福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

092-406-7975

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
092-406-7975

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 下降気味の時にこそとるべき行動とは

2020年2月14日下降気味の時にこそとるべき行動とは

【本日の活動】

・始発で出勤

・確定申告業務爆進中(!)

・夜は一件顧問先とのご面談


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■昨日は連日のオーバーワークにより、
 久しぶりに体が悲鳴をあげました。

 体が悲鳴をあげたといっても
 風邪のような症状はなく、

 頭の芯が重く、
 ただただ疲れ切っているなぁという感じ(汗)。

 そうなるのも当然で、

 毎日かなり早くから出勤し、
 夜は日付が変わるあたりまでひたすら仕事。

 睡眠時間も通常の時期に比べて
 すごく少なかったため、

 体の免疫力も弱ってしまい、
 なんとなく精神的にも不安定になっていた
 今日この頃なのです。

 このままいってしまうと、
 あまり良くない状況になるな
 と思っていた矢先に、

 今回の体の不調。

 体がこのように明確のサインを
 出してくれた時は、むしろ感謝ですね。

 しっかりと自分の体と相談して、
 仕事を進めていきたいものです。


■さて、山があれば谷は来るわけで、

 順調に仕事が進んでいたとしても、

 昨日の私のように急に体の不調等により
 仕事が進まなくなるということが
 どうしてもありますね。

 その他にも、

 仕事が忙しい時期、

 仕事が少ない時期

 など、

 まるで為替相場のように
 日々の生活も波打って流れていきます。

 大切なのは、

 【この波打つ状況に翻弄されないこと】。

 波の流れに逆らおうとすると、

 その波に巻き込まれて
 溺れてしまう可能性もあるのですが、

 むしろその波と友達になり
 上手に過ごすことができるようになると、

 あたかもサーファーのように、

 その波と戯れて楽しく過ごすことが
 できるわけです。


■大切なのは、この

 【サーファー思考】

 山があったら谷がある。  その谷の状態…つまり下降状態の時こそ、  しっかりとした判断力が必要となります。  今回の私で言えば、  とっとと仕事をやめて帰ること。  これをそのままダラダラと   仕事を続けていたとしたら、  体の調子がさらに悪化するだけではなく、  そのような状態で仕事をしても  仕事はそこまで進むことなく  仕事の精度としても  パフォーマンスが低いものとなり、  結果としての成果物が  おろそかなものになってしまう  という可能性が少なからずありますね。 ■さらに言えることは、  そのような状況での仕事は、  何よりストレスになってしまうということ。  仕事が思うように進まない上、  体調が悪い…  このような状況を過ごしてしまうと  なかなか心身ともにきついものなのです。  【下降気味の谷の時期には、  思い切ってこれまで上昇気味の頃に  取っていた行動を一旦ストップすること】。  これが極めて重要です。  谷の時期は谷の時期なりの過ごし方があるもの。  体が疲れていたら休む必要があるわけですし、  仕事が少なくなっている時期とすれば、  そこで焦るわけではなく、  今後の経営展開のことについて  思索を巡らせるべき時期  であるのかもしれません。  また仕事が忙しすぎて家族との絆に  ヒビが入ろうとしている状況だとすれば、  一刻も早くその家族との時間を作ること  が必要でしょう。  その時は仕事が進まず  大変かもしれないのですが、  家族との絆というものは  通常何より大切であることですので、  それがしっかりと深まることにより、  結果として精神衛生上も良いものとなり、  その後に仕事が進むようになるというもの。 ■谷の時期はどうしても気持ち的にも  沈んでしまう時期なのですが、  【谷があれば必ず山が来る】。  そのことだけわかっておけば、  谷が来たとしても、  「後は上るだけ!」  という前向きな気持ちを  持つことができるようになるでしょう。  この谷の時期の過ごし方。  しっかりと意識的に   取り組んでいきたいものですね。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ