福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【経営効率化】と【もらえるお金】はセットで

2022年4月1日【経営効率化】と【もらえるお金】はセットで

今日からいよいよ4月。
新年度ですね。

心機一転、気を引き締め直し、
気持ち新たにがんばっていきましょう!


----------------------


■以前の記事で、


 【我々微粒子企業は『値下げ』ではなく
 『値上げ』をするとともに、
 お客様に対するさらなる価値を
 提供すべきである】

 ということを書かせていただきました。

 <2022.2.24【値上げ】こそ経営の要>
 https://muratax.com/2022/02/24/4940/

 その価値を上げるにあたっては、

 【人と人との対人関係が
 最も重要であること】

 ということも併せて
 書かせていただいたのですが、

 <2022.3.28あえて【時代に逆行した】
 微粒子企業の経営戦略>
 https://muratax.com/2022/03/28/5046/
 
 今日はそのことについて
 また続けていきたいと思います。


■【対人のコミニケーションが大事である】


 という事実はあるものの、

 【その対人を重視するあまりに、
 経営の効率化が停滞してしまうようでは
 本末転倒である】

 とも言えます。

 そんな中で考えたいのは、
 『人』でないと対応できないもの
 以外のものについては、
 
 【その『信頼関係の構築』
 という面を失わないという前提で、
 極力効率化をしていく】

 ということが考えらるのかなと
 思う次第。


■具体的に言えば、


 【商品やサービスの選定の際の、
 「人」ではなくても良い部分での効率化】。

 例えば、これはそれなりの
 設備投資が必要なのかもしれませんが、

 【AIによる自動返信】

 だとか、
 
 【問い合わせフォームを自動化する】

 だとか…そのような

 【商品やサービス購入前の
 事務作業的な部分についての効率化】

 をすることが有用かもしれません。


■しかしながらその一方で、


 上述したように原則としては

 【人と人同士のコミュニケーション】

 が最重要でありますので、

 【最後の段階で人と人との温もりを
 感じられるような商品やサービスの
 ご案内をして差し上げる】

 ということ、そして、

 【そのお客様になっていただいた後は、
 継続してお客様になっていただく
 仕組み作り】、

 さらには、

 【もっと信頼関係が構築できるような
 絆を作っていく取り組み】

 を考えることが必要かもしれません。

 大切なのは、
 最終的な信頼関係を構築する段階での
 人と人とのコミニケーションは
 重要ではあるものの、

 【経営の効率化の手を緩めるべきではない】

 ということなんですね。

 【人との関係を重視しながら、
 その前段階の効率化できる部分は
 効率化をしていく】

 ということ。

 これが最重要ではないか
 と思う次第です。


■そんな中、


 その経営効率化については、
 上述したように『多額の資金』
 が必要となるケースも。

 それを『銀行融資』や
 『自己資金』で賄っていくのは
 なかなか大変なこともありますので、

 そういった際に活用したいのが

 【地方公共団体の助成金や補助金】、

 そして同じく

 【国の助成金や補助金】

 であると言えます。

 ↓参考リンク↓
 <ミラサポplus>
 https://mirasapo-plus.go.jp/

 こういった『助成金』や
 『補助金』については、

 【返さなくても良いもの】

 となりますので、
 もらえることになると、
 相当な資金繰りの改善が予想されます。



■具体的な補助金としては、


 ・事業再構築補助金

 ・ものづくり補助金

 ・IT導入補助金

 ・持続化補助金

 といったところでしょうか。

 その経営効率化にあたっての
 設備投資をする中で、

 【上述したような補助金が使えないか】
 
 ということをその導入前に
 検討することはかなり重要です。

 【経営についての思索をして
 すぐに行動する】

 ということは良いことなのですが、

 お金の面に関しては、
 早く動きすぎていることにより

 【損をしていないか】

 ということもまた重々考えたいもの。


■こういった


 『補助金』などについては、

 上手に申請して受給ができれば
 資金繰りが大きく改善する

 ということも十分考えられますので、

 大きな設備投資などにあたっては、
 こういった補助金の情報を掴むとともに、

 【その申請を経営の無理のない
 範囲内でしていくこと】

 が重要であると言えます。

   しっかりと、これから出てくる  『補助金などの情報』を掴み、  経営に役立てていくように  したいものですね。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・我々微粒子企業にとっての  最終的に大切にしたいこととして、  【人と人との繋がり】  が考えられる。 ・最終的にそれが大切である一方、  【その前段階の経営面で効率化できる部分は  どんどん効率化していきたい】  というところ。 ・とは言え、経営の効率化にあたっては、  それなりの『投資』が必要であるため、  【国や地方公共団体が創設している  補助金の制度】  を活用することを忘れないように  すべきであると心得ておくべし。   今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ