福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【お金を使う節税】で注意すべきこと

2022年5月23日【お金を使う節税】で注意すべきこと

■法人においては、


 そのスタートとともに『役員報酬』と
 場合によっては『役員賞与の額』
 を決めていくのですが、
 
 【どうしても計画通りに進まない】

 というものが経営ですよね。

 <2020.9.23役員賞与の上手な使い方>
 https://note.com/muratax/n/ne4c57998b641

 当然『役員報酬』や『役員賞与』は
 当期の利益の着地点を予測して
 設定しているわけですが、

 場合によっては

 【想定していた利益より少なかったり、
 逆に上がっていたりする】

 というもの。

 もちろん利益が上がったら上がったで
 嬉しいものではあるのですが、

 心配なのは『納税』ですよね。

 
■『納税』に関して言えば、


 法人税の税率はざっくり
 『30%ほど』と考えると、
 
 【利益に対して30%を差し引いた
 70%は手元に現金が残る】

 ということに。

 もちろん、社宅や出張旅費を用いた
 『お金を使わない節税』
 を対策として入れると、

 それは利益を減らす
 十分な対策となり得るわけですが、

 <2021.6.5役員報酬の決定で必ず
 考えたい2つのこと>
 https://note.com/muratax/n/ndda042d70b12

 考えたいのが、

 【現金を使う節税】

 について。

 
■『現金を使う節税』とは、


 一般的なものとしては

 【30万円未満のものを購入する】

 ということ。

 (商品の仕入やサービスの提供は
 含まれないので要注意です)

 または大きなものとしては

 【倒産防止共済に加入すること】、

 そして、

 【生命保険に加入すること】

 なども手立てとしては考えられます。

 
■しかしながら、


 念頭においておきたいのが、

 【利益が出たとしても
 7割は手元に現金が残る】

 ということ。

   結局のところ『お金を使う節税』  で節税をすると、  当然その使った現金に対する  『30%』の税金は安くなるわけですが、  事実として、  【そのお金を使う節税のために  使ったお金が手元からなくなっている】  ということには  十分に注意しなければなりません。   ■もし、  当期と翌期が  同じ位の利益が上がっており、  納税も予測されるようであれば、  【無理して当期中にお金を使う必要はない】  と言えるかもしれません。  当期翌期トータルで考えると、  結局は同じですので。  しかしながら、  【当期だけが好調で、翌期は  業種柄などにより利益が低迷する】  という状況下においては、    【翌期購入する予定のものを  前倒しで当期に買ってしまう】  ということは有用である  と言えるでしょう。  翌期に30万円未満のものを  買ったとしても    利益が出ていない状況であれば、  当然その節税効果も少なくなる  わけですので、    そのような状況においては  当期中にものを買う方が、  【手元にお金を多く残す】  という面においては有用である  ということですよね。 ■そのように、  決算の際には、  【当期と翌期、そして  手元に残るお金を的確に想定して、  その手立てを考える必要がある】  というものです。  『手元のお金』について言えば、  当期の決算においての納税が  そこから出ていくわけですし、  場合によっては『融資の返済』や  『分割払いの支払い』  などもあるかもしれません。  どうしても『会計上の利益』と  『手元の現金』は変わってくるため、  【こういった現金の動きを注視しながら、  その節税策を考えていくこと】  が重要であると言えます。 ■というわけで、  『節税』の際には、  当期・翌期を含めた長期の視点をもって、  その策を考えるとともに、  まず大前提として、  【お金を使う節税については  手元から現金が消える】  という事実も重々把握した上で、  その手立てを考えるようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・『節税』には、  【お金を使わない節税】と  【お金を使う節税】  がある。 ・お金を使わない節税の代表格が    【社宅や出張旅費の活用】。  お金を使う節税では、当然  【経費を使うことにより税金が減る】  というもの。 ・『お金を使う節税』については、  当期の税金のほか、  翌期の利益の見込み額  なども的確に考慮し、  【本当にその策を打つべきかどうか】  ということを入念に検討し、  その節税の一手を打ちたいものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ