福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 経営のこと > 【極度の追い込まれ】から生まれる逆転の発想

2022年8月21日【極度の追い込まれ】から生まれる逆転の発想

お盆と決算とその他の業務が重なり、
今日は日曜ですが、久しぶりに
終日仕事。

6月決算の申告が今月末までなのですが、
この6月決算法人のお客様が
なぜかかなり多く(偶然なのですが(笑))、

かなり追い込まれてながら
仕事をしています。

さて、本題です。

--------------------


■かなり前のことですが、


 アマゾンプライムの特典を駆使して(汗)、
 以前より観たかった
 『あしたのジョー』を
 視聴していました。

 1971年に作られたもので、
 『ザ・昭和』の匂いが漂う
 作風だなーと感じたところ。

 力石徹がトレーニングのために
 水を飲むこともせず、
 
 ひたすら減量に取り組んでいる
 シーンなどは、

 今の時代ではありえないことのようで、
 本当に時代の流れを感じます。


■その中で私の中でインパクトが
 

 大きかったのが、

 主人公の矢吹丈が、
 トレーナーである丹下段平に
 裏切られるというところ。

 詳しくはこちらを。
 <Amazonプライムビデオ・あしたのジョー>
 https://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC1%E8%A9%B1%E3%80%8C%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%8C%E9%87%8E%E7%8D%A3%E3%81%AE%E7%9C%BC%E3%81%A0%EF%BC%81%E3%80%8D/dp/B00GM4DMVC/ref=sr_1_1?keywords=%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC&qid=1660867377&s=instant-video&sprefix=%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%2Cinstant-video%2C207&sr=1-1

 こちらの16話が該当する部分です。


■実のところ、


 これは裏切りなどではなく、

 丹下段平のトレーナーとしての作戦
 ではあったのですが、

 私にとってはすごく胸の痛むような
 お話でした。

 どのようなお話かと言えば、

 丹下段平にとって矢吹丈は
 自分の希望の写し鏡のような存在で、

 これから手塩にかけて育てていきたい
 といったところだったわけです。

 ジョーもそのことを知っていて、
 当然トレーニングをお願いしたい
 
 と思っていたところ、

 なんと丹下段平はジョーではなく、

 青山くんという超素人の若者に
 ボクシングのトレーナーとして付く

 という選択をしたんですね。
 (ちなみに少年院の中でのお話。)

 この段平のジョーに対する
 立ち振る舞いが、

 本当に冷たく、心が痛んだんです…

 まるで矢吹丈がいじめられっ子
 のように感じたところ。

 私自身も、小学校中学校の頃は、
 同じような思いをしていた
 時期があったので、

 すごく胸が苦しくなりました。

 
■そんな中、


 トレーニングをしてもらっている
 青山くんは、
 みるみる力をつけていきます。

 そしていよいよジョーとの試合の日。

 案の定、力をつけている青山くんは
 ジョーに上手に迫り、
 ダウンを奪っていきます。

 そんな中、ジョーは、
 トレーナーである丹下段平と青山くんの
 いわば仲睦まじい様子を見ながら、
 大きなショックを受けるとともに、

 そのことにより背水の陣の状態に
 なったんですね。


■そのような状況で、


 逆に冷静になったのでしょう、

 青山くんの弱点を見抜くことに成功し、
 これを突破するために
 
 有名な『両手ぶらり戦法』を
 そこで編み出します。

 両手ぶらり戦法とは、
 ノーガード先方とも呼ばれていて、

 これを気付きを契機として、
 結果として青山くんを倒すことができ、

 トレーナーである丹下段平も
 「ジョーに覚醒してもらうためには、
 追い込むしかなかったんだ…」

 ということを
 涙を流しながら告白し、

 ここからトレーナーとしての丹下段平と
 矢吹丈の固い絆が結ばれた

 というようなお話です。
 (あくまでも、私の見解も含まれますので
 ご勘弁を… (汗)。)


■長々とあしたのジョーついて


 語ってしまいましたが(汗)、

 結局のところ、人は

 【追い込まれることによって力を発揮する】

 ということが往々にして
 言えそうです。

 私自身も、やはりいろいろな
 期限に追われる中で、

 『火事場のクソ力』とも言われるように、
 並々ならぬ集中力とパワーを発揮し、

 仕事をこなすことができる
 というもの。

 今まさに、背水の陣の状態になれば、
 この水に飲み込まれないように
 するためには、
 どのようにすれば良いか

 ということを徹底的に思索するため、

 【成功するほかない】

 状況になるんですね。

    ■『追い込まれて、その結果やりきる』  ということを聞くと、  なんだかマイナスの状況から進むようで  気持ち悪い部分もあるかもしれませんが、  おそらくこれが、  【少なからぬ人の真理(性質)】  というものでしょう。  そのように考えると、  積極的に自らを追い込んでいく状況を  作った方が良さそうです。  そのために、  外部の人に定期的に定点観測を  してもらうことも良いかもしれませんし、  また、想像力が豊かな人は、  万一、今1億円の借金があり、    これを今年中に返済してしまわないと、  一家離散となってしまう…  などということを想定し、  焦燥感をかきたてることにより、  前進することができるかもしれません。  ただ、私はそのような想像力がないため、  やはり定期的な定点観測が必要ですが(汗)。 ■最も怖いのは、  【変化しないこと】  であると言えます。  日々変わりゆくこの経済状況において、  変化しないことは  現在において最大のリスク  と言えるような気がしてなりません。  今日はあしたのジョーからの流れで  このようなお話をしてきましたが、  ぜひここに上がっている  エピソード16以降を何話か見ていただき、  この臨場感を感じていただけると  良いかと思います。  …何のお話をしているのか  分からなくなってきましたが(汗)、  的確に自らを追い込み、前進して、  経営を身のあるものに  していきたいものです。  まさに今私は、  絶賛追い込まれ中…(滝汗)。    今日の集中力は本当にハンパないです。    (いっそのこと、  『両手ぶらり』で全て投げたしたい  気もしますが…(笑)) ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・人は追い込まれることにより、  最大のパフォーマンスを発揮する  ように感じられる。 ・追い込まれる状況を実際に作る  となると難しいことであるが、  自分の動きにとって、  『良い意味で無責任である  第三者からの衆人環視』を受ける  ことを考えてみては  いかがだろうか。 ・結局のところ、  人は一人では動くことが難しく、  外部の環境により、  良いプレッシャーを感じながら  自らを高めていくことが  必要なように感じる。   今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ