福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 祖母から教わった【愛】の在り方

2019年7月30日祖母から教わった【愛】の在り方

私事ではありますが、

日曜日に祖母を亡くしました。


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら



一言で祖母のことを表現するならば、
【愛の人】
ということになるでしょうか。

父方の祖母は近くに住んでいたこともあり、
祖父と祖母とは定期的に会っていました(^^)

何も用事もなく訪ねて行くのですが、
そのたびに
「ゆうちゃん、よう来たね~!」
と満面の笑みで迎えてくれたことが、
昨日のことのように思い出されます。


時には近くのサンリブ(スーパー)に連れて行ってくれて

「お母さんと一緒に食べてね。」と、
自分の大好きな牛肉を山ほど買ってくれ、

時にはお小遣いを持たせてくれて、
「お母さんと美味しいものでも食べに行きぃね。」と。

学生時代に訳あって両親が離婚し、

形式的には、もう家族ではなくなった母のことを、
まるで我が子のように想ってくれていたものです。


一方の母も、
離婚した後も祖母にはすごく感謝をしていて、

母方の祖母が亡くなった時には、
この父方の祖母に報告に行きました。

その際は、二人で抱きしめ合い、
「辛かったね。寂しくなるね。」・・・などと、
まるで本当の親子のようにわんわん泣いて、

自分も母方の祖母の死はすごく悲しかった反面、
その二人の姿に気持ちは温かく、
嬉しい気持ちになったものです。

そして、社会人になり、
今度は祖父母孝行をしたいという想いが
以前から強くあったため、

数ヶ月に一度程度ではあったものの、
祖父と祖母を連れ出し、
食事をごちそうさせてもらったり・・・

小さなことですが、
そんなことを愛情表現をしていたなぁ
ということを思い出します(^^)

当時の自分は本当に引っ込み思案で、
食事に行っても
ほとんど何も話していなかった気がするのですが、

祖父も祖母もすごく喜んでくれていたことは
よく伝わってきていました。

まだまだエピソードはたくさんあるのですが、

そんな祖母が
「もう危ないかも・・・」
ということをおばさんから聞き、
土曜日に会いに行ってきました。

数日前から食事がとれなくなり、
本当に骨と皮だけとも言える
痛々しい姿だったのですが、

すやすやと気持ちよさそうに
眠っていました。

長女も一緒に、ひいおばあちゃんに会いに行きました。

「ばあちゃん、ゆうきよ。ひまごも連れてきたよ。」
と顔をさすり、手を握らせてもらった・・・

あの温かさは、
きっと一生忘れることはないでしょう。

かすかに、
「ゆうちゃん、よう来たね~」
と言わんばかりの反応が。

他の人には決してわからないことでしょうが、
孫として、確かに感じました。

そして、明くる日に、

祖母は天国へ旅立ちました。


自分たちを待っててくれたんだろうな。

「ゆうちゃん、よう来たね~。…またね~(^^)」
・・・って。

本当の最後の最後でしたが、
ばあちゃんに会えて本当に良かった。

自分自身も、
こんな【愛のある人】になりたいな
と、心より感じた時間・・・

祖母が、自分の死を通じて、
【愛】という本当の意味と在り方を
教えてくれた気がしてならないのです。

明日から仕事に復帰します。
そして明日は偶然にも7月の最後。

そしてまたまた偶然にも、
その次の日の
8月1日は今の自分がある原点である

師匠との3年振りの再開できる日。

今一度、
根幹に立ち返り、

今の自分の在り方を見つめていきたいと思います。

ばあちゃん、
89年間、本当にお疲れ様。

そして、心から本当にありがとう。

あなたの無償の愛を、
これからしっかりと伝えていきます。

 

 

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ