福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

償却資産申告書作成業務PREPARATION OF AMORTIZED ASSET RETURN

トップページ サービス > 償却資産申告書作成業務

償却資産とは

償却資産とは

償却資産とは、個人及び法人で事業の用に供している資産をいいます。
大まかに言うと、毎年1月1日現在所有する土地及び家屋以外の資産の事です。
「固定資産とどう違うの?」というご質問をよくいただきますが、土地や家屋、償却資産を全部まとめたものを固定資産といいます。
土地や家屋以外の資産を償却資産と呼んでいます。

土地や家屋については、事業をしていないサラリーマンの方でも固定資産税を支払わなければなりません。
しかし、償却資産税は事業を営んでいる個人と法人が支払う税金となっております。

申告対象となる資産と対象にならない資産

償却資産税を考える上で、申告の対象となる資産と対象にならない資産があります。
下記は一例です、記載が無く分からない場合はお問い合わせ下さい。

対象となる資産

構築物

舗装路面、門・弊等の外構工事、受変電設備、浄化槽設備、内装・内部造作など

機械及び装置

各製造設備等の機械、太陽光発電設備など

船舶

ボート、漁船、遊覧船など

航空機

飛行機、ヘリコプター、グライダーなど

車両及び運搬具

大型特殊自動車(フォークリフト、レッカー、ブルドーザーなど自動車税及び軽自動車税の課税対象以外)など

工具、器具及び備品

パソコン、コピー機、LAN設備、厨房機器、冷蔵庫、医療機器、理容、美容器具、自動販売機など

対象とならない資産

自動車税、軽自動車税の課税対象となるもの

自動車、小型フォークリフトなど

無形固定資産

電話加入権、ソフトウエア、特許権など

繰延資産

棚卸資産

取得価格20万円未満のもので、3年間で損金(経費)にする方法により計上したもの(一括償却資産)

※一括償却の方法以外の減価償却で損金(経費)にしたものは、申告対象となりますのでご注意ください。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ