福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > クラウド会計についてのお話

2020年6月22日クラウド会計についてのお話

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■今日からまた一週間のスタートですね。

 一週間のスタートは、
 福岡においては雲も少なく、
 良い天気から始まりそうな感じ。

 ということで、今日は雲つながりで
 (かなり強引ですが…)、
 今のトレンドである

 【クラウド会計】

 のことについて
 お話ししていきたいと思います。


■私の顧問のお客様の会計の入力は、

 【9割型がクラウド会計】

 です。

 残りの1割のお客様については、
 年一度の単発の契約であったりという事情から、

 会計ソフトにかかる経費面を考慮して、
 クラウド会計ではなく、
 買い切り型の弥生会計を利用しています。

 では簡単に、

 クラウド会計のことについてお話しましょう。

 クラウド会計のメリットは、

 一言で言えば、

 【会計の入力が自動化される】

 ということ。

 もちろん完全に全てが自動化というわけには
 いかないのですが、

 現状においては、

 かなりの入力業務を自動化することが
 できています。

 具体的に言えば、 

 ・インターネットバンキングを使っている
  普通預金のデータ

 ・クレジットカードのデータ

 ・売上でPayPalやスクエアといった
  クレジットカード決済のシステムを
  利用している状況だと、
  そのクレジット売上のデータ

 ・交通系ICカードのデータ

 ・スターバックスカードなどの
  電子マネーのデータ

 こういったものが、

 インターネットを通じて
 自動的にデータを取り込むことができ、

 これを一定のルールに従って
 人工知能に覚えさせることにより、

 自動的に会計の入力を
 クラウド会計がしてくれる

 というわけなんですよね。

■当然のことながら、  覚えさせ方にも決まりごとがあり、  その決まりごと通りに覚えさせないと、  せっかくのクラウド会計の  学習機能が活かせないことになります。  ただ、逆を言えば、  この学習機能を有効利用することにより、  かなり精度の高い会計のデータが  仕上がってくるんです。  時を重ねれば重ねるほど、  人工知能は学習を進めていきますので、  次第に会計が自動化されてくる  というようなイメージ。  以前の記事にも書かせていただいた  かもしれませんが、  おそらく、買い切り型の弥生会計  を使っていたことに比べ、  こういったインターネットを通じての取引が  自動取得できているお客様に関しては、  会計入力に費やす時間が  従来の半分ぐらいになっている  ケースもあります。 ■会計を入力して、  儲かっているかどうかを把握することは    経営においてはすごく重要なこと  ではあるのですが、  この会計の入力をしている時間  そのものに関しては、  何ら生産性のある仕事ではなく、  できるだけ少ない時間で  進めていく必要があるでしょう。  税理士の私から言うのも切ないこと  なのですが、  経理の時間は経営者にとって、  結構無駄な時間ですもんね… (汗)。  従来の半分の時間で経理が終わる。  …ということから考えると、  最初は逆に設定などに時間がかかる  かもしれませんが、  クラウド会計で入力することに対して、  着手が早ければ早いほど、  圧倒的に大きな時間短縮につながることは  間違いなしです。 ■もし今あなたが買い切り型のソフトを  使っているのであれば、  なるべく早い段階でクラウド会計に  移行されてみてはいかがでしょうか。  会計のことに関して言えば、  ある程度時流に乗っていくということも  大切なことなんです(^^) --------------------  《本日の微粒子企業の心構え》 ・クラウド会計で、従来の経理に費やす時間を  半分にすることができることも。 ・微粒子企業にとって、時間は命。  経理のいわば無駄な時間は極力排除し、  できるだけ早期にクラウド会計に移るべし。 ・クラウド会計への移行を機に、  インターネットを通じて取引を取得できる   お金の使い方をしてみよう。  経費の支払いをクレジットにするなどをして  なるべく現金を使うことを減らしていけば、  クラウド会計のメリットを多く享受できる。 --------------------  今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ