福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【悪く思い、感じる思考】の危険性

2022年7月31日【悪く思い、感じる思考】の危険性

■かの昔…


 といっても、開業した頃ですので
 5年ほど前のことですが、

 当時は、かなりいろいろな
 交流会に参加していました。

 ほぼ得意先ゼロからのスタートだったため、

 営業をしていかないことには
 どうしようもなかったんですね。

 当時は毎夜毎夜…
 日々会食を重ねていたような
 記憶があります。

 本当に家族に迷惑をかけたなと
 思わざるをえません…


■スタートは、当然


 経営者としては超新米だったので、
 (超絶新米の上、今以上に
 超微粒子の小さな小さな存在…)
 その出会う人も本当に十人十色でした。

 今でこそ、幸いにも
 ある程度出会いたい人との出会いを
 大変ありがたくも作ることが
 できているのですが、

 当時はただ闇雲に名刺を配り、
 名刺をもらい…
 ということを繰り返していました。

 …若かったあの頃。
 とは言え、まだ5年前。

 その頃からすると、
 ずいぶん大人になったような
 気がします(笑)。


■その当時参加していた交流会には、


 やはり当時の私と同じように、

 何とかして
 『得意先を広げたい経営者の方』
 ばかりだったんですね。

 そのような状況ですので、
 そういった会食や会合自体が、

 【人の話を聞くというよりは、
 自分の売り込みをし合っている集団】

 であったように、
 感覚として残っています。

 …今から思えば、本当にありえないことだな
 と思うのですが、

 当時の私としては本当にがむしゃら
 だったんですね。


■1ヶ月に100人を超える人と


 会っていく日々を重ねていたのですが、

 当時接していた人たちの多くは、
 いわゆる『他責思考』だったように
 思います。

 なぜかと言えば、
 
 かく言う私が『他責思考』だったから
 ということに他ならないわけで、

 すべての出来事を、自分の責任ではなく、
 周りの人や物事になすりつける
 (と言うと言い方は悪いですが…)

 というような思考が備わって
 しまったからなんですね。

 当時の私は(今以上に)相当な世間知らず
 でしたので…


■やはり類は友を呼ぶもので、

 
 同じ思考のもとには、
 同じ思考の人たちが寄ってくるもの。

 ただ、私自身人と会う回数を重ね、
 かなりの量稽古ではありましたが、

 次第に他責思考から自責思考に
 変わっていった感覚があります。

 そうなると、出会う人も必然的に

 【自らの言動に責任を持っている人】
 
 となってくるわけです。

 そもそも、経営者としての
 立場から言えば、

 【全て責任を他の物事に
 なすり付けているようでは、
 経営が進まない】

 というものではないでしょうか。


■結局のところ、経営者となると、


 原則として自らがトップですので、

 自分自身が経営の舵取りをし、
 全ての物事を決定していく
 立場にあるわけで、

 そういった立場にある経営者が、
 身の回りに起こる出来事を
 他人や他の物事のせいにしている状況では、

 あっという間にその経営も終焉してしまう
 というものでしょう。


■真の経営者は、


 【どのようなことであっても
 自責思考で捉えることができ】、

 そこから派生して、

 【どのような価値観や
 性格を持つ人であっても、

 柔軟にその人のそのような
 性質を汲み取り、
 感情を動かすことなく、
 冷静に判断と対応をしていく
 ことができる】

 心が備わっているというもの。

 これは、以前からも
 度々述べさせていただいている
 ことですが、

 <2022.6.11村田が【対話】を重視する理由>
 https://muratax.com/2022/06/11/5299/

 人の取る言動は、
 その人のこれまでの半生に伴った
 経験をもとに語られ、
 行動されるものですので、

 それをそのまま否定する理由など
 どこにもないというもの。

 逆に、その言動こそが、
 その人の個性であり、
 その人の色であると言えるわけです。

  ■もちろん、  その色が他者にとって  不快に感じることも  あるかもしれませんが、  もしそれがあなたにとって  不快に感じるとしたら、  そっとそこから離れれば良いだけ  ということ。  間違っても、  その人を否定して、  それを人に話したりする  などということは  決してすべきではないでしょう。  人の価値観や性格は、  その人それぞれなのですから。 ■そして、そのような悪い噂は、  あっという間に姿かたちを変えながら、  世の中に流布していくというもの。  流れるのが噂だけならまだしも、  そのような悪いことを言っている人  ということ自体も  流布されてしまう  というものでしょう。  「世間にそのようなことが  流れてしまうから、  そういった悪い事は  言うべきではない」    といった論点ではなく、  そもそも、  【自責思考に入っている  方については、  そのような思考すら持ち得ない】  わけですね。 ■そして、人として魅力を感じる人は、  やはりこの自責思考に入っていて、  人のことを悪く言わず、  どんな人であっても、  その多様性を受け入れ、  的確に自らの中で咀嚼し、  取捨選択し、  もし自分にとっての  不協和音を感じたら、  すぐさま、そこを離れ、  自分にとって心地よい音色が  あるところに  身を移していくもの。 ■…心を落ち着けて、部屋の掃除や、  思考の整理をする中で、  開業から5年経った今において、  開業当初のことを思い出し、  そのようなことを思い致した次第。  何はともあれ、  経営者として、  そして一人の人として、  『徹底的な自責思考』を貫いて、  日々自らの言動を戒めるとともに、  一歩一歩少しずつでも  前進していきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・類は友を呼ぶとも言われるように、  自責思考には自責思考の人が、  他責思考の人には他責思考の人が  集うもの。 ・他責思考のもと、多少なりとも  周りのことを悪く言う状況は、  その悪い噂が流布するとともに、  自分がそういった悪い話をしている  ということもまた、  世の中に流れてしまうというもの。 ・真に大切なのは、  『自責思考』であること  と心得ておくべし。  自責思考に入ると、  真の経営者の立ち位置である、  【全ての責任は自分にある】  という考えのもと、  日々の行動ができるもの。 ・一朝一夕にして自責思考に  入ることは難しいもの  でもあるかもしれないが、  日々ベイビーステップでも、  他責思考から自責思考に  遷移していきたいものである。 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ