福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 微粒子企業のお金の残し方

2020年5月14日微粒子企業のお金の残し方

こんばんは。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================

■「えー!タダなんですか!?」

 世の中にはお金のことで知って得すること、
 知らないで損することは意外と多いもの。

 上のセリフは、

 知り合いの弁護士さんとの会話の一幕。

 弁護士は、
 事件を依頼された依頼者の方などに会うため、
 車を使うことがよくあるんですよね。

 そのために自分の車ではなく、
 タイムズのカーシェアリングを使っている
 とのことを聞かせていただいたのです。

 
■タイムズのカーシェアリングは
 とても使い勝手が良く、

 福岡市内には本当に多くのステーションがあり、
 ちょい乗りにはすごくオススメですね。

 車の年間維持費を考えても、

 車検や、自動車保険、自動車税、
 ガソリン代、駐車場代…
 いろいろな種類の維持費がかかってきます。

 積み重ねると、支払い額は
 本当に大きくなりますよね。

 もしあなたも車を使っているとしたら、
 実際に一年間にかかっている経費を
 計算してみると良いですよ。
 …ちょいと嫌な気持ちになるかもしれませんが。


■さて、そのように車を持っていると
 かなりのランニングコストが
 かかってくるため、

 場合によっては、

 タイムズなどのカーシェアリングを
 利用することにより、

 車に使った年間でのトータルの支出
 を考えると、
 かなり支払いを抑えることが
 できるものなのです。

 ちなみに、

 法人が持っている車であれば、
 車に関する経費は全額経費になります。

 ただし、
 個人事業主やフリーランスの方が
 使っている車は、
 原則として全額経費にはなりません。

 個人事業主は、
 個人である側面と、
 事業者としての側面との
 両方の面があるため、

 その個人である部分については
 経費として認めてもらえない

 ということなんですね。

 よく自己負担、自己否認、家事負担分などと
 表現されますが、

 しっかりとこのプライベート分を
 経費から抜いておかないと、

 ほぼ間違いなく税務調査で指摘されます。

 個人事業主の方は、
 この点にはくれぐれも注意しましょう。


■さて、ここで冒頭の弁護士さんの
 セリフに戻るのですが、

 タイムズのカーシェアリングは、

 個人での利用は月額880円なのですが、
 法人での利用は月額0円となります。

 個人には個人事業主も含まれます。

 税理士である私も、
 現在は個人事業主であるため、

 個人での利用として月額880円が
 かかってくるはずなのですが、

 なんと私は0円で利用しているのです。

 どういうカラクリかと言うと、

 弁護士や税理士、社会保険労務士、
 行政書士、中小企業診断士などという
 いわゆる『士業』と呼ばれる方については、

 【たとえ個人事業であっても
 法人とみなしてくれる】

 というのが

 タイムズのルールとしてあるようなのです。
 (なぜかはわかりません(汗)。)

 
■タイムズはほんの一例なのですが、

 世の中には本当に知って得すること、
 知らないで損することが多いんですよね。

 個人事業主で、
 ある程度税金が出ている方については、

 月々の積み立てをするだけで
 税金が下がる仕組みがあったり、

 法人の方であれば、

 出張するために無税(つまりタダ)で
 現金をもらえたり、
 自分の自宅家賃を経費化できたり、
 賞与の支払い方一つで
 社会保険料を大きく節約できたり…

 本当にいろいろなことがあります。

■ビジネスが大きくなってくればくるほど、  しっかりと考えた上で  お金を使ったり、節税のことを  考えたりしていくことにより、  最終的に手元に残るお金は  大きく変わってくるもの。  これからこの記事の中で、  そういった点についても触れていきたい  と思いますので、  もしよろしければ、  引き続きお楽しみくださいね。 --------------------  《本日の微粒子企業の心構え》 ・自らのお金の常識は常に疑うべし。  意外と知らずに損していることがあるもの。 ・個人事業主には個人と事業主の両側面が  あるため、経費化する際は  事業主分だけを経費化するべし。 ・個人事業主、法人の経営者は、  それぞれ最大限できることをして、  手元に残るお金を多くしていくべし。  大切なのは、儲けではなく、  【手元に残る現金】である。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ