福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > クレジットの引落日に経費を計上していませんか?

2018年7月25日クレジットの引落日に経費を計上していませんか?

「あとはクレジット明細だけですね。」


法人の決算を迎えるたび、上記のことをよく言う機会があります。

そうなんです。

あとはクレジット明細さえそろえば、決算が終わるのです。

 

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

 

1.本当に使った時が経費にする時


これはご自身で税務申告をされている方に多いのですが、

【クレジットの引落日】に経費計上をしていませんか?

結論として、これは税務申告では誤りとなってしまいます。

例えば、7月決算法人が7月中にクレジットカードでお中元を贈った(品物を買った)とすると、

そのクレジットカードの口座からの引落日は8月か9月となることでしょう。

その際に、7月の経費とせず、8月又は9月の経費にしていませんか?という問いです。

 

2.現金の場合と比較してみる


では、同じく7月中に現金払いでお中元を贈ったらどうでしょう?

これは例外なく、7月の経費にしますよね。

では、7月中にクレジット払いでお中元を贈ったら?

結論から言うと、これも【使った時期】は7月なので、7月の経費にすべき

なのです。

 

確かに資金繰り的には、引落しのタイミングで経費化する方が、理にかなっている気がするのですが、

現金払いかクレカ払いかによって損益が変わってくるとなると、やはりおかしな話なのです。

 

これは結構誤りの多いところ。

クレジットは、【使ったタイミングで経費】とする。

このことは、しっかり意識しておきましょう。

個人事業主のための知ってて得する
税金対策、経営メルマガ登録

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ