福岡の税理士「村田佑樹税務会計事務所」。会社設立、独立起業、税金、資産運用など税務の事ならお任せください。

村田佑樹税務会計事務所

お電話でのお問い合わせ

050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
050-5891-0643

メールでのお問い合わせ

メニューを閉じる

ブログBLOG

トップページ ブログ > 税務について > 【個人事業の青色申告】はまず簡単にコレで!

2022年10月28日【個人事業の青色申告】はまず簡単にコレで!

■『副業』に関する税務相談が増えてくる中で、


 【その副業の申告を青色申告でする】

 ということも多くあることでしょう。

 とは言え、青色申告での申告に関しては、

 【会計帳簿を作ることが必須】

 ですので、

 通常の場合、

 【会計ソフトを利用して
 会計処理をしていく】

 というところ。

 
■とは言え、


 会計ソフトの入力を
 したことない状態で、

 なおかつ会計の知識がないようであれば、

 【その入力をしようにも
 どうやったらいいのか】

 というのが分からないもの。

 そんな中、何となく
 適当な入力をしてしまうと、

 カタチ上は帳簿が仕上がるのですが、
 
 【結果として仕上がる数字は
 往々にしてとんでもないことになる】

 のが一般的です。

 
■そのようなことから考えると、

 
 【まずは簿記3級レベルの
 会計の知識を習得し、

 その後会計ソフトの入力を進めていくか、
 学習をしながら同時並行で
 会計ソフトの入力を進めていく】

 というのが得策かというところ。

 
■しかしながら、


 『どうしても会計の学習時間が取れない』

 などの理由により、

 【直接会計ソフトに
 入力せざるを得ない】

 ということもあろうかと思います。

 そのような際には、応急処置として、

 【事業主勘定を使う】

 ということを考えるようにしましょう。

 
■これは、


 普通預金を完全に事業用として
 使っていない前提のお話
 (プライベートも混在している状況)
 にはなるのですが、

 【売上と経費をそれぞれ
 『事業主貸』と『事業主借』で経理する】

 ということなんですね。

 【事業主貸】や【事業主借】

 という勘定科目
 (会計の項目を分類するもの)
 については、

 【プライベートの財布から
 現金の入出金があっているもの】

 とする項目。

 したがって、

 【売上をもらった際は
 プライベートの財布に入金され、

 経費の支払いもまた
 プライベートの財布から出金される】

 という考えとなります。

    ■当然、  本来の取引はと言えば、  売上に関しては『現金』で入金があったり、  『普通預金』へ入金があったり  するものでしょうが、  それを簡便的に一緒くたにして、  【事業主貸】  という勘定科目を用いよう  ということなんですね。 ■そして、  『経費』の項目については、  これも  ・現金での支払い    ・クレジットカードでの支払い  ・通帳からの直接の振り込み  などが考えられるのですが、  【これも一緒くたにして  『事業主借』という勘定科目を使う】  というのが最も簡単な方法である  と言えます。 ■どうしても、  『青色申告』となると    【会計帳簿を作成するのが必須】  であるため、  【まずは会計ソフトを作成する】  というのが第一目的に  なることでしょう。  そんな中、最初から詳細についてまで  根を詰めてやってしまうと、  【どうしても時間が足りなくなってしまう】  ということが考えられるため、  柔軟に最初の段階では  そのような  【簡便的な会計処理】  をするのも良いかもしれません。   ■しかしながら、  この簡便的な方法では、  【本来の経営成績が見えにくい】  という難点があるんですね。  したがって最終的には、    やはりしっかりと会計の知識を習得し、  その知識を携えて会計ソフトの  入力に入り、  適切な経営成績を  把握していきたいものです。 ------------------ 《本日の微粒子企業の心構え》 ・個人事業主で青色申告をするとなると、  【会計帳簿の作成が必須となる】  と心得ておくべし。 ・会計ソフトの入力は何となくでも  できてしまうものであるが、  【仕上がった数字は往々にして  とんでもない結果となってしまうもの】。 ・厳密な会計処理をしていくのが  原則であるが、    当初はそうも言っていられないため、  簡便的に  【事業主貸】と【事業主借】  という勘定科目を用いて  仕訳をしていくこともオススメである。 ・しかしながら最終的には、  【会計の知識をしっかりと携え、  適切な会計処理をし、  経営状況を適切に把握すること】  が重要であるものと心得ておくべし。 今日も最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

ご相談はお気軽に

創業・助成金・節税対策・個人の資産形成はお任せください!
税務の専門家としての知識と経験を最大限に生かし、御社をサポートいたします。

ページトップ