福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > お付き合いでの購入の先には…

2022年1月27日お付き合いでの購入の先には…

■経営をしていくにあたり、


 『人間関係』は大切になってくる
 ものですよね。

 特に経営者となると、
 何かしらの経営者の集いに参加をしたり、
 会食に参加をしたり…

 【そんな中で人間関係が構築され、
 その後の信頼関係に繋がる】

 ということも少なくないでしょう。


■そんな中、


 【経営上のお付き合いとして、
 お相手の方が提供する商品や
 サービスを購入する】

 という局面もあろうかと思います。

 どうしても人間関係や
 信頼関係を念頭におくと、

 【少々無理をしてでも
 そのお相手の商品やサービスを購入する】

 という思考に入ってしまいがち
 なのですが、

 【それが経営にとって
 大きなマイナスにならないか】

 ということは重々検討したいものです。


■というのも、


 少額でなおかつ
 単発に近い形での商品の購入…

 例えば、

 『コーヒーを1回だけ買う』

 だとか、

 『その人の主催するセミナーに
 一度だけ参加する』

 だとか…

 そういったものならまだ良いのですが、
 よくある例としては、

 【生命保険に加入する】

 ということ。

 場合によっては、
 毎月の保険料はそこまで
 高額でないかもしれないのですが、

 これが毎月、毎年、10年…
 と年月を積み重ねていくと、
 相当な金額になる

 ということは念頭においておきたい
 ものです。


■往々にして、


 その毎月の金額が少ないがために、
 その数年に及ぶ『累積の金額』に
 目がいかないものではあるのですが、

 【契約をする前に、
 しっかりと数年単位で
 どの程度の支出があるのか】

 また、その支出は、
 その方との信頼関係を構築するため、
 そして、現在の自らのニーズを満たすため
 という観点から見て、

 【割に合ったものなのか】

 ということも考えるべきでしょう。


■どうしても、


 『人間関係』を重視すると、
 そのような金額的な面や、
 自らのニーズを満たすという面を
 総合勘案し意思決定をする

 ということが難しくなるものです。

 そもそも、お相手の方にとって、
 あなたの存在とは
 どれほどのものなのでしょうか。

 もしかすると、

 【多くいるお客様の中のたった一人】

 なのかもしれませんし、
 
 そのような状況において、

 【経営にとっては血液とも言える
 現金をそこに流出させるということが
 本当に必要なのか】

 ということを今一度考えたいものです。


■小説家の


 五木寛之さんが

 【大河の一滴】

 という本を書かれているのですが、

 【所詮人間は、大河の一滴ほどの存在で、
 広い世界から見れば
 ちっぽけな存在である】

 ということをおっしゃっています。

 少々小説の本筋とはズレるのですが、
 そのような前提で考えると、

 【そのお相手の方との人間関係を
 気にするあまり、
 本来としては必要のない
 契約をすることで、
 
 経営の血液とも言える現金を失う
 ということが本当に有用なのか】

 ということ、そして、
 
 【もしその先方からの
 打診をお断りすることで、
 その後の信頼関係はどうなるのか】

 ということ。

 そして、

 【その信頼関係がなくなったとしたら、
 それがその後の経営において
 大きな影響が出るのか】

 ということ。

 そんなことを経営者としては
 大局を見る中で、
 しっかりと考えたいものです。

■紹介したり、紹介されたり…  ということはよくある  ことだとは思うのですが、  【本当にその紹介する側、  される側にとって有用なのかどうか】  ということはしっかりと  検討するべきなのではないでしょうか。  上述したように、  【自分自身が大河の一滴に過ぎない】  という考えからすると、  【そんなに深刻に考える対象でもない】  ということが少なくない  状況ではないかと感じています。 ■経営者として、  【時には進んで人間関係を重視しない】  という選択もまた重要な局面もある  ということ。  少々厳しい視点なのかもしれませんが、  そういった考えはぜひ念頭において、  的確な経営判断をしていきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営者として経営をしていく中で、  【いろいろなご縁が繋がっていくもの】  である。 ・そのご縁を通じて、  【先方の商品やサービスを購入すること】  を促される場面も往々にして考えられる。 ・そのような局面において、  【本当にその商品やサービスを  購入することが必要なのだろうか】、  そして  【それが経営の血液とも言える現金を  流出させた結果、  経営にとって有用なのだろうか】、  そして、  【その先方との信頼関係も考慮して、  相互勘案した上で考えた際に、  経営にとってどの程度のプラスの効果が  出るものなのだろうか】。 ・上述した総合勘案をすることにより、    本当にその先方との信頼関係を  構築する意思決定が有用なのか  ということを、  行動の決定する前に  今一度慎重に考えたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ