福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 売上の増加よりまず固定費の圧縮を勧めるワケ

2018年7月28日売上の増加よりまず固定費の圧縮を勧めるワケ

「売上の数倍の効果です。」


先日、海外送金手数料についてのお話を伺いました。

なんでも、とあるところに送金をお願いすると、手数料がかなり安くなるとのこと。

固定費の圧縮は、かなり経営の改善に繋がります。

 

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

1.固定費の圧縮の威力


海外送金はかなり業種によっては多いもの。

そこで、この手数料を抑えることができるとするならば、経営においても大きなプラスとなることでしょう。

仮に、月3万の海外送金手数料という経費が浮いたら、年間で36万。

36万の経費が浮くということは、かなり大きいですよね。

 

2.効果は売上を上げることの数倍に


また仮に、粗利益(売上から仕入を引いた利益)率が30%の物販を営んでいるとしたら、

36万の利益を上げるために120万(36万÷30%)の売上を上げる必要があるわけです。

つまり、経費が36万浮く(36万の利益が出る)ということは、売上にすると120万分の価値がある、と言い換えることができます。

売上の3-4倍の威力ですね。

 

そういう事情から、売上を上げることも極めて重要なのですが、

固定費(仕入以外の経費)を圧縮していくこともかなり重要なことなのです。

 

何か有用な手立てはないか?

くまなく経費を減らすべく、確認してみましょう。

効果は大きいですよ(!)

 

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ