福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 人間関係 > 物理的な距離と心理的な距離を取ることの重要性

2020年4月29日物理的な距離と心理的な距離を取ることの重要性

【本日の活動】

・顧問先の決算業務

・顧問先の月次業務と面談準備

・家族と家庭菜園

 

こんにちは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

(外部ブログはこちら



■今日は祝日ですので、妻もお休みの日。

 お休みの日とは言え、
 月末でもあり、

 顧問先の決算の業務が立て込んでいるため、

 少し仕事もしながら、
 家族との時間も作っていきます。

 早速今朝は人の少ない早い時間に
 ホームセンターに出かけ、

 家庭菜園の準備のため、
 買い出しに行ってきました。

 にんじんやハツカ大根、きゅうり、
 また、朝顔などのお花もみんなで買い揃え、

 今日の午後あたりから、
 種を植えていく予定。

 こうしたゆっくりした時間に、

 本来の自然と触れ合うことができる時間
 というものはすごく貴重だなと

 思っているところです。


■今日は久しぶりに外出をしたのですが、

 やはりお店側も工夫をしているようで、

 レジのところにビニールを作り、
 ウィルスが感染しないように…
 といろいろな方法をとっているようです。

 そして店内のアナウンスとして、

 「ソーシャルディスタンスを
 しっかりととって、
 なるべく人と人同士が近づかないように
 しましょう。」

 ということが言われていました。

 確かに、特にレジの前などは
 人と人とが近づきがちであるため、

 意識的に距離を取っておくように
 していかなければなりません。


■話は変わるのですが、

 このようなご時世においても、
 (いや、このようなご時世だからでしょうか…)

 営業の電話が頻繁にかかってきます。

 チラシをまくことは、
 場合によってはウィルス感染の
 危険性もありますので、

 電話であれば…ということなのかもしれません。

 基本的に(…と言うよりほぼ全てですが)、
 電話での営業は、
 丁重にお断りさせていただいています。

 電話での営業にも
 本当にいろいろなタイプの人がいて、

 特にこちらの方がしんどく感じてしまうのが、
 一方的に(興味もないのに(汗))、
 その営業の方の商品やサービスの説明を
 マシンガンのごとく、聞かされること。

 見ず知らずの人から、
 急に電話を受けて、

 一方的にそのような話を聞かされたとしても、

 正直って何の興味も湧きませんし、
 決して気持ちの良いものではありません。

 
■営業と言えども、

 結局のところは人と人との関係なので、

 やはりまず

 【信頼関係を作っていく】

 ということが何より重要であるはず。

 信頼関係がない状況で、
 一方的に話をされても…

 ということですね。

 電話からのスタートだとどうしても難しいこと
 ではあるのかもしれませんが、

 営業において大切なことは、

 【まず徹底的に相手の話を聞くこと】

 です。

 人は本質的に話を聞いてほしいということが
 一般的ですので、

 相手に話してもらい、
 信頼関係を作った後に

 最後の最後で商品やサービスの説明をする

 という流れの方が、

 少なからず成約につながる可能性が増える
 のではないでしょうか。




■新型コロナウィルスの影響により、

 【ソーシャルディスタンス】

 という言葉を
 頻繁に耳にするようになりましたが、

 営業においては

 【マーケティングディスタンス(造語ですが…)
 をしっかりと取っていくこと】

 が極めて重要であると言えます。

 マーケティングにおいて重要なのは、

 売ることではなく、

 【どうやったら買えるのですか?】

 ということをお客様に言わしめること

 であると思います。

 このような時期であるからこそ、

 しっかりと自らの営業はもちろんのこと、

 人とのコミュニケーションの取り方を
 考えていきたいものですね。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ