福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 未分類 > 法人と個人事業主の違い〜給料編〜

2020年6月24日法人と個人事業主の違い〜給料編〜

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■昨日は顧問のお客様からのご紹介により、

 東京のはじめての方と
 ZOOMにてお話をさせていただきました。

 内容としては

 個人事業主の方の税務相談だったのですが、
 お話は個人事業主と法人の違い
 についてと発展していくことに。

 そこで今日は、

 個人事業主と法人の違いでも
 よく話題にのぼる

 【給料】

 のことついて
 お話ししていきたいと思います。


■この個人事業主と法人の違いで
 最も特徴的というのはこの給料の取り扱い。

 簡単に言えば

 個人事業主はジャイアン。

 オレの金はオレのもの。

 会社の金もオレのもの。

 というわけなんです。

 つまり、

 個人事業主は当然プライベートなお金は
 自分のものとなるのですが、

 事業で儲かったお金も
 自分のものになるんですよね。

 その一方、法人はと言えば、

 これはジャイアン的な状況とは異なり、

 オレの金はオレのもの。

 つまりプライベートなお金は
 当然代表者個人のものなのですが、

 会社の金は会社のもの。

 つまり法人で儲かったお金は、
 法人のものに過ぎないわけです。

 法人のものに過ぎないわけですので、

 勝手に代表者の都合の良いように
 使うことができないということなんですね。

 法人のものなので、
 法人の経費などの支払いにしか
 使うことができない。


■とするならば、

 どうやって代表者個人に
 お金を移していくのか

 ということになりますよね。

 そこで、

 【給料】

 という考えが出てくるわけです。

 つまり、会社で儲けたお金の中から、

 その代表である自分に対して
 その法人から給料としてお金を払う
 ことにより、

 法人から個人にお金を移す
 大義名分が備わるということ。

 逆に言えば、

 給料としてしか法人から代表者個人に
 お金を移すことが(原則として)
 できないんですね。

 このことは、 

 法人を作って経営をしていくにあたり、
 まずベースの考えとなるすごく大切なこと
 ですので、

 しっかりと覚えておきましょう。


■『自分の法人だから』と言って、
 むやみやたらとお金を使っていては、

 そのお金の勝手な使い具合が

 『貸借対照表』という外部に提出する
 書類に表れ、

 それがその外部からの信用に
 大きな損害をもたらすことになります。

 数字は正直なんです。

 しっかりと、  法人には法人のルールがある  ということを知り、  そのルールに基づいた経営  をしていきたいものですね。  この法人から払う代表者個人への給料は、  法人の経費になります。  もちろん代表者個人は  この法人から給料をもらうため、  『給与所得』という  給料を得ることにより  儲けが出てくるわけですので、  そこに税金や社会保険料がかかってきます。  税務面で法人か個人事業主かの  判断をする際には、  この点に注意して  どちらが有利かを考えていき、  上手にその選択をしていく  ことになりますね。  給料についてはいろいろな角度での  話がありますが、  今日は概要としてこの辺で(^^) --------------------  《本日の微粒子企業の心構え》 ・個人事業と法人の決定的な違いは、  給料のとらえ方。  個人事業主が自分に給料を払っても、   それはただお金を移動したに過ぎず、  法人が自分に給料を払うと、それは  経費になり、自分個人には税金などが  かかってくる。 ・この給料の払い方により、税金や社会保険料  が大きく変わってくる。  逆を言えば、戦略的に個人か法人かを決める  ことにより、結果として大きな節税に   なることも。 ・法人はそれなりの覚悟を持ってやるべし。  法人は自分でない『他人』であるため、  そこまで自由に利用できるものでない。 --------------------  今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ