福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 民泊の消費税??

2018年6月16日民泊の消費税??

「民泊の消費税ってどうなるの?」

先日より民泊を乱発していて、わんぱく坊主をみんぱく坊主と言っているような怖い現状があるのですが、今日はその最後。

民泊をしている場合の消費税について見ていくことにします。

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.住宅の貸付は非課税

一般的に、住宅の貸付は生活に必要なものであるため、消費税は非課税となります。

要は、消費税自体が発生しないため、国に納付すべき消費税が出てこないわけです。

2.ホテルや旅館は?

これに対し、ホテル業や旅館業というものは、生活に必要なものとは言い難く、
旅行等の際に泊まるところを確保するために利用するもの。

つまり、生活に必要なものではないため、消費税の課税対象となってきます。

ホテルに宿泊する際には、消費税を払っていますよね。

要は、そういうことなのです。

3.では、民泊は?

お察しの通りだと思いますが、民泊は住宅とは言えず、生活に必要なものではない。

よって、消費税の課税対象になってきます。

課税対象となってきますので、しっかりと、消費税を払うための準備をしておく必要があるわけです。

民泊についていろいろ見てきました。

民泊もそうですが、暗号通貨など目新しいものについては、税務署が順次見解を示していくものです。

しっかりと税務署からの情報にも注意を払い、税務上の取扱いを注意していきたいものですね。

個人事業主のための知ってて得する
税金対策、経営メルマガ登録

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ