福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 今こそ考えたい【真の営業】とは

2021年9月23日今こそ考えたい【真の営業】とは

■ここ最近は、


 リアルの交流会が少なくなってきたため、
 新たな出会いが少なくなってまいりましたが、

 私自身開業当初は相当数の交流会などに参加してきました。

 その中でいろいろな業種の方とお会いしてきたわけですが、

 やはり税理士と業務が近い分野として
 『生命保険』や『資産運用』などといった業界の方と
 ご縁をいただくことが多くありました。

 その他にも助成金や補助金の申請業務、融資の取り付け業務など…

 そういった金融関係の分野において
 やはり繋がりが多くなってくるんですね。


■その中で、


 その名刺交換後は、私にとっては相当大変な
 営業攻撃(?)に遭っていました(汗)。

 私は開業当初、経営者としては素人中の素人でしたので、
 その営業が単に「迷惑だな…」と思っていたものですが、

 現在においては、

 「何とももったいない営業の仕方だよな…」

 と客観視してしまうことがあります。

 少なからぬそういった営業の場合、

 【ターゲットを私自身に絞り込んでいる】

 状況なんですね。


■どういうことかと言えば、


 【私自身を一人の新規顧客と見て営業をしている】

 という状況。

 もちろんそれはそれで営業としては良いのでしょうが、

 税理士という職業は、経営者との繋がりも多いものなので、

 【もしその税理士を通じて経営者との
 縁ができるとしたらどうだろう】

 と考えはしないでしょうか。

 そうなると、私を『新規顧客』と考えるのではなく、

 どちらかと言えば『パートナー』的な存在として考え、

 【何かしらそのパートナーとして
 経営者の方を紹介してもらえないだろうか】

 という思考の方が得策であるように
 思ってならないわけです。

 そうなると、ごまんといるそういった業界の営業パーソンの中で
 自分を選んでもらうためには、

 【何としてでも相手に自分の存在を覚えてもらう】

 ということが必要なのではないでしょうか。


■少し角度を変えてみるのですが、


 往々にして営業をして来られる方は、

 【自社の商品やサービスを全力でアピール】

 されてきます。

 まぁ、営業ですので当然と言えば当然かも
 しれないのですが、本当にそうでしょうか。

 【そもそも何の興味もない…というより
 当人にとって何の認知もない人からのそういった営業的なアプローチにより、
 本当に興味が湧くのか】

 ということだと思うんです。

 往々にして、決してそうではなく、
 むしろ嫌悪感に変わってしまうのではないでしょうか…


■逆に、


 もし営業の方が、商品やサービスのことをあえて話さずに、

 もっと人間味のある視点で、
 対『人』としてその情報のやりとりを試みられたとしたらどうでしょうか

 ということなんですね。

 人同士の初対面の『何気ない会話』というか…そんなところ。

 商売の基本はやはり

 【人と人】

 であり、その大前提に立った際に、

 【第一に商品やサービスを猛烈にアピールする】

 という姿勢自体が誤っているような気がしてなりません。

 もちろん、  【マーケティングや集客などのことを学び、  それ相応の表現によって相手の興味を引く】  ということも考えられるわけですが、  そのような営業は全体の数%ではないかと思っているところ。  そのような営業に触れるたび、  「何とももったいないな…」  と思ってしまうというところです。 ■念のため申し添えておきますが、  この記事を読まれたからといって、  猛烈に人間味のある営業をされたとしても、  私は対応しかねますので、ご容赦を(滝汗)…  上記のことは私が感じている感情として  書かせていただいたことであり、  何かしらの参考になればと思った  までのことです(同滝汗)。   ■『営業』という簡単な一言でも、    その解釈は本当に十人十色であるように感じます。  まずは  【対人間同士としての付き合い】  からスタートしていくのが、  我々微粒子起業家としての姿勢であった方が  良いのかな、という気がするところです(^^)。 ■大切なのは  【相手の立場に立って考える】  ということ。  もしあなたが相手の立場に立って考えた際に、  不快な思いをするのはどんなことでしょうか。  また逆に、好感度が持てるような対応とは  どんなものでしょうか。  そういった体位を入れ替えて、  (幽体離脱のごとく、極力相手の方に  なりきった状態で、)  『相手の立場に立って』考えることにより、  思いもよらぬ営業の仕方が見えてくるのかもしれませんね(^^)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・営業に触れるにあたり、  「何とももったいないな…」  と感じてしまうことが少なからずあるもの。 ・『営業』のその先に  【どういった未来が展開し、その未来の実現のためには、  どのように見込み客にアプローチしていくか】  と考えることは極めて重要であると言える。  そのように考えると、  第一に商品やサービスのアピールをする  という選択肢は取りにくくなるもの   ではないだろうか。 ・商売の基本は、  【相手の立場に立って物事を考える】  ということ。  言葉にすると簡単ではあるものの、イメージとして、  【相手と体位を入れ替えて、しっかりと自分自身が
 相手になったとしたところで考える】  という姿勢により、  思わぬ突破口が見えてくることが多少なりともあるものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ