福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 適時にどんぐりの木を蹴っていますか?

2022年3月8日適時にどんぐりの木を蹴っていますか?

こんにちは。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■「すっかり忘れていました。」


 確定申告にあたり、
 顧問のお客様ではなく、

 『確定申告単発』での
 ご依頼を毎年いただいている方に、
 今年の確定申告のご案内を
 差し上げた際の一言。

 確定申告は毎年のことなのですが、
 『年一度』しかないが故に、
 案外忘れさられてしまっている
 ものなんですね。


■そんな中、


 私としては、
 年一度のことですので、

 「ご依頼されるお客様も
 気持ちが変わっているのでは…」

 などと考え、
 積極的に案内をすることを
 避けようとする面も正直あるのですが、
 (複雑な気持ち(笑)‥)

 このように、

 【確定申告の存在を忘れていた】

 ということが見受けられる
 状況もありますので、

 「その注意喚起としてのご案内は
 しなければ‥」

 と思う次第なんですね。


■今回については、


 【確定申告】

 という経営においても
 重大なイベントについて
 のことなのですが、

 これは

 【私の税理士の商売に直結するもの】

 であると言えます。

 同じように、自らのビジネスに直結する
 こういった『イベント』
 を思い起こしてみるとどうでしょう。

 例えば『お花屋』さんであれば
 
 【入学式や入社式、卒業などのシーズンに、
 またはお盆やお彼岸の際にお花を贈る】

 ということがライフイベントとして
 考えられるかもしれません。

 また『写真』を
 取り扱われている人であれば、

 【誕生日や、入学式、
 年に一度の家族との集合写真】

 など…こういった

 【そのお客様に応じたライフイベント】

 ということが
 多少なりともあるのではないでしょうか。

 案外、

 「自分の業界にはイベントなど関係ない」

 と思っていたとしても、そのような

 【お客様にとってのイベント】

 というものはあるのかもしれませんね。


■そして、


 上述した『確定申告』のように、
 
 【お客様の方はこういった
 ライフイベントを忘れてしまっていたり、
 そうしたイベントに際して
 取る行動を忘れてしまっている】

 ということが往々にして考えられます。

 上述した『確定申告』は
 本当に典型的な例ではないでしょうか。

 確定申告は『ライフイベント』というより、

 【自らの税金を計算して確定させ、
 納税をする】

 という重大な行事であるにもかかわらず、

 【そのような確定申告でさえ
 忘れ去られている】

 というのが現状なんですよね。

 そのように考えると、
 『日常生活に付随するライフイベント』
 などというものは、

 【さらに記憶から除外されている】

 と考えざるを得ない気がするわけです。


■上述してきたように、


 経営者は自らの商売のことを
 四六時中考えているわけですが、

 それが商品やサービスの提供をしてもらう
 お客様からすると、
 そこまで重要ではないため、

 【そもそも覚えていない】

 ということが少なからずあるんですね。

 そのように考えると、

 【適切なタイミングで、
 そういったイベントを
 過去に商品やサービスをお求めいただいた
 お客様に対して提示して差し上げる】

 ということが、商品やサービスの
 提供側の責務ではないか

 と考える次第です。

 あなたの商品やサービスをお届けすることにより
 お客様の幸せに寄与するとしたら、
 
 それを提供しないことは、
 そういった幸せの享受を失わせるというもの。

 そう考えると『責務』だな‥‥
 と私は思うところなんですね。


■小学生の頃に、


 『どんぐりがなっている木を
 思いっきり蹴って、
 どんぐりを上から落とした』

 という経験はないでしょうか。

 結局のところ、  『外部からの刺激』がないことには  人は反応しないもので、  逆に、  【そのような情報があったとしたら、  そのことを思い出し、  それがそのまま需要喚起に繋がる】  ということが多少なりとも  見受けられるというもの。  (お客様をどんぐりに例えるなど、  不適切極まりないのですが(滝汗)‥) ■私もよく過去の記事の中でも、  【お客様の立場に立って考えましょう】  ということを書いてきたわけですが、  私自身も、税理士としての仕事を通じて、  上述した『確定申告』のように、  【忘れられている】  という事実を考えると、  【よりお客様にとって、  税務のスケジュールが忘れられている】  ということを念頭において  おかなければなりませんし、  【忘れられないように、  適切なタイミングでご案内をする】  ということもまた  重要であるように感じています。 ■いろいろ述べてはきましたが、  大切なのは、  【お客様は、  経営者側が四六時中考えている  商品やサービスのことなど、  記憶の片隅にも留まっていない】  ということ。  裏を返せば、  【適切なタイミングで  その需要喚起をすることにより、  それがポンッと売上に繋がる】  ということも考えられるわけです。  しっかりと『どんぐりの木』を蹴って、  お客様の記憶を蘇らせる  試みをしてみてはいかがでしょうか。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・経営者は自らの商品やサービスのことを  四六時中考えてはいるものの、  お客様に関しては間逆で、  【その商品やサービスの存在すら  忘れ去ってしまっている】  ということが往々にして考えられる。 ・大切なのは、  とある『ライフイベント』などの  【お客様にとっての重要な  購買の意思決定をしていただける  タイミングで、  上手に需要喚起をすること】。  そのことにより、  【過去のお客様が  再度その商品やサービスの購入を  していただけることがあるもの】  と心得ておくべし。 ・商売においての鉄則は、  【やはりお客様の立場に立って考える】  ということ。  そのように考えると、    【『お客様にとって』こちら側の  商品やサービスは  そこまで重要なものではない】  という辛い事実を飲み込むとともに、    【その前提に立って経営を考えていく】  ということが重要なことではないだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ