福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > キャッシュは経営の潤滑油

2019年10月10日キャッシュは経営の潤滑油

■ 「やりたいんだけど、
  どうしてもお金がなくて…」

  といったことは、
  経営をしていて
  少なからずあるもの。

  そんな時、
  泣き寝入りしている
  などということはありませんか?

 

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(旧ブログはこちら




■ これを解決するための
  選択肢として、

  【借入をする】

  ということが考えられます。

  俗に言う【融資】ですね。


■ あなたは、
  借入ということを聞いて
  どのようなことを
  イメージされるでしょうか。

  借金というと、どうしても

  一般的にマイナスなイメージ

  が先行するもの。

  「貸した金返せよ」

  なんていう歌もある位ですから、

  どうしてもイメージ的には
  良くないものではないでしょうか。




■ 経営において、利益や儲け
  というものが重視されがち 
  なのですが、
 
  なんといっても
  お金がないとどうしようもない
  
  わけですよね。

  利益や儲けも大切なのですが、

  最も大切なのは
  
  【ズバリお金】

  なのです。

  お金があれば経営はなんとかなる。

  資金が回るということは、

  【自分の財力を超えた投資】

  をできる状況が作られる
  ということ。


■ 場合によっては、

  事務作業などを任せる
  スタッフの採用、

  事務作業でなくても
  その道の専門分野に
  長けている右腕の確保。

  さらには、
  自分自身の常識を変えるべく、

  自己投資をしてまだ見ぬ未来の世界
  を切り開いていくための
  知見を得るため手段

  となるということに
  繋がることもあるでしょう。


■ よくあることとして、
  多額の設備投資をして
  経営をスタートする

  といったケースがあるのですが、

  この場合、
 
  【その設備投資と同額の
  融資を受ける】

  ということがかなり重要になります。

  すべてを自己資金でまかなおう
  としがちなのですが、

  【自己資金は万一のために
  取っておく】

  という考えがすごく大事。


■ 借入というと、
  上記のようにマイナスのイメージ
  が先行しがちなのですが、

  借入ではなく

  【調達】

  という表現だとどうでしょう。

  経営を健全な方向に
  持っていくため、
  外部からお金を調達する。

  飲食店においては
  材料の調達などと言うと、
  決してマイナスのイメージはないはず。

  借入は、経営を改善するための

  【お金の調達】

  なのです。


■ そして、現在における低金利。

  この少ない金利を払いつつ
  借入ができるという環境

  は、極めてありがたいもの
  と言えるでしょう。

  万一の場合に備えて 
  保険料を払うといったことは、
  一般的にされていることなのですが、

  同じように考えて、

  少ない保険料を払って
  他人のお金を貸してもらう

  というように考えると、

  マイナスのイメージが
  少しでも取り払えるのでは
  ないでしょうか。


■ せっかく、こういった借入という
  制度があるのですから、

  経営面を考えると
  これを活用しないという手は
  ありません。

  「今お金があったらな」
  
  と考えていることが
  あるとしたならば、

  【借入】を選択肢の一つとして
  一度検討されてみては
  いかがでしょうか。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ