福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【労使の対立】に終止符を打つには・・・

2021年9月29日【労使の対立】に終止符を打つには・・・

■よく耳に入ってくるニュースとして

 【経営においての労使間の対立】

 といったことが少なからずありますね。

 そもそも、『人と人との関係』により
 労使関係が成立しているはずなのに、

 そのような形で対立をしてしまう
 というのは一体どういったことが
 原因なのでしょうか。

 それは上述したように、ひとえに

 【人と人との関係にある】

 ように思ってなりません。

 結局のところ究極を言えば、

 【人と人との関係がうまくいっていないから
 そういった対立が生まれる】

 というもので、その要因には
 いろいろな要素があるのでしょうが、
 根底の部分としては、

 【お互いの信頼関係が成立しているかどうか】

 ではないかと思っているところ。


■そんな中で、


 経営者から見た従業員を
 『モンスター』と称してみたり、

 逆に従業員から経営者側に対しては
 『社畜のように』
 という表現をしてみたり…

 どうしても上下関係や信頼関係の欠損から
 そういった対立が生まれてくるように
 思うわけです。

 こういった対立を避けるためには
 どうすれば良いのでしょうか。

 その最も的確な方法としては、

 【経営者と労働者が
 それぞれ少しずつ歩み寄っていくこと】

 ではないかと思う次第です。


■結局のところ、


 【経営者は労働者の気持ちを分かり切れてない】

 と言え、

 【労働者は経営者の気持ちを分かりきれていない】

 と言えるのではないかと。

 そのように考えると、経営者は、

 【より労働者の気持ちや考えをしっかりとヒアリングし、
 その方向性を共有していくこと】

 が重要かもしれませんし、

 労働者は、

 【経営者がどのように考えているか】

 ということを知ろうとする
 努力も必要なのかもしれません。


■『努力』とは言うものの、


 現実面で

 【労働者側が経営者に歩み寄っていく】

 というのは案外難しいもの。

 そうなると、社内の体制として、
 
 【歩み寄りやすい関係性を構築する】

 ということが重要なのではないかと
 思うわけですね。

 「労働者は経営者の気持ちが分からない」
 という経営者の言い分に対しては、

 【労働者側が、例えば社内外問わず、
 実際の経営を体験できるといった
 環境を整備する】

 ということが考えられ得る
 かもしれませんし、

 逆に、

 「経営者が労働者の気持ちを分からない」
 ということであれば、

 【定期的に経営者が現場に降りていき、
 その労働者の不安や不満、
 労働環境の不十分な点などという
 あらゆる『不』把握して、その『不』を
 取り除くべく、対話を進めていく】

 といったことが重要なのかもしれません。


■いずれにせよ大切なのは、


 【人と人との関係性】

 ではないかと思っている次第。

 双方に敵対するのではなく、

 【しっかりとある種家族のように、
 『人と人との繋がり』を重視した
 相手を尊重した対話を重ねていく】

 ということが
 極めて重要であるのではないか
 と思っているところです。

 このような内容を書くと  綺麗ごとのように感じてしまう  ものではありますが、  【その綺麗ごとを形にしていく】  というのが経営のあり方であるとも  言える気がしてなりません。  汚れたものをキレイにしていくのが  まさに経営なのではないでしょうか。  まずは上述してきたような  【労使の関係をしっかりと構築していくこと】。    実はこのことこそが、  経営が成功する秘訣の一つ  なのかもしれませんね。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・労使双方が対立している環境下においては、  結果として  【顧客に対するサービスの質も  低下してしまうもの】  と考えられ得る。 ・そうなると経営としては本末転倒であり、  【労使双方の立場を尊重し合い、  対話を重ねていく】  ということが極めて重要であると言える。 ・結局のところ、労使の関係と言えども、  根本は【人と人との関係】。  【こういった人と人との  本来の信頼関係を構築するためには  どのように相手に接していけば良いか】  ということを思索してみては  いかがだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ