福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 売上を上げるにはやはり【○○〇】です

2022年5月2日売上を上げるにはやはり【○○〇】です

世間はお休みのところも多いようですが、
今日も淡々粛々と仕事をしています。

むしろ世間が静まっているこの時期は
経営の思索をするのにうってつけ。

さて、本題です。


-----------------------


■円安がどんどん加速していますね。


 『円安が進む』ということは、
 一般的には、仕入などの材料や、
 その他のモノの価格が高騰し、
 純粋に考えると

 【経費が増えてしまう】

 というもの。

 企業として

 【同じ経済活動していて経費が増える】

 ということは本当に
 たまったものではないですよね。

 
■では、


 経費が増えると
 どのような対策をとるべきでしょう。

 企業活動は『それがもたらす利益』
 から成り立っているため、

 利益が売上から経費を差し引いたもの
 で示されることを考えると、

 【必然的に売上を上げるしかない】

 のではないでしょうか。

 
■では、


 売上を上げるためには
 どのようにすれば良いのでしょう。

 最も基本的な考えとして、

 【売上=単価×数量×リピート】

 ということができます。

 仮に「売上を倍にしたい」と考えると、
 
 【この三つの項目のうちの
 どれか一つを2倍にすれば、
 その目的は達成できる】

 ということになりますね。

 しかしながら、『一つだけ2倍にする』
 ということは、
 なかなか通常難しく考えられるため、
 上述した

 『単価』・『数量』・『リピート』
 をそれぞれ約1.3倍することにより、

 【1.3×1.3×1.3で、2倍を超える】

 ということに。

 すべてを1.3倍にすれば
 算式上は解決…
 という形になるわけです。

 これが売上を上げる
 基本的な方法なんですね。

 
■しかしながら、


 【全てを均等に上げる】

 ということは、

 コントロールしようとしても
 なかなかその通りにいかないのでは
 ないでしょうか。

 では、最も簡単に
 コントロールできるものとしては
 この三つのうちどれでしょう。

 それは

 【単価】

 ですよね。

 その他の『数量』に関しては、
 売れる個数をコントロールすること
 は難しいですし、
 
 『リピート率』や『リピート数』も
 同じようにコントロールすることが
 難しいものです。

 そうなると必然的に

 【価格(単価)をアップする】

 というのが最も簡単な方法であること
 が分かるかと思います。

 
■その一方で脳裏をよぎるのが、


 【そんなに簡単に
 価格を上げることなんてできない!】

 ということですよね…

 『価格を上げる』ということは
 どのような状況でしょう。

 当然、従来のものが高額になって
 しまいますので、

 【客足が遠のいてしまう】

 ということが考えられるでしょう。

 そして、これまでのお客様に対して

 「値上げをする」

 などということは
 言いにくいものですし、

 【従来の価格により
 いらっしゃっていたお客様層が
 いらっしゃらなくなる】

 ということもまた考えられます。

 
■逆に


 『値下げ』をすることを考えると、

 商品やサービスを買い求めようとする
 お客様や未来のお客様に関しても、
 喜んで買っていただけますし、

 場合によっては、現在の層ではない
 お客様層も取り込むことができる
 かもしれません。

 そのように考えると
 『値上げ』よりむしろ

 【値下げに走ってしまう】

 というものでしょう。

 
■しかしながら、


 『値下げ』をすると
 当然売上は下がってしまいます。

 値下げをして
 売上をキープしようとすれば、

 上述した算式の中の『数量』と
 『リピート数(率)』を上げないことには
 目標は叶いませんよね。

 しかしながら、『数量アップ』
 『リピート率アップ』ということは、

 値下げをしたことによる
 『キャッシュの減少』を考えると、
 その広告費も使えなくなるわけですし、

 場合によっては

 【スタッフや外注などの人件費も
 売上減少に比例して使えなくなる】

 ということが予想されます。

 そのように考えると、

 【値下げはやはり経営においては
 危険な行為である】

 と言わざるを得ません。

    ■少し前に戻りますが、  売上を構成する三つの要素のうち、    【自らの裁量により決定できるのは  価格のみである】  ということでした。  『価格を上げる』ということに対する  恐怖は上述した通りなのですが、  逆を捉えると、    そうなる原因を追求し、  価格が高い代わりに  商品やサービスの品質を見直すことも  できます。  また、従来のお客様層には  求められなくなったとしても、  そのさらに高額をお求めいただく  お客様の新たな層にリーチできる  可能性もあります。  何より、値上げをすることにより、  商品やサービスの提供側である  自分自身を、  【さらなる品質向上などを  しなければならない】  などという強い(良い意味での)   焦燥感に追いやることができ、  【そこから経営が良い方向に変わっていく】  ということも考えられることに。  これが経営における『適度な緊張』  の醍醐味。  <2021.6.25最近しっかりと  【緊張】していますか?>  https://everydayrunchange.hatenablog.com/entry/2021/06/25/060256 ■ここで冒頭に戻るのですが、  円安などにより  【仕入価格や経費の価格が  上がってくること】  が予想されるため、  その要因から考えても  【値上げは必須である】  と考えた方が良さそうです。  そういった外的要因による  値上げも当然なのですが、  【さらなる商品やサービスの  品質向上を自らと約束し、  それに向かって経営を進めていく】  というのもまた、  経営者としての責任である  と言えるかもしれませんね。  こういった  経済状況が厳しい時だからこそ、  そのような前向きな気持ちをもって、  経営の改善を考えたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・円安などによりキャッシュアウトが  厳しくなっている状況下においては、  必然的に  【売上のアップ】  を考えなければならないのでは  ないだろうか。 ・『売上』は  【価格(単価)×数量×リピート率】  という算式で表されることを考えると、  その最もコントロールしやすいものである  【価格をアップする】  ということからまずは入りたいもの。 ・『価格のアップ』は怖いものであるが、  逆にそのことにより    【商品やサービスの  さらなる品質向上に努める】  ということを自らに課し、  【現在のお客様や、未来のお客様に対する  さらなる価値の提供をコミットし、  経営を奮い立たせること】  もまた一つの方法かもしれない。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ