福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 顧客生涯価値(LTV)から考える【売ろうとしてないから売れない】という事実

2022年7月17日顧客生涯価値(LTV)から考える【売ろうとしてないから売れない】という事実

世間一般的には3連休の中日ですね。

昨日は仕事と経営の思索、

今日と明日は娘のお買い物にお付き合い、
家の掃除などなど…

特に家の掃除、仕事部屋の掃除に力を入れ、
より一層過分な認知を奪われない
環境づくりをしたいところ。

掃除テンションマックスの妻なので、
勢い余って旦那の断捨離に遭わないか、
と妙な不安もありますが…

さて、本題です。


--------------------


■先日の記事の中で、


 【経営を考えるにあたっては
 『LTV』を考えた方がいいですよ】

 というお話をさせていただきました。

 https://muratax.com/2022/07/14/5409/

 今日もそのことに続けます。


■結局のところ、


 【我々微粒子起業家にとっては
 人と人との繋がりが第一である】

 ということは以前より再三
 書かせていただいています。

 そんな中、

 【一度自社のファンになっていただければ、
 そこから更なる商品やサービスの
 購入をしていただける】

 という動きが見えてくるか
 と思うんですね。

 しっかりと押さえておきたいのが、

 【自社の商品やサービスが買われない
 ということは、

 そのお客様が他社の商品やサービスを
 購入するようになる】

 ということ。

    ■例えば、  食事などを考えている方が、  【Aというお店に行こうとはするものの、  そこまでそこに行きたい理由が  見当たらなかったためBという店に行く】  というケース。  このように、  【お客様の『飲食をしたい』  というニーズはそのままで、  単に利用先が変わる】  ということなんですね。  自社から離れてしまった要因としては  いろいろ考えられるかもしれませんが、    往々にして言えるのが、  売り手側が  【売ろうとしていないから】  ということ。  上述したように、  【一度ファンになってくれて  自社の商品やサービスを  購入してくれたお客様は、  次なる自社の商品やサービスを  買っていただける可能性が高い】  ということはしっかり  意識しておくべきです。   ■これは、  自動車のディーラーにおいて  車を買おうとした際に、  その『付属品』であるナビや  ガラスのコーティング、  その他の機材の取り付けなど、  【プラスの商品を購入する】  ということが好例でしょう。  【一度「車を買う」と決めたお客様は、  そこに付属する商品やサービスも  買っていく】  ということなんですね。  自社のファンになってくれていて  商品やサービスをお買い求め  いただいている方を  そのまま帰してはいないでしょうか。  これこそが注目すべき事実である  と言えます。 ■上述した『自動車の販売』にあたり、  【その他の付属する器具を提案して  ご購入いただく】  というのは、いわゆる  【クロスセル】  と言われるものです。  例えばですが、  ダイエットを目的として  スポーツジムにいらっしゃった  お客様に対して、  【カロリー消化を  より良いものにするための食品の提案】  など考えられるかもしれませんし、  スポーツジムは  単発的なサービスであるため、  【ダイエットを継続するため、  食事のトレーニングや  毎日のフィットネスのトレーニング】  というサービスを提供することも  考えられるかもしれません。  また場合によっては、その延長線上で    【ダイエットに成功した体を  キープするためのサポート事業】や、  『ダイエット』という枠を超えて、  【その方の人生にフォーカスした  幸せな人生の作り方】  などというサービスも  考えられるかもしれませんよね。 ■大切なのは、  【単一の商品やサービスの提供で  終わってしまっていてはもったいない】  ということ。  『もったいない』というと  こちら視点の考えに思えるかも  しれないですが、  ご購入いただいたお客様にとっての  更なるその価値の提供を考えると、    【こういった付随する商品や  サービスを販売しないということは  逆に無責任】  とも言えるのではないでしょうか。  お客様がその商品やサービスの  単一購入だけでは  満足する結果が得られず、  上述した『クロスセル』を施して初めて  満足した結果となり得るのであれば、  【これを提案しない手はない】  と言えるでしょう。 ■というわけで今日は、  『案外売っていない』  という事実に着目して    【クロスセル】  についてのお話をしてきました。  お客様のさらなる価値の提供、  幸せの提供のためにも、    積極的に自社の商品やサービスを  売る努力をしていきましょう。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・ひと度自社のファンになってくれて  商品やサービスをご購入いただいた  お客様は、  【さらなる自社のものをご購入いただく】  というチャンスに恵まれている  と言える。 ・一度商品やサービスを  購入してくださったお客様は、    【その流れで自社の他のものを  ご購入いただける可能性が高い】  ということは知っておきたいもの。 ・結局のところ、  『LTV』を高めていくためには、  こういった【クロスセル】を重視して、  なおかつ、  【そのクロスセルにより  お客様への更なる付加価値の提供】  を目指すべきではないだろうか。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ