福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【お金を支払う前に】十分注意すべき税務のこと

2021年12月3日【お金を支払う前に】十分注意すべき税務のこと

■「それは今年の経費としては
 難しいですね。」


 年末が近づくにつれ、
 個人事業主の方や12月決算法人については、

 【決算においての節税対策】

 に力を入れているのではないでしょうか。

 その中で注意したいのが、

 【これからの支出が経費になるかどうか】

 ということ。


■『経費』とは、


 具体的に言えば

 【原価・費用・損失】

 の3種類があることになります。

 詳しくは、こちらの記事もご参考ください↓
 
 https://note.com/muratax/n/n422a461bce78

 https://note.com/muratax/n/n2e4eb421941b

 https://note.com/muratax/n/nfa9979313a89
 

 『原価』とは

 【売上と直接対応している
 仕入や外注費】
 
 が該当するもので、

 『損失』は、
 読んで字のごとく

 【損をしたもの】

 であり、

 『備品を売却』した際の損失や、
 『災害』があった場合の損失、
 『債権が貸倒れた際』の損失

 などですね。


■そして通常の場合、


 節税対策として考えるのが

 【費用】

 であると言えます。

 『費用』については
 次の3つの条件に該当して初めて、

 当期の経費として考えられるもの
 となるんですね。

 ①当該事業年度終了の日までに
 当該費用に係る債務が成立していること。

 ②当該事業年度終了の日までに
 当該債務に基づいて具体的な給付をすべき
 原因となる事実が発生していること。

 ③当該事業年度終了の日までに
 その金額を合理的に算定することが
 できるものであること。

 …なんだかややこしいですね(汗)。

 上述した3つの要件に
 全て該当するものについて、
 初めて『費用』という経費になる

 ということなんです。

 文章にすると難しいのですが、

 【契約をしていて、
 そのサービスが終わっていて、
 なおかつ金額がはっきりとしているもの】。

 この3つの条件を満たすことにより、
 費用として認められる
 
 ということなんですね(^^)。


■そこで冒頭のセリフに戻るのですが、


 これは、

 『ホームページを作ってもらうため、
 その業者さんに取り急ぎ依頼をして、
 何とか経費にしたい』

 という一幕での一言でした。

 状況としては、

 『契約をしており、
 金額も決まったところではあったものの、
 実際のホームページの完成は翌年になる』

 という状況でしたので、
 上述した②の要件を満たさない…
 つまり、

 【サービスが終わっていない】

 ということになるため、
 今年の経費としては難しい状況だった

 ということになります。

 何となく、

 「お金を前払いしてしまえばいい」

 だとか、

 「サービスが終わりさえすれば良い
 (金額が確定していなくても)」

 などということを
 考えてしまいがちなのですが、

 『費用』は、

 【上述した3つが揃って初めて認識される】

 ということになりますので、
 その点に重々注意が必要である

 と言えます。


■『節税』  ということに意識がいってしまうと、  【思いもよらぬところで  足をすくわれてしまう】  ということも考えられますので、  その検討の際にはしっかりと  上述したような  【税務上の要件】  を考え、その節税策も  適切にとっていきたいものです。  …とは言え、  税金の話はムズカシイですよね(汗)。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・12月決算法人や個人事業主については、  いよいよ【節税対策】も大詰め  を迎えている状況。 ・その中で検討したいのが、  【どうにかして経費を作ること】  ではないだろうか。 ・一般的に言われる『経費』とは、  【費用】であることが通常。  そして『費用』は  【上述した3つの要件に  全て該当することで初めて  経費として認められるもの】  である。 ・したがって、上記の3つの要件を  もれなく把握した上で、    【適切な『費用』の認識をして、  取り得るべき最善の方法を  検討すべきである】  ものと心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ