福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 起業・創業時に融資は必要?

2018年8月19日起業・創業時に融資は必要?

「借入って必要なんですかね?」


起業するにあたって、いろいろと悩みは尽きないもの。

設備投資、人材の確保、そもそもビジネスが成り立つのかどうか・・・

一番の悩みは資金面ではないでしょうか?

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら

 

 

1.低金利のこの時代に


そうなんです。

今は言わずと知れた低金利の時代。

福岡市の創業支援融資であれば、1.3%程。

仮に300万借りたとしても、4万程の金利。

今後ビジネスを展開していくにあたって、ひとまず借りておくということは、有用な手であるでしょう。

 

 

2.創業時こそ借入のチャンス!


もう一つ言えることは、当然のことではありますが、

創業の【今】は、経営の実績がありません。

ということは、融資の判断材料がかなり限定されてくるわけです。

逆を言うと、一度でも決算を超えていると、否が応でも決算書をもとに融資をするかどうかの判断がされます。

となると、

創業期である今はまさに借入をするチャンス

なのです。

もちろん、これまでの経歴や自己資金は見られますが、経営状況の実態を見られないということはかなりありがたいこと。

仮に、このタイミングで融資を受けており、その後経営が良くない方に転じたとしても、

その融資を受けた資金が、状況を救ってくれることでしょう。

 

というわけで、私は創業期こそ、積極的に融資を受けるべきであろうと考えます。

あなたの創業への想いを形にするために、お金は最重要な課題であることでしょう。

 

迷われている方は、前向きに融資の検討をされることをお勧めいたします。

 

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ