福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 個人事業の重要な届出に関するお話です。

2018年2月28日個人事業の重要な届出に関するお話です。

いよいよ、確定申告も大詰め。

みなさんは、ご準備進んでいますか?

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の 【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

今日は、確定申告の前段階である【届出】について、見ていくことにします。

 

1.開業届の提出

 

そもそもですが、開業をしたら

・税務署

・都道府県税事務所

に届出をする必要があります。

 

税務署は届け出ているかもしれませんが、

都道府県への届出はお済みでしょうか?

 

【個人事業税】という税金の関係で、

都道府県へも届け出る必要があります。

(といって、出さずとも罰則などはないのですが・・・(^^ゞ)

 

2.青色申請書の提出

 

そして、三度の飯より大事なのが

税務署への【青色申告承認申請書】の提出。

 

よく「白色の方がいい!」なんてことを

聞かれることもあるかと思います。

結論として、まったくの都市伝説。

そんなことはありません。

 

確かに以前は、本業の利益が

300万円以下の方は少しメリットがありました。

それは、

【記帳と帳簿の保存義務がなかった】ということ。

 

ただ、平成26年分からこの300万円以下という決まりが取り払われ、

【すべての事業者】に記帳と帳簿などの保存が義務付けられています。

(カンタンに言うと、です。)

 

面倒な記帳と帳簿付けをしなくて良いというのが、

白色申告のメリットではあったのですが、

それはもう昔の話。

今や、

「青色申告をすべきです!」

と私は断言します。

 

3.青色申告のメリット

 

「じゃあ、青色申告するとどんな良いことがあるの?」

という話になりますね。

具体的には次の通りです。

 

①経費65万円をプレゼント!

帳簿をキチンとつけてもらう代わりに、

税務署より65万円の経費がプレゼントされます。

(一部例外はあります。)

 

②親族に給料を払える

青色申告を採って、税務署に

「親族にこれだけの給料を払いますよー!」

という届出をすれば、親族に対して

給料を払えます。

 

所得税は、所得・・・

つまり利益部分が増えるほど、

税率が高くなります。

この利益を親族にバラして払うことによって、

所得税を安く抑えられます。

 

30㎏の荷物を一人で持つより、

3人で10㎏ずつ持った方が

負担は少なくなる。

そんなイメージです。

 

なお、白色申告では親族に対する

給料の支払いは認められません。

 

③30万円未満の物を買ったら全額経費!

白色申告だと、10万円未満の物しか

買った年に全額を経費にできません。

 

10万円以上の物は【価値のあるもの】として、

一気に経費にできず、その物を使っていく

何年間かで経費化していきます。

 

仮に10万円のものを10年使うとしたら、

毎年1万円しか経費にできないわけです。

これが青色申告になると30万円未満となります。

 

つまり、299,999円までの物は無条件に全額経費!

結構大きいですよね。

 

④貸倒引当金の計上

12月に終わった仕事で、1月に入金がある。

このような場合、

「12月に仕事が終わっていれば今年の売上」

です。

 

「お金がまだ入ってないのに売上?」

そうなんです。

これが税金を計算する上でのルール。

 

ただ、まだお金が入って来ていない

【売掛金】は貸し倒れる

・・・つまり、取りっぱぐれるリスクもあるので、

 

その【売掛金】に対し、5.5%(例外はありますが)の経費を認めてあげますよ、

というのがこの貸倒引当金なのです。

 

⑤損失を3年間繰り越せる

短期的に損失が出ることもあるでしょう。

青色申告の場合、

この損失を3年間繰り越せます

 

仮に、

・今年・・・100万円の赤字

・翌年・・・100万円の黒字

となると、

・今年・・・赤字なので、当然税金ゼロ。

・翌年・・・前年の100万円の赤字と

その年の100万円の黒字をぶつけて、

利益ゼロ。つまり税金もゼロ。

 

これが白色申告だと損失が繰り越せないため、

・今年・・・赤字なので税金ゼロ

・翌年・・・【100万円の黒字に対する税金】

が出てしまいます!

 

今回は、長くなるのでこの辺で。

次回はまた続きを見ていくことにします。

 

 

・・・とあるファーストフード店での一コマ。

ハンバーガーが300円。

ポテトが200円。

ドリンクが150円。

 

当初、ハンバーガーだけ食べたくて、

ハンバーガーのみ注文しましたが、

あとで追加でポテトとドリンクを注文。

合計650円

 

・・・なのですが、

のちにメニュー表を見てみると、

【ハンバーガー+ポテト+ドリンクセットで500円

という看板が!!

レシートを見直すと、やはり・・・650円(泣)。。。

 

店員さんに値下げをお願いする勇気もなく

しぶしぶ帰ったのですが、

こういった損失こそ、

なくしていかないといけませんね(汗)

 

・・・今回の届出の話ではありませんが、

「ちゃんと教えてよーおねいさん・・・」

というお話ですね(泣)

 

 

 

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ