福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 「火のない所に煙は立たぬ」ならぬ「客なきところに売上立たぬ」

2021年10月24日「火のない所に煙は立たぬ」ならぬ「客なきところに売上立たぬ」

■先日、


 つい最近開業したばかりのとある士業の方と
 久しぶりにお会いしました。

 以前からの友人で、
 その道に関しては本当にプロ

 といったところ。

 その中でいろいろお話を
 していたわけですが、

 「開業したばかりのここ最近は
 もっぱらその専門職の学びに集中している」

 とのことでした。

 その方曰く、

 「まずは専門分野の学習に
 もっと磨きをかけないことには、
 仕事にならない」

 ということなんですね。

 そして、

 「しっかりとそういった
 専門の知識や学びを習得することにより、
 お客様からの信頼度も上がり、
 仕事に繋がっていく」

 とのこともおっしゃっていました。


■当然、


 その道の専門家として仕事をするため、

 【その分野に精通している】

 ということは必須。

 しかしながら、自らが開業をして
 経営していかなければならない
 局面において、極論を言えば、

 【どれだけ専門知識を有していたとしても、
 お客様がいないことには
 1円も売上が立たない】

 というわけで、
 そのような状況下だと、

 【あっという間に
 経営が閉じていってしまう】

 ということが想定されます。
 
 もちろん、固定費がなければ
 潰れることもないとも言えますが、
 少なくとも、収入はないわけですね。


■では逆に考えてみるとどうでしょう。


 あってはならないこと
 とも言えますが、

 【その分野の専門知識を有しておらず、
 集客に成功し、お客様がしっかりと
 付いている状況からスタートする】

 ということ。

 当然、専門知識がないため、
 集客に成功したとしても、

 【そのお客様に対する
 価値の提供はできない】

 ということになります。

 しかしながら、

 【売上が上がってくるチャンスは
 確実に掴んでいる】

 ということなんですよね。


■そうなると、


 当然その方の心の持ちようにも
 よるとは思うのですが…

 【集客をしてをお客様が付いた状態で、
 そこから最大限の努力をして
 専門知識を習得し、

 そのご縁のあったお客様に対して
 最大限の価値を提供する】

 という順番でも良いのではないでしょうか。

 もし可能であれば、
 こういった『集客』と『学習』
 を同時進行していくのがベスト
 なのかもしれませんが、

 現状において売上がない状況なので、
 まずは『集客』をしないことには
 経営としては成り立たないわけです。

 もちろん、上述したように、
 専門分野について
 そんなに秀でていない状況であれば、
 それはそれで問題なのですが…


■経営においての第一の問題は、


 【顧客がいないこと】。


 結果としてお客様に対しての
 商品やサービスを通じた価値の提供が
 できて初めて経営が成り立つわけで、

 そういった面から考えると、

 【集客と専門分野の知識の習得が
 逆転したとしても、問題はない】

 と言えます。


■とは言うものの、


 これは我々専門分野を持つ
 士業に特に見られることなのですが、

 どうしても『勉強をし慣れている』
 ということもあり、

 【勉強して実力が付いたらどうにかなる】

 と思ってしまいがちなんですよね。

 こういう思考は経営においては
 極めて危険である

 と言わざるを得ません。

 しっかりと自分自身を

 【第三者からの目】

 として俯瞰をし、

 【本当にこれから取ろうとしている行動が
 経営の前進に貢献しているか】

 ということを常に考え続けるべき
 ではないでしょうか。


■専門家だからこそ陥りがちな


 【経営のスタートにおける罠】。

 このことについて
 ジャパネットたかたの髙田明さんは

 【経営者に必要な要素として
 半分は『伝える力』である】

 ということをおっしゃっています。

 ちなみに  【もう半分は『覚悟』】  ということだそうです。  いずれにせよ、  専門知識があったとしても  伝える力がないことには  やはり見込みのお客様に対して  何らその価値が伝わらない  というわけで、  商品やサービスのことや理念などを  【伝えていく】  ということも経営者の責任として  考え続けたいものですね。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営において、  『集客』をしないことには  その経営は前に進まないばかりか、   後退してしまうもの。 ・『専門知識』は当然必要であるが、  そのことから考えると、まずは  【集客をする力】  も必要であると言える。 ・そして、経営者において必要なのは  【伝える力】。  結局のところ、どんなに素晴らしい  専門分野の技術を持っていたとしても、  伝える力が備わっていないことには、  将来のお客様に対しての価値を提供する  ことに繋がらないと考えられる。 ・『専門知識の習得』も必要であるものの、    【しっかりと『集客』をして、  その次に、または同時進行で  そういった『専門知識の習得』をする】  ということを心がけてみてはどうだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ