福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 法人成りは【税務×○○】で考える

2021年11月17日法人成りは【税務×○○】で考える

■「ここは思い切って法人で頑張ります!」


 ここ最近の面談は

 【個人事業主の方の法人成り】

 についてのお話が相次いでいるような感覚。

 というのも、

 【消費税インボイス制度】

 の絡みもあり、

 【インボイス制度がスタートする
 2023年の10月より前を見据えて、
 法人の消費税免税のメリットを
 極力享受していく】

 ということも視野に入れて
 法人成りを検討しているところ。


■インボイスもそうなのですが、


 【個人事業主が法人成りをする】

 ということは一つの大きな出来事
 と言えるでしょう。

 通常法人成りをする際は、

 【個人と法人の税負担のバランスを考え、
 一定額の利益が上がったタイミングで、
 法人成りをすることにより、

 個人と法人での所得の分散をし、
 その税負担を最小限にすること】

 が目的とされます。

 しかしながら法人化すると、

 法人としての信頼感が生まれ、
 得意先からの評価が上がってくる

 ということも考えられるもの。

 そしてそのことは得意先のみならず、

 【まだ見ぬ未来のお客様の目から見ても、
 輝かしいものに見える】
 
 ことも少なからずあるわけです。


■したがって、
 

 【税務面のみならず、『社会的な信用』
 の面からも法人成りを検討する】

 ということも大いに考えるべきでしょう。

 場合によっては、

 【税務面では法人成りしない方が良い】

 という選択だとしても、

 蓋を開いてみると、
 法人成りをしたことにより、
 その商品やサービスの受注が増え、

 【結果として売上が増え、
 その延長線上に法人成りすることの
 メリットがあった】

 ということもまたあり得るんですね。


■また、


 法人化することは、
 そういった対外的な信用のみならず、

 【自らの経営者としての
 心持ちも上向きになる】

 ということも考えられます。

 やはり、

 【個人事業主としての屋号よりも、
 『株式会社〇〇代表取締役…』
 といった方が、セルフイメージも上がる】

 というものかもしれませんね(^^)。

 法人成りをするには、そのように
 税務面からの検討に加え、

 【経営者自身の『QOL』や、
 その法人格を持つことにより
 影響が出てくる『税務以外の事象』
 についても目を向けるべきである】

 と言えます。


■そして、


 往々にして、

 【個人事業主から法人成りをすると、
 業績がさらに伸びていく】

 というのが、私の顧問のお客様には
 少なからず見受けられます。

 いろいろと判断は
 迷うものではありますが、
 『税務』以外の面でも、
 経営者としての判断基準として、

 【経営をもっと上向きにしよう!】

 という心持ちとともに、
 法人成りを検討するのも
 一つの方法かもしれませんね。


■私自身税理士として
 税務の相談に乗らせていただくのですが、


 ご面談の大半は

 【税務のお話を一通り終えて、
 その後の経営のお話をしている】

 ということが大半です。

 結局のところ、『税務』
 も大切ではあるのですが、

 【経営について対話を重ねることにより、
 その経営の最適解が見えてくる】

 ということは往々にして  あるように感じますね。  経営者として『現金の動き』を重視する  ことはもちろん大切なのですが、  その経営の進め方などについて、  【現在の有する経営資源を見つめ直し、  その経営の一手を考える時間を取ること】  もまた重要と言えます。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・個人事業が順調に進むと、  その次のフェーズとして  【法人成りを検討する】  ことが考えられる。 ・一般的に法人成りは、  【個人と法人の  税負担のバランスを整えるため】  に検討されるものである。 ・しかしながら、法人成りの延長線上には、  『税務』のみならず、  その経営の行く先を左右するような、  【信頼度の向上】  という効果も期待できるものである  と言える。 ・法人化することにより、税務を超えて、  そういった  【経営の行く先を大きく変える影響】  は考えられないだろうか。  法人成りを検討する際は、こういった  【税務と経営のトータルの状況】  を視野に入れて、  その最終決定をしたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ