福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【経営の成長を阻害する要因】とは

2021年11月18日【経営の成長を阻害する要因】とは

■11月に入り、


 毎日と言っても過言ではない位、
 個人事業主の方からの税務相談のご依頼が
 来ています。

 そんな中でご面談に進んでいくわけですが、
 その面談の中で税金の話はもちろんのこと、

 その背景にある経営者の想いや
 考え方などに触れる中で、
 私自身も大変勉強になっている

 という状況です。

 本当に経営者それぞれ十人十色であり、
 それぞれに経営のドラマがあるように
 感じますね。


■先日ご相談にお見えになった
 お客様については、


 基本的には『体を整える』
 お仕事をされているのですが、

 全国的にオンラインのそういった
 体を動かす講師をされていたり、
 同業者に対するコンサルティング、
 
 また、その全国で
 知名度が上がっているため、
 書籍の販売や、集客などについての
 お仕事も増えてきている

 とのことでした。

 どうしても、
 その分野の専門家ともなると、

 『その業界のオーソドックスな方法により
 売上を立てていく』

 というのが一般的なのですが、

 今回のお話を伺う中では、
 決してそこに執着するのではなく、

 「かなり広い目を持たれて
 経営を見渡されているなぁ」

 と感じた次第です。


■以前の記事でも書かせていただいた
 ことではありますが、


 経営者としてプレイングマネージャーで
 経営をしていると、

 【そのプレイヤーとしての側面は
 あっという間に限界点が来る】

 というもの。

 https://everydayrunchange.hatenablog.com/entry/2021/09/19/055437

 そうではなく、
 これはつい先日の記事でも
 述べさせていただいたように、

 【できるだけ一つの業務を細分化していき、
 経営者である自分自身が
 動かなくて良いものについては、
 他の人に振っていく】

 ということ。

 https://muratax.com/2021/11/16/4592/

 そのことにより、

 【経営者としては圧倒的な
 パフォーマンスを出すことができる】

 というものでしょう。

■どうしても、  その業界の『先入観』や  いわゆる『常識感』の中で  経営をしてしまいがちなのですが、  一旦その業種や現状の制約条件は  全て取っ払って、  ゼロから経営を見渡す中で、    【自らが経営者として  最大限のパフォーマンスを発揮できるのは  どのような方法だろうか】  と考えることは、大変重要であるように  感じているところです。 ■そのように考えると、  【『自分が動いていることにより』  売上が上がっている状態は、  見方を変えるとかなり危険である】  とも言えます。  当然、その収益により  自らの『QOL』が満たされるのであれば  良いのですが、  そうではない場合、  【全体を俯瞰することにより、  その経営の成長を止めている  『ボトルネック』を発見し、  そのボトルネックを取り外していく】  という思考が必要でしょう。  私自身先日そういったお話を聞いて、  「今一度自らの経営のあり方を  見直さないとな」  と思ったところです。 ■あなたにとって、  【経営の成長のボトルネック】  となっていることは  どんなことでしょうか。  そして、それを取り外すには、  どんなことが必要でしょうか。  そのヒントは、上述した  【業務の細分化】  にあるのではないか  と思っている次第です。  経営者として、そういった    【経営の全体図を俯瞰していく時間】  を取り、常に経営の最善策を  模索していきたいものですね(^^)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営にとって最大のボトルネックは、  往々にして  【経営者としての時間がないこと】  であると言える。 ・それが大きな【ボトルネック】  となっていることが  少なからずあるわけであるが、  その業務を細分化した先に  さらに小さなボトルネックと  なっているものはどんなことだろうか。  その小さなボトルネックを  取り外すためには、  どのような動きが必要だろうか。 ・このようなことを考えるにあたり、  その業界の常識にいつの間にか  縛られそうになるものであるが、  【一旦頭をまっさらにした状態で、  ゼロからボトルネックを外し  経営の目標を達成するためには  どのような手段が必要であるか】  ということをしっかりと  考えたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ