福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【節税の前提】として、これだけは念頭に

2022年6月8日【節税の前提】として、これだけは念頭に

6月11日の【微粒子起業家・交流会】、
お申込み受付中です。

https://forms.gle/8fgeeq9fUC3rATBf7

単に経営の相談をしたい
(交流は特にしたくない)
ということでも大丈夫です。

お気軽にお問い合わせください(^^)。


--------------------


■弊所においては、


 『6月決算法人』が
 多くあります。

 そんな中、6月に入りましたので、
 6月決算法人の最終的な節税対策で
 今週来週と面談が立て続いている
 状況です。

 そんな中、
 利益が上がっている状況であれば
 『節税対策』をしていくわけですが、

 今日はその節税について、
 前提となることを
 共有させていただきたいと思います。


■節税については、


 以前の記事から
 書かせていただいているように、

 【現金を使う節税】と

 【現金を使わない節税】

 というものが考えられます。

 <2018.6.20その節税、
 結局ソンしてませんか?>
 https://muratax.com/2018/06/20/890/

 『現金を使わない節税』
 の王道なものとしては、

 【出張旅費】と【社宅】

 ですね。

 <2021.6.5役員報酬の決定で
 必ず考えたい2つのこと>
 https://note.com/muratax/n/ndda042d70b12

 逆に『現金を使う節税』ついては、

 【原則として、6月末までに
 実際に現金を使い、
 その使った現金の分税金が少なくなる】

 というもの。

 
■しかしながら、


 その一方で考えなければならないのが、
 当然『現金』は使いますので
 
 【手元のキャッシュは少なくなる】

 ということ。

 もちろん手元のキャッシュは
 少なくなる一方で、

 その使った現金に対する
 法人税などは下がるわけですが、
 現実問題として

 【お金は手元から消える】

 ということを考えなければなりません。


■そんな中、


 『お金を使う節税』の代表例として

 【倒産防止共済】

 が挙げられます。

 倒産防止共済については、
 
 【国に掛金を払う(積み立てる)だけで、
 その積み立てた金額が経費になる】

 というもの。
 (かなりざっくりした説明で
 恐縮ですが…)

 <倒産防止共済(経営セーフティ共済)>
 https://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/about/features/index.html

 そして掛けたものは
 原則として戻ってきますので、

 【基本的に損をすることはない】

 という状況。


■また、


 その他の『現金を使う節税』としては、

 【30万円未満の備品の購入】

 が考えられるでしょう。

 白色申告の場合は
 『10万円未満』なのですが、
 
 法人で白色申告は
 通常多くはないので、
 
 【30万円未満】

 と考えていただければ結構です。

 30万円未満のパソコンや
 その他の備品などについても同じく

 【現金を使った分税金が安くなる】

 という仕組みですね。

 
■この、


 『30万円未満の備品』については、
 当然のことではありますが、

 【事業に必要なものだけ】

 を買うようにしましょう。

 というのも、
 
 【税金を減らしたいがために、
 無理をしてそこに現金を投じてしまう
 ような心境になってしまうこと】

 が往々にして考えられるんですね。

 ここで思い出してほしいのが
 上述した

 【現金が出ていく】

 という事実です。

 仮に法人税などの税率を
 『30%』とすると、

 【何もしなければ、利益に対して
 30%の税金は出ていくものの、
 逆に70%は残る】

 ということに。

   そのように考えると、  【必ず必要なものだけを買う】  ということにしないことには、  【結果として現金が減って  終わってしまう】  ということも考えられるわけです。   ■必要なものは、  【元々は翌期買おうと思っていた】  というのが通常でしょう。  【それを前倒しで当期に買う】  ということ。  これが本来の  【30万未満の備品の購入】  であると言えます。 ■また、  同じく『現金を使う節税』としては、  【得意先などや  従業員の方などとの懇親会】  などについても考えられるもの。  食事会などをして親睦を深めた結果、  【現金は出ていく一方  その分税金も減りますので  オススメである】  と言えます。  そしてこれらについては、  現金が出ていく事実も  さることながら、  【その懇親会により、その後の  経営状況が改善される可能性】  も併せて考えたいもの。  得意先であれば、  【その後の商談の機会が増える】  かもしれませんし、  従業員であれば、  【経営者と従業員、また従業員同士の  親睦が深まることにより、  社内の環境が好転すること】  も考えられるのではないでしょうか。   ■このように、  節税において『現金を使う節税』  については、  【その着地点がどうなるか】  ということをしっかりと見据えて、  適切に現金を使いたいものです。  間違っても、  【税金を減らしたいがために  無理をしてお金を使う】  ということがないよう  十分に気を付けていくようにしましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・節税には、  【お金を使う節税】と  【お金を使わない節税】  がある。 ・お金を使わない節税  の代表例としては、  【出張旅費】や【社宅】  が考えられる。 ・お金を使う節税については、  【事実として現金が出ていく】  ということはしっかりと  押さえておきたいところ。 ・その一方で、    【現金の支出は出るものの、  その後の経営における効果が及ぶもの】  を考慮し、その節税の効果と  経営への効果を的確に意識しながら、  『本来打つべき』節税の一手を模索したい  ものである。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ