福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > イラッとした際にやるべきこととは

2021年12月22日イラッとした際にやるべきこととは

■プーッ!プーッ!…


 道を歩いていると、
 けたたましいクラクションの音が
 聞こえることがあります。

 それだけではなく、車に乗っている際は、
 前の人を攻撃するが如くパッシング
 をしている車も見かけるものですよね。

 そのような光景を見ると
 「何だか残念だな」
 と思ってしまいます。

 それを見ている私は
 嫌な気持ちになるわけですし、

 そういった行為をされた方も
 当然嫌な気持ちになるでしょう。

 そしてその行為をした本人はどうでしょう。

 【自らのイライラや怒りを
 そのような形でぶつけることにより、
 そういった感情が増幅する】

 というものではないでしょうか。

 そのように考えると、

 【上記の三者誰にとっても
 何一つプラスとなるものはない】

 という気がしますね。


■これは、


 交通のみならず、経営の場面においても
 言えることではないでしょうか。

 経営をしていると、得意先や取引先、
 スタッフやその他の周りの人との
 関わりが否が応にも出る

 というもの。

 その中で、
 目の前に起こった事象に起因して、
 その都度感情を乱されて
 怒ったりしているようでは、

 【とてもではないけれど、
 経営などしてはいられない】

 というものです。

 その時に考えたいのが、

 【ここで怒って何になるのだろうか】

 ということ。

 上述したように、『怒り』は
 何もプラスのものを生まず、

 【むしろマイナスの要素が派生していく】

 という気がするわけですね。


■そんな中、


 少し思い出してほしいのが、

 【アンガーマネジメント】

 について。

 とは言え、私自身は
 アンガーマネジメントを
 学習したことはないのですが(汗)、

 このアンガーマネジメントには

 【6秒ルール】
 
 というものがあります。

 この『6秒ルール』というのは、

 【感情が乱されて
 イライラしたり怒ったりした場合、
 6秒間じっとすることにより、
 その感情がリセットされる】

 というものなんですね。
 かなりざっくりとですが・・


■どうしても


 人間として立ちまわっている以上は、

 上述した『目の前に現れる事象』により、
 その感情が乱されてしまいがちなものです。

 しかしながら、
 これは極端な言い方をすれば、

 【動物的反応になっているのではないか】

 と思ってしまうんですね。

 そうではなく、
 『理性を持った人間』として
 的確な判断をしたいところですし、

 経営者としてはそういった
 『人間性』も重視される

 というものではないでしょうか。

 そのように考えると
 『目の前の出来事』に
 即座に反応するのではなく、

 上述したように

 【6秒間ゆっくりと
 気持ちを落ち着けることにより
 その気持ちをリセット】

 されてみてはどうでしょう。


■経営をする上では、


 「こうなる」と予想したものと、
 「こうなった」という結果に
 ギャップが生じるもの。

 そのギャップは、
 
 【期待していた仕事と
 その返ってきた商品やサービスのギャップ】

 かもしれませんし、

 【取引先に期待していた仕事と
 実際に納品されたもののギャップ】

 かもしれませんし、

 【スタッフに仕事を依頼した際の、
 その仕上がり具合のギャップ】

 もあるかもしれません。

 しかしながら、

 【予想と結果のギャップは
 大なり小なり必ず生じるもの】

 ではないでしょうか。

 そのように、

 【当然生ずべきもの】

 と考えると、
 案外気持ちも楽になるというもの。

 「まぁしょうがないよね」

 といった感じでしょうか。

■そのような前提を念頭におき、  上述してきた『6秒ルール』  を通すことにより、  【自分自身が落ち着いてくる】  というものです。  そして人は、そのような  『冷静な思考や態度で振る舞う人』  には敬意を払いたくなるもの。  そんな風に、  常にアンガーマネジメントで言う  『6秒ルール』に沿って行動してみると、  いろいろな良いことに繋がってきそうな  気がします。  ちなみに私は、  感情が乱されてしまって、  「それを長時間引きずりそうだな…」  と思った際には、  少しだけ『仮眠』をとるようにしています。  寝るとある程度はリセットされるんですね。  そのように考えると、  何だか動物的な気もしますが… ■というわけで今日は、  感情を乱されそうになった場合の  『6秒ルール』について  お話をしてきました。  マイナスの感情を持ってもぶつけても、  何一つ得なことはありません。  しっかりと自分の感情は  自分でコントロールし、  常に俯瞰した状態で  自分を見下ろすようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『経営者』として、  また『一人の人間』として  活動をしている限りは、  いろいろな目の前の出来事に  感情を動かされるものである。 ・しかしながら、  その感情の赴くがまま行動することは、    【動物的な行動】  と言えるのではないだろうか。 ・経営者として求められるのは、  そういった『動物的な行動』ではなく、    【一人の人間としての理性を持った行動】  ではないかと考える。 ・そのような状態にする際にも、  感情が乱されそうになった際は、  『アンガーマネジメント』で言う  【6秒ルール】  を通してみてはいかがだろうか。 ・こういった【感情のリセット】  をすることにより、  【外部環境に流されることなく、  適切な判断ができるものである】  ということを心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ