福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 餅は餅屋…ということを痛感するここ最近の話

2020年3月12日餅は餅屋…ということを痛感するここ最近の話

【本日の活動】

・顧問先とのご面談2件

・顧問先の決算業務

 

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら




■ここ最近のコロナウィルスのことで、

 どの業種においても
 多少なりとも影響が出てきています。

 売上が停滞してしまう一方で、

 地代家賃や人件費などの支払いは
 容赦なく出て行きます。

 そうなると当然資金繰りも
 厳しくなるわけで、

 これからの時期においては
 もっとその状況が厳しくなる
 ことでしょう。

 最近政府のお達しにより、

 今回のコロナウィルス関係の融資が
 多く周知されています。

 今日はそんな話から
 記事を続けていくことにいたします。


■売上が減少する中で、
 当然のことながら、

 【資金繰りは死活問題】。

 そんな問題に直面しているため、
 
 銀行からの融資は
 喉から手が出るほど欲しいものです。

 さらに、

 政府によって融資枠が
 広げられているため、

 銀行からこのタイミングで

 『借りませんか』

 という提案が
 私の顧問のお客様のもとにも
 続々と来ている状況。

 いろいろなところからお話を聞いていると、

 「コロナウィルスの関係で
 今じゃないと借りることは難しい」

 だとか、

 「今のうちに融資を取り付けておかないと、
 コロナウィルスの融資の枠が
 埋まってしまいます」

 だとか、

 そういったことを言われて、

 融資を申し込むことを
 勧められているようですね。


■ただ知っておいておきたいのは、

 今回の融資は

 【信用保証協会が100%保証してくれるもの】

 であり、

 銀行としては
 もしその融資が貸倒れたしても、
 つまり、回収不能になったとしても、

 【何の痛手も負わない】

 ことになるという事実です。


■つまり、

 融資が通ったとして
 仮にその後の返済が滞ったとしても、

 銀行としては保証協会から
 その滞った分を回収できるわけです。

 その一方、銀行員の方々は、
 融資の成約よって成績も上がってくるため、

 どうしても融資の契約を
 取りに行きたいというところが
 現実としてあります。

 ただ、

 やはり銀行からお金を借りるわけですので、

 かなり戦略的に考えていかないと、

 今回のコロナウィルス関係の融資に
 手を出したばかりに、

 後の融資を受けにくくなってしまう
 可能性も少なからずあります。

 本当にこういったことには、
 注意が必要です。


■そもそもなのですが、

 例えば車を買う際は、


 ハイブリットカーが良いか

 コンパクトカーが良いか

 ミニバンが良いか

 軽自動車が良いか


 …といったことをまず考え、

 その次の段階として、

 どのメーカーの車が良いか、

 ということを考えるでしょう。

 よほどのことがない限り、

 いろいろなタイプの車を自分で比較検討して、
 結果としてメーカーを決める
 のではないでしょうか。

■ただ、今回の銀行の話で言うと、

 一方的に銀行の方から言われた通り、
 融資の契約を進めてしまいがち

 なのです。

 「今しか借りれないんだったら、
 今のうちに借りておこう」

 などと、

 いわば銀行員の言いなりになってしまう。

 言いなりというと言葉悪いのですが、

 そういうケースが言ってみれば
 多くあるというのが事実なのです。


■やはり相手も商売ですので、

 ある程度はそういった意図を持って
 交渉にお見えになるということを
 知っておきたいものですね。

 こういうアンテナを張っておく
 ということは極めて重要であるわけで、

 間違っても

 【相手が提案した通りのことを
 鵜呑みにして契約をしないこと】

 が大切になってきます。

 とは言え、

 ことお金のことになると、

 どうしても免疫がない経営者の方
 が多いので、

 ついつい先方の言われた通りに
 お話を進めてしまう傾向にあります。


■ただ、大切なのは

 【本当の情報】。

 しっかりと

 こういったことに対してアンテナを張り、

 かつ、その道の専門家に見解を聞くこと
 が一番ですね。


 法律のことであれば弁護士、

 税務のことであれば税理士、

 健康のことであれば病院の先生、

 融資のことであれば、融資の専門家、


 などといった具合に、

 間違っても
 自分で判断するのではなく、

 【専門家の知見をしっかり
 お金を払ってでも買いたいところ】

 です。

 自分の知らない領域には、
 知らないことが本当にいっぱい。

 そんな中で、

 その分野の専門家の知見を
 お金を払ってでも買うということは

 結果として

 【時間の短縮、出費の減少】

 にもつながるものです。


■自分で判断する前に、

 「ちょっと待ってよ」

 という思考を
 しっかりと持っておきたいものですね。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ