福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【専門性×〇〇】で勝ち抜く、微粒子企業の戦略とは

2020年5月19日【専門性×〇〇】で勝ち抜く、微粒子企業の戦略とは

こんばんは。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■最近の次女は、
 文字を書くことにすごくハマっている様子。

 よく私のところに
 自分で書いた手紙を持ってきてくれて、
 嬉しそうにしています(^^)

 その手紙の中に必ず書いていること。

 それは、

 「ほねおらないようにね」

 ということ(汗)。

 というのも、

 約2年半前に三女を抱っこしたまま
 肘から転んで、肩甲骨を骨折。

 約1年半前に、
 出かけた先でブロックにつまずき、
 肋骨を骨折。

 じゃあ今年は…ということで、

 次女は心配で心配で
 たまらない様子なのです(笑)。

 心配している次女なのですが、
 それ以上に私自身が自分の骨のことを
 案じています…

 だって、2年前、1年前…ときたら、
 今年はどこが折れるのだろう
 と思っちゃいますよね(汗)。

 戦々恐々ですよ…自分の骨のことで…

 ただ、この負のスパイラルについては、

 私の母が背中を圧迫骨折したことにより、
 解決しました。
 (母、ごめん…)

 あ、今は結構回復してきていて
 母は元気満々です(^^)

 そんな状況で、私自身が日々の生活の中で、

 転ばないように、転ばないように、

 子どもたちにも、

 「お父さんが通る道に
 物を置かないようにね(汗)」

 と、お願いするほど(汗)。

 そんな私の不安な想いが
 次女にはビシッ!と
 伝わっている(伝わってしまった?)のでしょう。

 手紙には、必ず、

 「ほねおらないようにね」

 との一文。

 私の真剣な想いが伝わり、
 本気で心配してくれているのです(笑)。


■さて、つい先日のことなのですが、

 今回の確定申告で私との契約を
 決めてくださった東京の方が、

 ご自身のブログに私のことを
 紹介してくださいました。

 こちらが、そのブログ。
 
 【僕と妻の賃貸併用体験記・確定申告②勉強】 http://kandkheiyoucolumn.info/%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%94%B3%E5%91%8A%E2%91%A1%E5%8B%89%E5%BC%B7/

 【僕と妻の賃貸併用体験記・確定申告③税理士探し】
 http://kandkheiyoucolumn.info/%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%94%B3%E5%91%8A%E2%91%A2%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB%E6%8E%A2%E3%81%97/

 賃貸併用住宅を取得され、

 その経緯について、

 そしてその経営について、 

 臨場感のあるブログを書かれていますので、
 ぜひご覧くださいませ(^^)

 その方との直接のやり取りの中でも、

 今回契約を決めていただいた理由を
 聞かせていただいたのですが、

 出会いのきっかけは、

 【私が販売している動画講座】

 を購入していただいたこと。
 →https://www.udemy.com/course/totalkakutei/?couponCode=CD724306BCD7ABD03BFD

 そこから私のホームページをご覧いただいて、

 そのプロフィールを読む中で、

 【私の想いに共感していただいた】

 とのことでした。

 




■この

 【想い】

 という部分は、 

 私がご一緒に仕事をさせていただく中で、
 最も重視しているポイント。

 ただ、事務的に税理士の仕事を
 するわけではなく、

 私自身が

 【こうありたい!】

 という想いを持っていて、

 そこに共感してくださる方との
 ご縁をいただき、

 その想いが共鳴しあい、
 高まっていく中で、信用が生まれ、

 お客様と心底信頼し合うことのできる
 関係で居続けること

 というのが、

 私の一番大切にしていることなのです。

 そのような私の想いに、

 実際にホームページまでご覧いただいて
 共感していただいたということが、

 すごく嬉しかったですね。

 東京ですので、

 税理士はゴマンといるはず。

 その中で、

 福岡の私を選んでいただいた
 ということなのです。


■いろいろお話をしていくと、

 その方も私と同じように、
 家族の大切さや夫婦のあり方を重視していて、

 『夫婦は共同経営者である』という私の表現にも

 共感して下さったとのことでした。

 ここに、

 【微粒子企業の生き方】

 が見て取れます。

 それなりに名の知れた、
 スタッフも多くいる税理士事務所だと、

 他の事務所に対抗するため、
 料金を値下げして勝負に出る

 ということが可能でしょう。

 ただ、我々は吹けば飛ぶような
 (表現は本当に悪いですが…)
 微粒子企業。

 【大きな企業は大きな企業のルールがあり、
 微粒子企業は微粒子企業なりのルールがある】

 ということです。

 微粒子企業として生き残っていくためには、

 極端に言えば、
 (以前の記事にも書かせていただいたように)

 【上場企業と全く逆の方向を考えること】

 が重要であると言えます。

 今回で言えば、値下げをするのではなく、

 【あえて値上げをする】

 こと。

 値上げまでは難しかったとしても、

 【同業他社を下回るような価格設定には
 絶対にしてはいけない】

 ということです。

 ちなみに、

 今回私のことをご紹介いただいている
 東京のNさんのブログにも、

 私の料金が高かったことが
 書かれています(笑)。

 かく言う私も、

 料金については本当に試行錯誤して
 今の状態に至っています。

 …多分、相場よりは少し高めかな?


■微粒子企業が生き残っていくためには、

 今回ご契約を決めていただいた方にも
 見られるように、

 ただ税理士として勝負しているようでは
 勝ち目はなく、

 そこに(今回で言えば)
 想いが加わることにより、

 【オンリーワンとしての存在が浮き出てくる】

 わけです。

 オンリーワンと言うと
 特別なイメージがあるかもしれませんが、

 人は誰しも、

 それぞれがそれぞれの人生の経験
 を積んできており、

 それは本当に十人十色ですよね。

 自分の専門職で売り出していくのは
 簡単なのですが(何も考えなくて良いから)、

 これだけでは、どうしても成約には至らず、

 この専門職と自分自身のカラーを
 重ね合わせることで、初めて

 【自分にしかない魅力】

 が生まれ、

 それを適切に伝えることにより、
 契約が決まっていくというもの。

 油断すると、

 どうしても値下げ値下げという方向に
 進んでしまいがちなので、要注意です。


■繰り返しますが、

 値下げするのは簡単なんです。

 「安いから、買ってください!」

 と言うだけですので。

 ただ、

 『本当にこれで良いのか?』

 という話ですよね。

 極端な話、単価を半分にしたばかりに、
 通常の2倍売らないといけない。

 人件費を同じように払うとすれば、
 スタッフに2倍仕事をしてもらわないと
 いけない。

 このように値下げすることは、

 【全てが疲弊してしまう結果】

 につながってしまうもの。


■【専門性とあなた独自のカラーの掛け合わせ】。

 これを意識するだけで、

 同業他社に抜きん出る存在に
 なり得るものです。

 このテーマについては、
 本当に言いたいことが満載なのですが、

 結構長文になっているため(汗)、
 今日はこの位にしておきたいと思います。




 さて、来年は

 
 どの骨が、


 誰の骨が


 …折れるのでしょうか…



全くもって、

自分の弱々しい骨に骨骨(惚れ惚れの意)

してしまいますね(汗)。




次女への想いを伝えすぎないように(汗)、

これからは気をつけたいと思います。

-------------------- 


《本日の微粒子企業の心構え》

・見込み客の方と想いを共感することができれば、
 値段は関係なくなる。
 そして、お互い気持ちよく仕事ができる。

・値下げは『大きな会社』が持つ武器。
 『微粒子企業』は【自分自身のカラー】を
 武器にすべし。

・【専門性×あなた独自のカラー】で
 ぶち抜ける存在に!
 そのことこそが、お客様に対する
 【真の貢献】である。

-------------------- 


今日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ