福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 未分類 > 私が破竹の勢いで【時間管理を徹底させる】理由とは

2020年7月3日私が破竹の勢いで【時間管理を徹底させる】理由とは

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■福岡では、今日は久しぶりの雨模様。

 雨であるにもかかわらず、
 今日は久しぶりのリアルでの
 ご面談が2件ほどあります。

 一件は午後のご面談。

 もう一件は、
 ご面談を兼ねて夜にお会いして、

 そのまま夕食を共にさせていただきます。

 ZOOMでの面談は便利ではあるのですが、

 やはり定期的にリアルで
 顔と顔を合わせる時間は
 私の中ではすごく大切なことであり、

 これからも(そのご時世にはよりますが)

 適度に、適切に直接お会いする
 という時間を作りたいものです。


■とは言え、

 このように直接お会いするのにも、

 多かれ少なかれ会場までの
 距離がありますので、

 それなりのまとまった時間が
 必要になります。

 今日の午後のご面談は、
 地下鉄で移動しておそらく片道20分ほど

 でしょうか。

 その前に身支度を整えたり、

 帰りも家に帰って一息ついたりする
 (一息ついてしまう(汗))時間を考えると、

 やはり移動時間として往復で
 1時間から1時間半ほど見る必要があります。

 もちろん、
 それに加えて面談の時間があります(^^)


■そうまでして、

 なぜリアルでの対面をするかと言えば、

 それはやはり私がお客様はもちろんのこと、
 人と直接顔を合わせて話すことが大好きであり、

 これがなくなってしまうと、
 何のために仕事をしているのか
 わからない状況になってしまうほどなんです。

 特に(私自身がそうなのですが)、

 経営者は孤独な存在であり、

 経営者である自分自身が
 どんなことをしようとも、

 (基本的に)誰も注意をしてくれません。

 そういった周りの目がないから、

 (よくない意味で)
 時間を自由に使い、

 ダラけてしまい、

 サボってしまい、

 やるべきことをどんどん先送りにしてしまう。

 そんなことになってしまうわけです。


■ただ、ひと度人に会うことになると、

 (良い意味で)強制的に、

 自分の行動が一旦リセットされ、

 ある程度は

 【背筋を正しての行動】

 が可能になるもの。

 私自身がもちろんそうであることもありますが、

 おそらく特に自分一人でいらっしゃる
 経営者のお客様に関しても
 同じことが言えるのではないかと思うんです。

 そんな中で、私と会っていただくことにより

 少しでもその姿勢が良い方向にリセットされ、

 それに加えて私と話していただくことにより、

 税務や会計のヒントをつかんでいただいたり、

 場合によっては経営の打開策などの
 着想を得ることに繋げていただいたり、

 こんな風に
 前向きにお客様が変わって下さることが、

 私にとってすごくすごく嬉しいこと
 なんですよね。

 このお互いの意識がガチッ!と
 噛み合った瞬間が

 これまた何とも言えない爽快感に
 包まれます。

 こんな感覚が、私は大好きなんです(^^)

 
■そしてここからが今日のテーマ(汗)。
 (長くなりすみません…)

 先にも述べてきたように、

 こういったリアルでの対面をしようとなると、
 ある程度のまとまった時間が必要になります。

 このある程度のまとまった時間を
 確保するためには、

 当然のことながら、

 自分自身の時間に余裕があること
 が必要になりますよね。

 逆に言えば、

 時間さえあれば、
 経営者である自分自身の進みたい方向に
 どんどん進んで行くことができるわけで、

 その進む中で色々と失敗もあるでしょうが、

 その失敗はうまくいかない方法を知ること
 に繋がり、

 それが増えれば増えるほど
 ドンドンと成功に近づいていくもの。

 つまり、

 【しっかりと時間を確保していくこと】

 が、すごく重要なんですよね。

 




■その中で、以前の記事でも
 再三書かせていただいているように、

 経営者であるあなた自身でなくとも
 やることができる、いわゆる

 【『仕事』ではなく『作業』にあたるもの】

 に関しては、

 極力自分でやることを避けるべきなんです。

 このことは、
 6月7月においての私の重要テーマ。

 7月の半ばあたりに、
 時間の徹底的な効率化を極め、

 経営者としての時間をふんだんに
 確保していこうとしているところ。

 新型コロナウィルスの影響もあり、
 私の収入も減少していることから、
 金融機関からの融資も検討しており、

 その融資を財源として、
 その作業的な部分を
 信頼できる人にどんどんお任せしよう

 としているところなんです。

 まだ試行段階なので、
 やっていることの公言はできないのですが、

 これがうまくいけば、
 圧倒的な時間の圧縮につながり、

 この圧縮された時間が、
 さらにお客様に対する価値の提供をすることが
 できる時間へと変わっていきます。

 ここからがようやく、
 経営者である私自身の仕事なんです。


■あなたが今やっているいわゆる

 『作業』と言われるもの。

 この作業をしている時間がなくなったとしたら、

 経営者としての本来の仕事…

 つまり

 【思索をすること】

 に費やす時間が生まれてきます。

 経営者たるもの、

 既存のお客様はもちろんのこと、
 まだ見ぬ見込みのお客様に対しても、

 【どのようにその幸せに寄与していくか】

 ということをしっかりと考えて、
 その方針を定めていきたいものです。

 考える時間は、結構大変なもので、

 考えないことが習慣化されてしまうと、
 考えることが極めて億劫になってしまいます。

 そして私自身がそうだったのですが、

 『作業』をしていることを

 【考える時間がない】

 という言い訳にしているなどということは
 ないでしょうか。

 なかなか自分と向き合うことは
 心苦しいものですが、

 この下半期がスタートした
 このタイミングだからこそ、
 しっかりと考えて、

 気持ち良く、機嫌良く、
 経営に邁進していただきたいものです。

 …と、私自身に対する自戒と鼓舞も込めて(笑)、

 今日の記事を書かせていただきました(^^)

-------------------- 


《本日の微粒子企業の心構え》

・思索をする経営者本来の時間をいかにして
 生み出すか。そのためには『作業』を極力、
 もっと言えば、『全て』なくすべし。

・考え抜いて失敗した数だけ、
 『うまくいかない方法』を学ぶことができ、
 圧倒的な量でこのサイクルを回すことにより 
 より早く成功へと近づくことができる。

・上記のことは『時間』がないとやれないこと。
 そのために圧倒的なタイムマネジメントを
 施すべきであり、
 時間管理を極めていくべきである。

-------------------- 


今日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ