福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 「最低賃金が改訂される」というニュースから想起されること

2022年8月2日「最低賃金が改訂される」というニュースから想起されること

■本日のことですが、
  

 全国の平均賃金引き上げのニュースが
 飛び込んできました。

 <Yahoo!ニュース 物価高で「過去最大」決着
 中小支援が不可欠 最低賃金引き上げ>
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b67c40b3a3976989a6fb68f866dd5ee2a1fce340
 
 
 現在のところ、『改定の目安』として
 厚生労働省から発表されていますが、

 福岡県でいけば、

 【現在より30円程度】

 最低賃金が上がりそうな様子です。

 その他の地域では
 31円の引き上げ等と
 なっているようですね。

 これが『目安』となっているので、
 現実がどうなるかは定かではない
 ところもありますが、

 少なくとも、方向性としては、

 【大幅な賃金引き上げ】

 となりそうです。


■経済状況が不安定な中、


 我々イチ消費者についても、

 円安やコロナなどによる
 原材料やガソリン代の高騰、

 そのようなことに伴い、
 日常生活の用に供する物品等が
 値上がりしている状況です。

 これに対応する形で
 サラリーマンの方の賃金を上げて、

 その生活を維持していく
 ことができるように…
 ということから、

 今回の大幅な賃金改定がされた
 のではないかと推察されます。

 …あくまでも個人的な推察に
 過ぎませんので、
 その辺はご了承願います(汗)。


■経営者の方については、
 

 経済状況が苦しく、
 売上が低迷している中での
 最低賃金アップのニュース。

 これは、経営側において、
 相当な痛手となると言えます。

 現状と何も変わらない環境で
 賃金が増えるという状況ですので、

 何かしら手を打っていかないことには、

 従来よりキャッシュが
 湯水のごとく出ていくということに
 なりかねません。


■これは、


 以前の記事で書かせていただいた
 いわば

 【悲観的な未来】

 に紐付くものと言えそうです。

 <2022.6.15目標は【希望+悲観】
 で設定を!>
 https://muratax.com/2022/06/15/5312/

 予測不可能な、そして、
 万一の有事に備えての目標のことを

 【悲観的な目標】

 と呼んでいたわけですが、

 この最低賃金の引き上げについても、
 経営者にとっては『悲観的な事実』
 
 に基づく現象ではないかと
 思う次第。


■ただ、悲観的とは言え、


 これが現実となっていますので、

 経営において、この難題に
 対応していかざるを得ない
 ということになります。

 では、具体的にどうしましょう。

 この思索をすることが、
 まさに経営者の仕事であり、

 場合によっては、
 売上アップを目指すのか、

 また場合によっては、
 さらなる経費の削減を目指すのか。

 さらには、業態の変更を考えたり、
 現状に加え、
 新規のビジネスを投入するのか。

 いろいろな施策があるかと思います。


■ただ確かなのは、

 【何もしなければ従来より
 資金流出が増えてしまう】

 ということ。

 「この資金流出を食い止めるためには、
 どのようにすれば良いか。」

 このような適切な問いを
 立てることにより、

 何かしらの経営の解が導き出され、
 そこから行動につながるものです。

  ■これからどんどんと  『予測不可能な時代』に入っていく   気がしてなりません。  その中で、  こういった悲観的な未来を想定し、  いかに前倒しで経営を組み立てていくか  ということも、  我々微粒子起業家にとっての、  経営のみならず、人生においての  課題であると言えそうです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・全国的な最低賃金改定のニュースが  入ってきた中で、    経営者として、資金流出に  追われないように  何かしらの手立てを  していくべきであると言える。 ・現在の経済状況においては、  この最低賃金アップのことに  かかわらず、  これからも次なる不都合な事態が  起こってくるものと考えられる。 ・そのような状況下において、  「これを脱するにはいかなる  次の一手が必要か」  という問いを立てることにより、  常にその問いに対する解を  探っていきたいものである。 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ