個人事業主の確定申告   において重要な  【売掛金や買掛金、未払費用】  について見てきました。  どうしても通常通りの常識で  会計処理を進めていくと、  こういった点を見落としがちですので、  十分に注意をして、その申告を適正に  していくようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・個人事業の確定申告については、  【その年の1月から12月までの  売上と経費を申告するもの】  と心得ておくべし。 ・そのように考えると、  例え1月に売上の入金や経費の支払いが  あったとしても、    それが12月分であるとしたら、    【その売上や経費も確定申告に  反映しなければならない】  ということに。 ・そして、売掛金については   【締後の売上】    に要注意。  原則として12月31日までの  売上高を計上しなければならないため、   請求書をピックアップして、    【適正に12月分までの売上を  すべて売掛金として計上すべき】  であるものと心得ておくべし。 ・どうしてもなんとなくの常識で   会計処理を進めてしまうと、  現金の動きで収益や経費を  考えてしまいがちであるが、  適切に上記のような知識を持ち、  【12月分までの売上と経費】  を計上すること心がけたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ