福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【仕事のリズムに応じた】経営の思索をする

2022年4月17日【仕事のリズムに応じた】経営の思索をする

■以前の記事の中で、


 「私の職業は〇〇である」

 といった形で、
 
 【自分の名前を職業にすることにより、
 自分自身の事業を抽象化でき、
 その他の可能性を見出すことができる】

 といったようなことを
 書かせていただきました。

 <2022.4.15「私の職業は○○です」
 から経営の視野が変わる>
 %url1%(https://muratax.com/2022/04/15/5106/)

 今日もそれに続けます。


■現在のご自身の事業において、


 【時期的に仕事が立て込んでいる時期と、
 そうではない時期】

 というものはないでしょうか。

 または、

 【とある商品は売れているものの、
 またとある商品は売れていない】

 という状況はどうでしょう。

 状況はそれぞれ違うものなのですが、
 それぞれにおいて、

 【自分自身の専門性に重きを置いていると、
 根本的な部分が見えなくなっている】

 といった可能性があるんですね。

 
■というのも、


 一つ目の『業務の閑散期』において、
 この時期において同じ業務を 
 淡々粛々とこなすことは、

 繁忙期の業務の進行と意味合いが
 異なる面がありますので、

 【経営においては非効率】

 と言えるかもしれませんし、

 その閑散している状況の原因を
 探ることにより、
 
 【その経営の転換点】

 を見出すことができるかもしれません。

 経営者として陥りたくないのが、
 上述してきた、

 【自らの専門性に縛られることにより、
 そこから本来の経営の転換点を
 見出すことができない】

 ということなんですね。

 
■その事業において、


 『繁忙期と閑散期が存在する』
 ということは、
 
 その事業をやっている以上は、
 どうしても来るものですので、
 その閑散期は

 【閑散期なりの充実した時期】

 を経営の一環として
 過ごさなければならないでしょう。

 場合によっては、
 
 【来たるべき繁忙期に備えて
 その仕組み作りをすること】

 かもしれませんし、
 またの方法としては、

 【『専門外』とは言わないまでも、
 隣接した業務に入り込むことにより、
 ちょっとした経営の多角化をすること】

 ができ、それが

 【経営を高収益の体制に作り替えること】

 ができるかもしれません。


■あくまでも可能性のお話ではありますが、
 
 
 大切なのは、

 『自らの専門』に縛られるだけではなく、

 場合によっては、上述してきた

 【経営の転換点を見出すこと】

 だと私は思う次第です。

 かく言う私も、3月15日で
 ひとまずの繁忙期は終了し、

 それから4月、5月と法人の決算に
 追われる時期ではあるのですが、

 【5月を超えると11月あたりまでは、
 ちょっとした閑散期】

 と言える時期が来る状況。

 …『閑散期』とは言え、現在顧問のお客様も
 大変ありがたいことに増えている
 状況ですので、そうも言ってられない
 というのが現実ですが…

 そういった閑散期に、
 経営においてまた新規の取り組みを、
 現在考えているところです。

    ■こういった  『転換点』を見出そうにも、  【経営者としての時間】  がないことには  その思索をする時間すらないですよね。  したがって、経営を適切な時期ごとに  俯瞰することにより、  経営の全体像を見渡し、  【どこがボトルネックになっていて、  そのボトルネックを取り外すには  どのようにすれば良いかと思索をすること】  が大変重要であるのではないでしょうか。 ■経営に関するコンサルティングを通じて  いろいろお話を伺う中で、  上述してきた  【自らの専門性に縛られているが故に、  『経営の転換点の発想』という存在自体に  気が付いていない】  というケースも  少なからず見受けられます。  また、  【繁忙期や閑散期はその業界において  避けられないものである】  という現実から、  【それはそれで仕方ないもの】  と捉えてしまい、    【そこから脱しようとすることも  実際のところはできていない】  ということもまた  よく見られるものです。   ■上述してきた、  【あえて専門性から脱皮すること】  そして、  【繁忙期と閑散期があるとしたら、  その原因はどこにあるのか】  ということを探ることにより、    【思わぬ経営の転換点】  を見出すことができるかもしれません。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・業務において  【繁忙期や閑散期】、    または、  【利益が出ている事業とそうでない事業】  というものがあるのではないだろうか。 ・『専門性』に縛られてしまっていると、  どうしてもそこから脱却すること  ができないため、  【そういった問題点は『慣習的なもの』  である】  という誤認識に陥ってしまうもの。 ・そのような状況から脱皮するためには、  【私の職業は〇〇である】  というあえて自分の名前を  職業化することにより、  専門性を取り払い、  【そこから経営の転換点を  見出す努力をすること】  が必要であるのかもしれない。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ