福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【ブライアン看護士の原則】に立ち返り、経営を見直すことの重要性

2021年11月13日【ブライアン看護士の原則】に立ち返り、経営を見直すことの重要性

■人生においては、


 出会いもあり別れもある。

 そんな悲しい別れの際に行われるお葬式。

 故人と様々な関係があった方がそこに集い、

 その各人のいろいろな想いが
 交錯しているのがこの『葬儀の場』
 ではないでしょうか。


■そんな中、


 その斎場のスタッフさんの一言により、

 【故人への想いを掻き乱されてしまう】

 ということは、もしかすると
 あなたも経験があるかもしれません。

 私自身も最近大変親しい友人との
 お別れをしてきたのですが、

 最後に献花をする場面において、
 斎場のスタッフの方が

 「これが最後のお別れですよ。」

 とのことを、何度も何度も
 言っているシーンがありました。

 献花をしようにも、
 その個人に対する想いは
 上述したように人それぞれであり、

 場合によっては

 【最後のお別れをすること自体も辛い】

 ということがあるかもしれませんし、

 【そういった最後の時間だからこそ、
 自分自身の気持ちと対話をし、
 気持ちの整理をしている状況】

 ということも考えられます。
 

■そんな中で、


 上述したような言葉は
 大変無機質に聞こえるものですし、

 本来大切にすべきであろう人の気持ちを
 ないがしろにしている行動に
 なってしまっていることも
 考えられるわけです。

 当然斎場の人としては、

 「本当にこれが最後ですよ」

 といったことを伝えるべき
 という職務はあるのでしょうが、

 やはり、

 【そこにお見えになっている方が
 どのような想いが持ち、
 その一言を発することによって
 どう感じるか】

 ということは最低限考えながら、
 声かけをしていくべきではないのかな

 と思った次第です。


■ドラッカーの


 『経営者の条件』

 という書籍に出てくるお話として、

 【ブライアン看護師の原則】

 というものがあります。

 → 経営者の条件

 病院においては、
 その患者さんの症状も様々であり、
 その処置の仕方なども
 複数考えられるのでしょうが、

 ブライアン看護師は
 そういった『決定』の場面において、

 「それは患者さんにとって
 一番良いことでしょうか。」

 といったことを確認していたとのこと。

■結局のところ、  これこそが上述した斎場の人の感覚と、  参列している故人の関係者の想いとの  相違であり、  上述したブライアン看護師を  これに当てはめるとすれば、  【参列者に対して、  本当にその声かけをする必要が  あるのでしょうか。  もっと良い参列者の想いに  寄り添えることはないでしょうか。】  といったところなのかな  と思っている次第です。 ■このようなことは、  どんな業種業界についても  言えることではないでしょうか。  私の税理士のお話で言えば、  税理士は当然『税務』の専門家なので、  そこに見えられるお客様も、    「税金についてのことを知りたい」  だとか、  「税務について最も得になるような  方法を知りたい」  だとか…  そんな風に我々税理士側は  考えがちなのですが、  私が長年税理士をしてきたことにより  見えてきたものといえば、  当然『税務のサービスを提供する』  ということも大切である一方、  【親身になって自分の話を聞いてくれる  相談相手】  であったり、  【何でも本音で話せる相手】  というところが、   実際に求められていることとしては  かなりのウェイトを占めているように  感じているところなのです。 ■結局のところ、  自分の財布をさらけ出す相手ですので、  相当な信頼関係がないと、  本音で話すことはできませんし、  本音で話すことができないとなると、  そのお金や税金の裏側に秘められた  ストーリーを無視して、  その税務などをアドバイスをしてもらう  ことになるため、  【場合によっては相当見当はずれな  税務のサービスをしてしまう】  という可能性があるわけです。 ■飲食店に関して言えば、  「単においしい料理を食べたい」  というだけではなく、  もしかすると店員さんとの会話を  楽しみたいのかもしれませんし、  場合によっては辛い気持ちを解消すべく、  一人でゆっくりと食事をしたいのかも  しれません。  また時には、  信頼している友人との時間を  食事を通して大切に噛みしめたい  こともあるかもしれませんし、  何かしらの記念日にゆっくりと  食事をしながら語り合いをしたい  というケースもあるかもしれません。 ■そういった事実の中で大切なのが、  上述した『ブライアン看護師の原則』で、  【それは相手にとって  最も良いことなのでしょうか】  という問いかけをすることではないかと  思っている次第。  往々にして  【売り手が売ろうとしているものと、  買い手が買おうとしているものには  相違がある】  ということが考えられるもので、  しっかりとその『事実』に着目し、  相手の立場に立って考えて、  そのサービスの提供の仕方を考えていく  必要があるのではないでしょうか。 ■今日は友人の死からしばらく経ち、  その友人のことを想う中で  思い出したことから、  経営に関する考え方について思いを致し、  記事を書かせていただきました。  しっかりと、相手の立場に立って  その状況を俯瞰して、  最も適切な経営の手を打っていきたい  ものですね。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・往々にして  【売り手が売ろうとしているものと、  買い手が買おうとしているものは  相違があるもの】  と心得ておくべし。 ・ドラッカーの『経営者の条件』  に登場する【ブライアン看護師の原則】。  大切なのは、  「それは相手にとって  一番良いことなのでしょうか。」  との問いかけであり、  これに対する解を考える中で、  適切な経営者としての商品やサービスの  提供の仕方を模索していきたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ