福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 確定申告期限が4月16日になりました!(本文の趣旨ではありませんが)

2020年2月27日確定申告期限が4月16日になりました!(本文の趣旨ではありませんが)


【本日の活動】

・今日はほぼ全てのスタッフと
 確定申告に参戦(!)

・確定申告期限延長に、複雑な心境をもつ・・・

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら


■2月も終わりに近づいてきて、
 確定申告業務もいよいよ大詰め。

 …と言いたいところではあるのですが、

 なかなか疑問点が解決していない点が多く、
 今年の確定申告はなかなかの難航気味です。

 といった中、確定申告期限が
 4月16日に延長になったとのこと。

 コロナウィルスはいろいろなことを
 動かしていきますね。

 何はともあれ、
 感染などが最小限にとどまるよう
 願ってやみません。

 税理士のさじ加減ひとつで、確定申告を
 一般的には終わらせることもできる
 面もあるのですが、
 (あってはならないことですが、
 これが現実・・・)

 ここはしっかりと

 【お客様の立場に立って】

 1円たりとも無駄な税金は払ってもらう
 ことのないよう、

 しっかりと取り組んでいきたいものです。

 上記において、

 【一般的には】

 ということを書きましたが、

 一般的というのも極めて曖昧で、

 税理士によってその仕事のスタンスは
 様々であると言えます。

 今日はそのようなことから、
 話を続けていくことにします。


■私は税理士としての仕事柄、

 よく隣接業務の仕事を紹介させていただく
 ことがあるのですが、

 どうしても仕事のスタンスの違いにより、
 到底納得できないことが
 少なからず起こってしまいます。

 以前の記事にも書かせていただきましたが、

 お客様は商品やサービスを買うに当たっての
 意思決定として、

 【二度評価する】

 という面があります。

 一度目は、買う前に

 【この人は本当に大丈夫だろうか】

 と考えること。

 そして二度目は、買った後に

 【この人は本当に大丈夫だっただろうか】

 と評価すること。


■最初の評価については、
 
 【お金を払う前に精一杯吟味する】
 
 ということですね。

 一方、二回目の評価については、

 お金を払った後…言い方を換えれば、

 【身銭を切った後】

 に、このお金を払った相手は、
 
 【本当に自分のために動いてくれているのか】

 というものです。


■ここで先の話に戻るのですが、

 お客様を紹介させていただく段においては、
 その紹介を受けた方は

 【極めて迅速に丁寧に契約等を
 取付けに行かれる】
 
 のですが、

 いざ、契約が決まって
 お客様から定期的にお金をいただける
 ようになった後はと言えば、

 【本当に野放し状態…】

 紹介させていただいた手前、
 このような結果に陥ってしまっていることは、

 大変残念なことながら、少なくないのです。

 私にとっての大切なお客様ですので、

 このようなことは言語道断。

 お客様のさらなる幸せ
 を願っての紹介ですので・・・


■そういった際は、かなり厳しめに
 その旨を紹介させていただいた人に伝えます。

 場合によっては、
 契約を終えてもらうことすら考えることも。

 もちろん、その方との人間関係もあります。

 ただ、第一にすべきことは、

 【お客様の立場に立って】

 お客様が自らの努力により得た収入の中から、
 身銭を切ってその紹介させて
 いただいた方に対して
 
 お金を払っているという状況を
 目に浮かべるということ。

 そのような状況を
 
 【自分がお客様だったらどう思うか】

 と考えた際に、

 当然そのような中途半端な仕事に対して、
 誤解を恐れずに言うならば、

 【正直、本当にいい加減にしてくれ】

 と思ってしまいます。

 
■ですので、

 仕事に関しての人の紹介というものは、
 
 【第一にお客様の立場に立って考え、
 そのお客様が最善の方向に進むための選択】

 をさせていただきます。

 そのようなことから、

 場合によっては紹介させていただいたものの、

 その後の人間関係等はあえて顧みず、
 契約を終えていただくということも
 往々にしてあるわけです。

 この考え方については、

 【例外なくすべての人において言えること】
 
 だと思うのです。


■本当に例外なく、
 すべての人において

 【その人が得る収入の源泉】

 は、それぞれのお客様が汗水たらして
 働いた結果の収入の中から
 いただいているお金であるはず。


 もしそうであるとするならば、

 そのような貴重なお金を
 いただいている身として、

 【精一杯のお客様に対する価値の提供】

 をしなければならないはず。

 そして、お客様にとっての

 【見えざる不満】

 と言うものは、

 この点に根源があるということが
 少なからずあるわけで、

 このことこそ

 【根絶しないといけない第一の問題】

 ではないでしょうか。


■このような記事を認めさせていただきながら、

 私自身も、本当に

 【お客様の立場に立って】

 行動ができているのか

 ということをしっかりと考えていかねば
 ならないなと思っている次第。

 最近、紹介ということにおいて
 このようなことが相次いでいるため、

 少しきつめの文章にはなってしまいましたが、
 あえて書かせていただきました。

 ぜひあなたも、本当の意味で

 【お客様の立場に立って】

 仕事をしていっていただければ
 と思います。

 もちろん私自身も、この記事を認めながら、
 そのような意識をよりいっそう強く持って、
 (自戒を込めて)

 さらに邁進してまいります。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ